医師インタビュー企画 Vol.10 近森正幸
日ごろから心がけ実践しているのは『常に現場から発想すること』です。厚生労働省がどこを向いてどう進んで行くかに気を配るくらいなら、現場で患者に接して、問題点を把握し、対応を考えたほうが明らかにヒントに満ちています。

近森正幸 Masayuki Chikamori
社会医療法人近森会近森病院理事長

現場からの発想で、急性期医療の突破口を示しつづける近森正幸。

vol10_1日本を代表する急性期病院と言えば、社会医療法人近森会近森病院(以下、近森病院)の名が必ず挙がる。リハビリテーション(以下、リハビリ)や栄養サポートチーム(以下、NST)を全国に先駆けて実践した。目を奪われる事柄の多くが先進的だが、それは同院の本質の一面にすぎない。戦後すぐに外科病院として産声をあげ、「地域の救急ニーズの最下層を支えていた時代」にも、常に「患者のために最善の医療を」と前を見つづけた結果、現在がある。

1984年に先代から病院を引き継いだ近森正幸は、日々目の前の課題解決に奮闘してきた。そんな奮闘の日々により、いつの間にか医療界で注目を集めることとなっていった。

栄養サポートをなんとかしたい

「僕ね、病院にどんどん投資しているので、土地や家も持っていないし、貯金がほんとに少なくて、証券会社の人もびっくりしてたな」――取材中、余談に花が咲いた際、近森はそう言って笑った。
近森病院(救命救急センター、総合心療センター)、近森リハビリ病院、近森オルソリハビリ病院、ファミーユ高知からなる、日本を代表する民間グループである近森会グループ。そのトップが、「貯金がない」と発した瞬間、取材チームも思わず、小さく吹き出してしまった。裏も表もない打ち明け話を披露している近森に、皆が心をほどいたからこその笑いだった。

vol10_2近森病院が全国的に名を知られるきっかけになったのはNSTだろう。2010年度の診療報酬改定に際して、中医協(中央社会保険医療協議会)の小委員会が、あるべきチーム医療の一例として近森病院のアウトカムの出るNSTを実名でとりあげた。

結果、同年度の改定での、NST加算の収載が決まる。ナショナルセンターや大学病院を押しのけて、地方の一民間病院が診療報酬のあり方を変えるような業績を示したと、一躍注目を集めた。
「早くからリハビリに取り組んでいた当院では、栄養サポートへの対応が課題になっていました。リハビリばかりやって栄養を考えないと患者はやせ細ってしまいますが、逆に動かさないで栄養ばかり充実させると脂肪肥りになってしまう。特に骨格筋の乏しい高齢患者はリハビリと栄養サポートの両方が重要だと、痛感していました。
栄養サポートについて考え始めたそのとき、アメリカで臨床栄養の資格を取得した管理栄養士の宮澤靖(現・栄養サポートセンターセンター長/臨床栄養部部長)と出会いました。
2002年に彼を招き、私がNST Chairmanとなって翌年7月にNSTを立ち上げたのが、当院のNSTの第一歩でした」

ページ: 1 2 3 4 5

サブコンテンツ