「キャリアの基礎」の記事一覧

睡眠の専門医が語る 治療の魅力と快眠のコツ―医師のための医師による健康ライフハックVol.1

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疾患概念が上陸したときから「睡眠」に着目し、30年以上にわたって日本の睡眠治療を牽引する井上雄一先生。理事長を務める睡眠総合ケアクリニック代々木では、専門とする精神科からのアプローチだけでな・・・

実践する勉強会「関東若手医師フェデレーション!!」の舞台裏―山本竜也氏(医療法人社団誠馨会 セコメディック病院)【前編】

医師3年目でありながら、若手のための勉強会「関東若手医師フェデレーション!!」の運営に関わり、いかなる疾患にも応じられる総合力を自他ともに身につけようと奔走する山本竜也先生。後期研修中でありながら、いったんは専門医を取得・・・

医師の働き方改革にもテコ入れ。2018年度診療報酬改定が生み出す環境の変化とは―医療政策の第一人者・武藤正樹教授に聞く【後編】

2018年度診療報酬改定では「医療従事者の負担軽減、働き方改革の推進」が改定の基本方針に盛り込まれました。「これからさらに多職種が入り混じり、医師の働き方も大きく変わる」と強調するのは、国際医療福祉大学大学院教授の武藤正・・・

2018年から医師の働き方が変わる? 診療報酬の入院医療評価が示唆するもの―医療政策の第一人者・武藤正樹教授に聞く【前編】

2018年4月に改定された診療報酬。介護報酬との同時改定で2025年に向けての大きな節目となりましたが、医師の働き方もひとつのターニングポイントに差し掛かっています。中でも、いま急性期病院で働く医師全員が10年後も同じ場・・・

「〇歳までに部長に」 そのキャリア観の落とし穴 ─慶大・花田教授に聞く変革時代のキャリア論【後編】

医療業界が変革期にある今、必要なのは新しい発想や価値観を学び続けられる環境に身を置くことだと主張するのは、キャリアデザインを学問的に広めたことで知られる慶應義塾大学の花田光世・名誉教授。後編では、キャリアを切り拓いていく・・・

「医師の技術の賞味期限、どんどん短く」―慶大・花田教授に聞く変革時代のキャリア論【前編】

時代の変化を映すかのように、既定路線にとらわれないキャリアを歩む医師が増えています。自分の可能性を広げ、充実した医師人生を築いていくために今、何をすべきなのか。今回はキャリアデザインという概念を国内に広めたことでも知られ・・・

保険会社に勤める医師、社医の業務とは

「社医」とは、保険会社で医師資格を生かせるキャリアのひとつで、業務内容によっては「診査医」や「査定医」とも呼ばれています。現に、生命保険と個人年金の加入率は89.2%(平成27年度 生命保険に関する全国実態調査)と高い水・・・

医師の転職、静岡県の年収相場や求人動向は?

東海地方にあり、日本のほぼ中央に位置する静岡県。10万人あたり病院数・医師数ともに、全国水準と比較して少ないエリアである。今回は、そんな静岡県で医師が転職する際に押さえておきたいポイントを解説する。 【目次】 静岡県の病・・・

医師の転職、兵庫県の年収相場や求人動向は?

関西地方にあり、大阪府と京都府の西に位置する兵庫県。全国水準と比較して病院数は多いものの、医師数はほぼ同数となっている。今回は、このような特色を持つ兵庫県で医師が転職する際に知っておきたいポイントを解説する。 【目次】 ・・・

医師の転職、宮城県の年収相場や求人動向は?

政令指定都市である仙台市を有し、東北地方の中心地といえる宮城県。全国水準と比べると10万人あたりの医師数はほぼ同数、病院数はやや多めであるものの、いずれも偏在しているといえる。今回は、そんな宮城県で医師が転職する際に知っ・・・

1 / 612345...最後 »
サブコンテンツ