女医に立ち塞がる「2人目の子」の壁―女医の「2人目」問題 Vol.1

Yu(ゆう) 私の親しい女医仲間や女医に限らずとも、仕事を持つ女友達の間では、「2人目どうする?」という話題が顔を合わせるたびに出てきます。自分の身の回りだけでもこれだけありふれているのだから、全国的にみたらかなりの割合・・・

開業を検討している医師に、ここだけは押さえて欲しいこと―開業までのロードマップ(6)

開業医T ここまでは「開業するまで」についてお話ししてきました。本稿では、実際にどのくらいの期間で費用回収ができたのか、医療法人へ切り替えた理由、そして最後に開業をお考えの医師のみなさんに、わたしなりのアドバイスをお伝え・・・

住民が身近な離島医療 親しさゆえのジレンマとは―張耀明氏(新島村国民健康保険診療所)

家庭医の張耀明氏は長年、へき地医療に携わりたいと考えていました。2017年、そんな張氏に東京都・新島へ赴任するチャンスが到来します。2018年度からは診療所長も務める張氏に、新島の医療事情や課題、将来の展望について率直に・・・

人が集まるクリニックの仕掛けとは―開業までのロードマップ(5)

開業医T 内装工事と進めて行いたいのが、スタッフの採用や開業の宣伝です。クリニックの内装にはあまりこだわらなかったわたしですが、ここにはこだわりました。今回は、どのように採用、宣伝を進めたかお伝えしたいと思います。 【著・・・

開業場所の選定で、忘れてはならない視点―開業までのロードマップ(4)

開業医T 診療方針や事業計画を策定し、資金調達を終えたら、次は開業地や物件探しです。わたしの場合、開業前に地域のニーズがわかっていたので開業地はすぐ決まりましたが、物件には悩みました。今回はそのことについて触れていきたい・・・

「医療ステージ」を変えるキャリアチェンジ―医師の転職カルテvol.6

転職を機に、医療ステージ(勤務先の医療機能)を変える医師がいます。多くは、急性期医療から回復期や慢性期などに移りますが、高度急性期から急性期、あるいは研究職から在宅医療へと移るケースもあります。いずれも思い切った選択です・・・

「医師のバーンアウト」の傾向と対策―医師の転職カルテvol.5

第一線で働く医師も、さまざまな事情で「バーンアウト」し、やむなく休職や退職に至ることがあります。一度、キャリアが中断してしまうと、その後どう働いたらよいか悩んでしまう医師もいます。具体的な事例をもとに、医師がバーンアウト・・・

病気やハンディキャップを抱える医師の転職―医師の転職カルテvol.4

医療のプロである医師も、時には病気やけがを負います。治療や療養が一区切りつき、再び医療現場に戻る際、これまでと同じ働き方ができるといいのですが、必ずしもそうとは限らないのが現実です。病気やハンディキャップを抱える医師が、・・・

実録! 1億円の開業資金の集め方―開業までのロードマップ(3)

開業医T わたしは人工透析クリニックの開業医をしています。人工透析に必要となる設備は多いため、一般的なクリニックよりも開業前に必要な資金が多くなる傾向があります。今回は資金調達、設計・内装についてお伝えしますが、あくまで・・・

「サーフィン専門外来」立ち上げ秘話 ―私の専門外来Vol.1サーフィン外来(後編)

2020年の東京オリンピックで正式種目に採用されたサーフィン。注目の高まりが予想されるこの競技に医学的にアプローチし、「サーフィン専門外来」を立ち上げた稲田邦匡先生に、サーフィン専門外来の立ち上げ秘話について聞きました。・・・

1 / 2712345...1020...最後 »
サブコンテンツ