リノゲート 医師転職コンサルタント・メッセージ詳細

コンサルタント

宮田 剛写真
宮田 剛
リノゲート
  担当求人: 100件 (新着 41件) NEW!

コンサルタントメッセージ

2018/03/27
各病院のカルテ事情
いつも転職相談や求人のお問い合わせを頂き誠に有難うございます!
精神科転職専門のリノゲートでございます。


突然ですが、先生は紙カルテ派ですか?それとも電子カルテ派ですか?
 
本日は、精神科病院のカルテ事情についてお伝えしたいと思います。
勤務に関する事ですので、病院の事情や考え方を理解しておく事は損ではありません。


実は最近、私共がやり取りをしている先生方を統計的に見てみますと、30代までの先生は電子カルテに慣れていて、電子カルテを好まれる傾向にあります。
 
しかし、民間の精神科病院は紙カルテのところが多いという事情があります。
勿論、既に電子カルテを導入している、今後導入予定という病院はありますが、まだまだ紙カルテという病院は多いのです。


転職の際に転職先候補の病院が紙カルテであった場合、電子カルテに慣れている先生からしてみれば「どうして紙カルテなのだろう?」というお気持ちになるかもしません。
 
 
 
しかし、紙カルテなのには様々な理由があるのはご存知でしょうか?
 
主な理由は以下の6つです。
 
【1】 診察方針として、患者様と向き合うべき医師がパソコン画面と向き合いがちになる事を良しとしていない。
【2】「先生が目を見てくれない」と患者様からクレームが増えるリスクがあり、患者離れを招くリスクがある。
【3】 高齢の医師が多い為、電子カルテには不慣れでかえって業務効率が下がってしまう。
【4】 新システムの導入で在籍の医師から不満を招く事があり、複数の退職者を出す可能性がある。
【5】 金銭的にすぐの導入は難しい。
【6】 膨大な量のカルテを電子カルテに反映させるまでの時間と労力を考えると人員的に今は難しい。
 
 
【1】【2】は患者様目線の思考、【3】〜【6】は病院都合となっています。
 

私共は多くの精神科病院と連絡を取り合っていますが、上記の中でも特に【1】【2】のお考えを強く持つ院長先生や精神科部長の先生方は多いです。
そして、【1】【2】のお考えがある病院に関しては今後も紙カルテである可能性は高いです。

 
電子カルテの導入で業務効率を計る事によって、多くの患者様を診る事が出来る=多くの患者様を助ける事に繋がる、というお考えもあるかもしれません。
 
しかし病院によってこのようなシステムや考え方の違いがある以上は、紙カルテと電子カルテ双方に対し理解を示す事も重要です。
電子カルテにしか触れてこなかった先生は紙カルテの文化も良い経験という考え方も出来ます。(逆も然り)
 
 
紙カルテに対し一概に古い考え方というイメージを持つのは良くありません。
医療機関側は様々な意向や事情を抱えているという事はご理解下さい。



◆◇ お問い合わせ・ご相談に関しては以下の連絡先よりお待ちしております ◇◆

このコンサルタントからの最近のメッセージ (一覧

このコンサルタントにメールでのお問い合わせ


*印は必須入力項目です
*氏名
*メールアドレス
コンサルタントより直接ご返信いたします。
*専門科目
メッセージ
(質問や資料請求など)
文例を見る

※ご登録前には、利用規約をご確認ください。
※ご登録いただいた個人情報については、エムスリーキャリアからの個人情報保護方針に則り、厳重に管理いたします。

※内容確認のメールを送信します。
メールが届かない場合は、メールアドレスを確認のうえ、再度お問い合わせをお願いします。

転職・勤務開始のご報告でお祝いとしてm3ポイントを進呈

現在、報告対象の求人は

常勤1,683件非常勤648件

非公開求人含め希望に沿った求人を迅速提案 簡単1分!詳細を見る

m3.com会員専用サービス

  • POINT1 勤務地・科目・希望年収で検索可能な医師求人情報
  • POINT2 経験豊富なコンサルタントによる転職サポート
  • POINT3 日本最大の登録医師数 登録医師数20万人

m3.comにご登録されていない方

医師求人募集コンサルタントとは

m3.com CAREERが提携する人材紹介会社の医師求人、医師転職コンサルタント。医師の転職を病医院探しから転職後まで様々な場面でサポートいたします。

新着医師求人メッセージ