医師インタビュー企画 Vol.6 佐藤元美
目の前にある高齢社会でモデルとなるような医療提供をするために勇気を持って挑みたいことがあります

佐藤元美 Motomi Sato
一関市国民健康保険藤沢病院事業管理者

佐藤元美がめざすのは、「もうこりた」。

vol6_1一関市国民健康保険藤沢病院(以下、藤沢病院)の屋上に我々は立っていた。事業管理者の佐藤元美は、ここから見える夕日の写真を撮るのが日課だと言う。取材日は、好天。いつもはカメラマンだが、その日は、真っ青な空をバックに被写体となった。肩の向こうに広がる藤沢町の医療を、理想を追い求めながら支えてきた佐藤の話は、新しい発見に満ちていた。

1992年の夏、25年近くも病院のなかった岩手県藤沢町では、病床数54と小規模ながらも悲願の町民病院が設立を間近に迎えていた。同じころ、卒後13年目の佐藤に依頼が舞い込む。「医療を中心に予防から介護まで一体経営する新病院を創設する。ぜひ院長として来てほしい」。岩手県に生まれ育った彼は、自治医科大学を卒業後、県内の基幹病院に勤務していた。当時を振り返り、「経験不足を自覚しつつも、医療過疎地での完結型医療の運営に挑戦したいとの気概が勝った」と語る。そして1993年、国民健康保険藤沢町民病院(当時)の院長に就任。2005年には、地方公営企業法全部適用を機に事業管理者に。2011年9月、藤沢町が一関市との合併にともない名称は変わったが、政治的な影響をさほど受けず佐藤は粛々と医療と介護の一体的運営を行う。

住民との対話の場、「ナイトスクール」のはじまり

vol6_2藤沢病院と言えば、「ナイトスクール」。 1994年から実に20年近く地域住民と医療者との話し合いの場として連綿と続けられ、これを手本に地域医療の活性化をめざす医療機関は少なくない。

佐藤がスタートさせたナイトスクールの発端を正確に知る者は、今となってはそう多くないだろう。「地域住民と医療者との対話」という語感から、手に手を取り合って始まったかに思われがちだが、現実はまったく違う。

「開設1年目、病院は異常な熱気を帯びていました。診療をすれば住民の疾患が次々と見つかり、医療者も住民も病院創設の効力のあまりの大きさに、むしろ浮き足立ちました」

しかし、2年目を迎えると、病院のありがたみは急激に薄れていく。住民は待ち時間の長さを理由に「診察なしで薬だけほしい」などと要求し、認めない同院の対応がクレームとなり、町議会の議題までにもなったのだ。

「診察室や町長室で説明を繰り返しても住民の納得は得られませんでした。病院設立からわずか1年で住民との間に、こんなかたちの軋轢が生まれるとは――。予想だにしない危機に直面した私が意を決し、住民を集めた話し合いの場を設けたのが最初のナイトスクールです」

できるだけ多くの人が参加しやすいよう夜7時から9時の開催とし、無診察投薬が法に反する危険な行為であるばかりか、病院の経営不振を招く原因になると説明した。

「病院を利用するだけでなく、住民が病院を支え、育てる役割を担わなければ、当院は失われてしまいかねないと訴えました」

住民と医療者が腹を割って話し合う場がもたらした成果は想像を超えた。無診察投薬の要望、待ち時間への苦情も減り、なんと病院への寄付金まで寄せられるようになったという。

対立を回避する手段として始まった「名無し」の話し合いは、いつしかナイトスクールと呼ばれるようになり定期的開催にいたる。

ページ: 1 2 3

サブコンテンツ