キャリア30年以上の医師が思う、引退間際の歩き方 ―藤井宏二氏(南相馬市立小高病院)

koji_fujii03

若手時代とはまた違った思いを実現できる、60代。定年をむかえ、医師として現場で活躍し続けるか、現役を退くかを選択する節目の時期とも言えます。今回取材した藤井宏二氏は2016年4月、福島県の南相馬市立小高病院に赴任。東日本・・・

医師165人に聞いた「人生で、やっておけば良かったこと」

deb3ab0175580a5ff97262210316c2d3_s

多くの人の人生に寄り添う、医師という職業。多忙な毎日を送るかたわら医師自身は、人生を豊かにするためにどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。現場の医師が「やっておけばよかった」と後悔していることとは――。 今回編集部・・・

可能性は無限大?医療者が「地域をデザインする」意義 ―倉本 剛史氏(在宅とつながるクリニック天草)

tsuyoshi_kuramoto1

長崎県で経験を積み、縁あって熊本県天草市の医療機関で勤務することになった倉本剛史氏。地域住民との交流を通じてこの地に愛着を持つようになった倉本氏は、「地域包括ケアも、町づくりも、さまざま分野の人が参画した形が良いのでは」・・・

在宅医療は「逃げ」ではない 外科医が気付いた医療の在り方 ―市原 利晃氏(秋田往診クリニック)

toshiaki_ichihara01

2007年、在宅医療とはまったく畑違いのキャリアを歩んできた医師が、秋田県ではじめての在宅医療専門クリニックを立ち上げました。理事長は、市原利晃氏。外科医として数千例のがん手術を執刀するなど、着実に実績を積み上げていた市・・・

“キャリアの脱線”の末に出会った老健施設長のやりがいとは?―介護老人保健施設とかち・施設長 森川利則氏

IMG_0012

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指す介護老人保健施設(老健)。医師の間では「ゆったり働けるセカンドキャリアの場」として認知されている向きもありますが、介護老人保健施設とかち(北海道河東郡音更町)の森・・・

社会人経て医師に 「回り道医師」たちのキャリア

masako.sugihara1

医療界には、社会人経験を積んでから医学部に入り直した医師が意外に多く存在します。「社会に出てから、医療に興味を持つようになった」「医師になる夢をあきらめきれなかった」―その胸中はさまざまですが、社会に出てから進路を変更し・・・

「都市部から週1回、日帰りでへき地へ」新しいワークスタイルの可能性

yutaka.narahara1

日本有数の豪雪地帯として知られる、新潟県十日町市。深刻な医師不足によって診療所の閉鎖が続いていたこの地で外来診療をするために、毎週金曜日、遠く離れた神奈川県横浜市から通い続けているのが奈良原裕氏です。 普段は菊名記念病院・・・

医師3年目から単独でへき地へ「無理し過ぎない」ための解決策とは?―伊左次 悟氏(県北西部地域医療センター国保白鳥病院)

satoru_isaji01

自治医科大学を卒業後、医師3年目から約10年間、岐阜県白川村の医療を一人で守ってきた伊左次悟氏。若くして地域住民の健康を一手に担い、責任とやりがいを感じる日々を送っていたものの、一人で地域を支え続けることに行き詰まりを感・・・

“地域資源があるだけ”では不十分? 八戸市の在宅医療が抱えていた問題とは―小倉 和也氏(はちのへファミリークリニック)

kazuya_ogura1

ドクターヘリやドクターカーを備えた救急医療体制が整っており、人口当たりの訪問介護ステーション数も全国平均の1.7倍という青森県八戸市。在宅医療を手掛ける医療機関も複数存在し、一見、患者が在宅療養するための資源はそろってい・・・

パラレルキャリアを叶えやすい医師こそ、もっと自由に働ける―折居麻綾氏(あかしあ脳神経外科 院長)

maaya_orii03

レインボーカラーのヘアスタイルに、奇抜なメガネとファッション。見る者に強烈なインパクトを残すこの女性―折居麻綾氏の職業は、脳神経外科医兼ファッションデザイナー。2015年7月のテレビ番組出演を皮切りに、2足のわらじを履く・・・

1 / 1012345...10...最後 »
サブコンテンツ