「キャリアの基礎」の記事一覧

医師1427人が考える、理想の引退時期

体力とスキルさえあれば、高齢になっても働き続けられる医師という職業。しかし、老後の生活を想像してみたり、自身の気力・体力と向き合ったりする中で、「引退」の二文字が脳裏をよぎることもあるのではないでしょうか。生涯現役として・・・

医師の転職市場シーズン別の傾向とは

いくら医師が「売り手市場」とはいえども、転職市場も時期によって様相が変化します。「良い求人が出やすい時期」「ほかの求職者が増える時期」など、トレンドを押さえながら求人など情報収集を進め、希望にマッチする勤務先を効率的に選・・・

本当に進む?医師の「働き方改革」 医師の労働環境はどう変わってきたか

少子高齢化に伴う労働人口の減少、ライフスタイルの多様化や女性の社会進出―こうした中で日本人の働き方を見直そうと、国を挙げて「働き方改革」が進められようとしている昨今。こうした波は医療業界にどのような影響を及ぼすのでしょう・・・

キャリア30年以上の医師が思う、引退間際の歩き方 ―藤井宏二氏(南相馬市立小高病院)

若手時代とはまた違った思いを実現できる、60代。定年をむかえ、医師として現場で活躍し続けるか、現役を退くかを選択する節目の時期とも言えます。今回取材した藤井宏二氏は2016年4月、福島県の南相馬市立小高病院に赴任。東日本・・・

医師165人に聞いた「人生で、やっておけば良かったこと」

多くの人の人生に寄り添う、医師という職業。多忙な毎日を送るかたわら医師自身は、人生を豊かにするためにどのようなことに取り組んでいるのでしょうか。現場の医師が「やっておけばよかった」と後悔していることとは――。 今回編集部・・・

社会人経て医師に 「回り道医師」たちのキャリア

医療界には、社会人経験を積んでから医学部に入り直した医師が意外に多く存在します。「社会に出てから、医療に興味を持つようになった」「医師になる夢をあきらめきれなかった」―その胸中はさまざまですが、社会に出てから進路を変更し・・・

パラレルキャリアを叶えやすい医師こそ、もっと自由に働ける―折居麻綾氏(あかしあ脳神経外科 院長)

レインボーカラーのヘアスタイルに、奇抜なメガネとファッション。見る者に強烈なインパクトを残すこの女性―折居麻綾氏の職業は、脳神経外科医兼ファッションデザイナー。2015年7月のテレビ番組出演を皮切りに、2足のわらじを履く・・・

「何のために医師になるのか」医師の卵たちの憂鬱への処方せんは?―正木稔子氏(Doctors’ Style代表)

「自分が医師に向いているのか分からない」「どんな人生を歩んでいくべきか迷っている」―医学生や若手医師が抱える等身大の悩みに応じるべく、全国を行脚してキャリアイベントを開催しているのが、正木稔子氏(Doctors’ Sty・・・

本当に安全? 医師人材紹介会社の見極め方

全国に300社ほどあるとみられる医師人材紹介会社(以下、紹介会社)。利用時には、「個人情報の取り扱いが気になる」「本当に無料で利用できるのか分からない」「無理に転職を進められるのではないか」などと、不安に思う医師も多いよ・・・

「公開求人」と「非公開求人」の違いとは?

転職活動をしていると良く目にするのが、「公開求人」と「非公開求人」というキーワード。今回は、それぞれの違いを解説します。 自分で探し出す「公開求人」 公開求人とは、医療機関名や募集内容、待遇などがオープンになっている求人・・・

1 / 212
サブコンテンツ