社会人経て医師に 「回り道医師」たちのキャリア

masako.sugihara1

医療界には、社会人経験を積んでから医学部に入り直した医師が意外に多く存在します。「社会に出てから、医療に興味を持つようになった」「医師になる夢をあきらめきれなかった」―その胸中はさまざまですが、社会に出てから進路を変更し・・・

「都市部から週1回、日帰りでへき地へ」新しいワークスタイルの可能性

yutaka.narahara1

日本有数の豪雪地帯として知られる、新潟県十日町市。深刻な医師不足によって診療所の閉鎖が続いていたこの地で外来診療をするために、毎週金曜日、遠く離れた神奈川県横浜市から通い続けているのが奈良原裕氏です。 普段は菊名記念病院・・・

医師3年目から単独でへき地へ「無理し過ぎない」ための解決策とは?―伊左次 悟氏(県北西部地域医療センター国保白鳥病院)

satoru_isaji01

自治医科大学を卒業後、医師3年目から約10年間、岐阜県白川村の医療を一人で守ってきた伊左次悟氏。若くして地域住民の健康を一手に担い、責任とやりがいを感じる日々を送っていたものの、一人で地域を支え続けることに行き詰まりを感・・・

“地域資源があるだけ”では不十分? 八戸市の在宅医療が抱えていた問題とは―小倉 和也氏(はちのへファミリークリニック)

kazuya_ogura1

ドクターヘリやドクターカーを備えた救急医療体制が整っており、人口当たりの訪問介護ステーション数も全国平均の1.7倍という青森県八戸市。在宅医療を手掛ける医療機関も複数存在し、一見、患者が在宅療養するための資源はそろってい・・・

パラレルキャリアを叶えやすい医師こそ、もっと自由に働ける―折居麻綾氏(あかしあ脳神経外科 院長)

人体の組織を元にオリジナルのテキスタイルを作ったり、グルーガン(接着用樹脂)を用いて立体的なドレスを作ったりとデザイナーとしてのこだわりも。

レインボーカラーのヘアスタイルに、奇抜なメガネとファッション。見る者に強烈なインパクトを残すこの女性―折居麻綾氏の職業は、脳神経外科医兼ファッションデザイナー。2015年7月のテレビ番組出演を皮切りに、2足のわらじを履く・・・

50代で臨床医に転向 単身で北海道に降り立ったわけ―指原俊介氏(岩内協会病院)

shunsuke_sashihara02

北海道札幌市から車で西南に向かうことおよそ2時間。人口1万4000人の岩内町で地域医療を実践する岩内協会病院に、畑違いの分野から飛び込んだのが指原俊介氏です。もともと研究者・産業医として歩んできた指原氏が、臨床医として本・・・

「乳がんへき地」をなくす!専門病院が思う、へき地・離島医療のあり方―相良 吉昭氏(社会医療法人博愛会相良病院)

yoshiaki_sagara02

国内初の特定領域がん診療連携拠点病院となった、鹿児島県の相良病院。県内の乳がん治療の8割を行うという圧倒的な治療実績を持っています。理事長を務める相良吉昭氏は、乳がん専門病院として、県内のへき地や離島に医師を派遣して「乳・・・

「何のために医師になるのか」医師の卵たちの憂鬱への処方せんは?―正木稔子氏(Doctors’ Style代表)

01-big

「自分が医師に向いているのか分からない」「どんな人生を歩んでいくべきか迷っている」―医学生や若手医師が抱える等身大の悩みに応じるべく、全国を行脚してキャリアイベントを開催しているのが、正木稔子氏(Doctors’ Sty・・・

地方で働く特定領域専門医の「切り込み隊長」に ―森 甚一氏(公益社団法人ときわ会常磐病院)

jinichi_mori_3

「地方の医療機関は、家庭医のようなジェネラリストを渇望している」―そんなイメージも強い一方、特定領域のスペシャリストが地方を舞台に活躍するというケースも少なくありません。 今回取材したのは、福島県いわき市にある常磐(じょ・・・

北海道・余市病院が海外志向の医療者に魅力的なわけ―森 博威氏(北海道社会事業協会 余市病院)

hirotake_mori01

北海道札幌市から車で1時間という場所にもかかわらず、深刻な医師不足に直面していた余市町。海外医療と縁もゆかりもなかったこの町で今、「海外志向を持った医療者」を受け入れるための挑戦が始まっています。主導しているのは、タイの・・・

1 / 912345...最後 »
サブコンテンツ