医師インタビュー企画 Vol.2 伊藤 雅治
「患者の声をいかにして反映させるか」国民が政策立案の場できちんとした発言ができるよう支援していく仕組みづくりが、きわめて重要です。

伊藤雅治 Masaharu Ito
社団法人全国社会保険協会連合会理事長

医療政策とロマンと情熱。

医師インタビュー企画 Vol.2 伊藤 雅治
「船が波止場に泊まっている。ここは港の小さな酒場。恋人との別れを悲しむ可愛い子が泣いている。『行かないで』。 涙にくれる娘を見て海に飛び込む恋に狂った色男。サメもびっくり仰天。 Mais, qu’est-ce que c’est?どこにでもある恋の話さ」
――Le navire est a quai Y a des tas de paquets Des paquets poses sur le quai Dans un petit troquet――(邦題『メケメケ』より)

粋な曲紹介の後、甘い声でシャンソンを披露するのは、社団法人全国社会保険協会連合会(以下、全社連)理事長の伊藤雅治氏だ。時に絶望的で、時に歓喜に満ち、時に滑稽で、時に淋しい。人の心の機微に向き合う情熱があって、初めてシャンソンの歌い手は務まる。
経営危機に直面した社会保険病院を、厚生年金病院、船員保険病院とひとつの病院団体としてまとめ、独立行政法人という受け皿を用意し、新たなスタートを切る土台づくりを成し遂げた人。強い心と決断力が無ければ、できないことだ。一方で、薬害エイズ訴訟をきっかけに患者の声に耳を傾け続けてきた。時に強靭で、時に繊細。そんな彼に情熱的なシャンソンはよく似合う。

厚生省時代の薬害エイズ訴訟

医師インタビュー企画 Vol.2 伊藤 雅治

伊藤がシャンソンを歌う舞台は「はばたきミニコンサート」。日曜日の午後、ピアノ演奏、オペラ、シャンソンで構成されたコンサートを主催するのは「はばたき福祉事業団」(http://www.habatakifukushi.jp/)だ。

同事業団は1997年、薬害エイズ訴訟で和解が成立した後、被害者達が自ら救済活動を行うために設立された。

薬害エイズ訴訟――。厚生省(当時)が承認した非加熱製剤にHIVが混入し、結果、主に1982年から1985年にかけてこの血液製剤を治療に使った血友病患者の4割、約2,000人がHIVに感染した。エイズと呼ばれたHIV感染疾患は、当初は正体がわからず、被害者は生命の危機に瀕するに加え、いわれなき偏見により差別を受ける。

こうした状況の中、被害者と遺族の一部が立ち上がり、非加熱製剤の危険性を認識しながらも認可・販売した厚生省と、製薬企業5社とを被告にして損害賠償請求訴訟を起こした。事実を認めない被告を相手に訴訟は長引き、真相が明るみに出るのに7年もの時間を要す。まさに被害者にとっては命がけの訴訟だった。

原告団との交渉責任者に

コンサートの合間にはトークの時間が設けられていた。薬害エイズ訴訟時の弁護団のひとりと、はばたき事業団の理事長の間に伊藤が座り、訴訟が起こされた当時のことを振り返った。思い出したくない被害者もいるに違いない。だが、和解が成立しても残る、HIV医療体制の充実、遺族の心の癒し、薬害再発防止といった多くの課題解決には、被害者団体の設置・運営資金集め、さらに薬害エイズ事件の記憶を風化させないことが必要。ゆえに、定期的に開催するチャリティーコンサートでは必ず薬害エイズ訴訟について話されるという。

それにしても、まったく驚くべき光景である。なぜなら、薬害エイズ訴訟で裁判所から和解勧告が出された当時、厚生省で科学技術担当の審議官時代であった伊藤は、原告団との交渉責任者を務めていた。原告団にとって、いわば「敵の代表」。いくら彼がシャンソンを趣味にしているといえども、この舞台にいるのには違和感がある。

「東京地裁の和解勧告は、金銭的な補償について示されたものの、感染者に対する恒久的な医療体制の構築や生活の面のサポートなど具体的な事柄については、厚生省と原告団が話し合って決めなさいという内容でした。要するに丸投げ。そして、その大仕事が私に降ってきたのです。

ただただ、原告団の方のお話を聞き、一つひとつを丁寧に決めていきました。私にできるのは、お話を聞く以外にないと思いました」

退官後も継続した原告団との関係

医師インタビュー企画 Vol.2 伊藤 雅治

「和解」は訴訟の結末を示すだけのことであって、被害者が厚生省を許したわけではない。許せるわけがない。原告団の行き場のない怒りや悲しみが、すべて伊藤に注がれたのは容易に想像される。しかし、どんな非難も辛抱強く受け入れ、ともに解決の道を模索した。

そのような姿勢が多くの原告の人々の脳裏に刻まれていたのだろう。彼が厚生労働省(以下、厚労省)を辞した後、エイズ治療・研究開発センター(当時、恒久医療対策により国立国際医療センター内に設立されたエイズ患者の治療・開発を行う専門機関)の運営委員になってほしいとのオファーがきたそうだ。「人徳ですね」と述べると、厳しく否定された。

「皆さんの話を聞いて、意見や要望に応えようとしただけです。私がエイズ治療・研究開発センターの委員に選ばれたのは、原告団と厚生省の和解時のことをよく覚えている存在だから。原点が忘れられないようにするためでしょう。

原告団の方々の力が、エイズ治療に果たした貢献は大きい。勇気ある行動に敬服するばかりです」

官僚にありがちなおごりなど微塵もない。なるほど、この舞台に、どうして伊藤の姿があるのか腑に落ちた。

ページ: 1 2 3 4

サブコンテンツ