「コラム・事例」の記事一覧

臨床医以外にもある!医師免許を活用した働き方

医師としての臨床知識、医療業界に対する考察を、臨床現場“以外”で活用し、キャリアを切り開く医師の存在感が高まっています。その背景には、何があるのでしょうか。 【目次】 産業医、査定医、公衆衛生医師、タレント…臨床現場の外・・・

「専門医資格を持っていないこと」は転職でどう評価される?

新専門医制度の本格開始などもあり、医師の専門医に対する認識も変わりつつあります。新制度下においても「専門医の取得は義務ではない」とされている一方、専門医の維持にもコストや労力がかかる以上、転職市場において専門医の有無がど・・・

職場復帰で気をつけたい3つのこと―女医のつれづれ手帖(13)

Yu(ゆう) 保育園入園の時期が決まったら、いよいよ育休も終盤。仕事の勘を早く取り戻すことができるか、子どもの体調によって休みがちにならないか、保育園に時間通りお迎えに行けるのかなど、不安を挙げたらキリがないですが、休み・・・

女性医師の復職・転職に潜む「夫ブロック」

転職市場の動向をみると、配偶者からの理解をなかなか得られず、思うようなキャリアを歩めない女性医師の姿もうかがえます。パートナーの協力を得る上でのポイントとは-。 【目次】 女性医師の1割が「配偶者の非協力・無理解」に悩む・・・

医師の転職に潜む「嫁ブロック」とは

夫の転職や起業を妻が反対する「嫁ブロック」。ホワイトカラーの転職市場でにわかに話題になった業界用語ですが、医師の転職には特有の「嫁ブロック」が存在します。パートナーと目線を合わせながら自身のキャリアを充実させていくための・・・

仕事も育児もうまくいく!? 守っておきたい3カ条―女医のつれづれ手帖(12)

Yu(ゆう) 仕事も、育児も、家庭も全部大事。だからこそ、うまくこなしていきたい!と働くママを代表して声高に叫んでみます(笑)。とはいえ、現実は苦難の連続。限られた時間と体力をどのように使っていけば、仕事と育児を両立でき・・・

女医ママが考える、ママ友付き合い―女医のつれづれ手帖(11)

Yu(ゆう) 結婚すると親戚付き合い、親になると親同士―いわゆる「ママ友」との付き合いが発生します。これまでの人間関係は、自分自身で取捨選択したものがほとんどでしたが、家族が増えるとそうもいきません。今回は、医師という立・・・

子どもの教育方針、パートナーと対立してしまったら…?―女医のつれづれ手帖(10)

Yu(ゆう) 子どもが生まれたばかりの頃は、「健康に育ってほしい」と思うものの、大きくなるにつれてさまざまな期待をしてしまうのが親というもの。子育ての方針についてパートナーと考えるにあたり、教育に関してはそれぞれのバック・・・

妊娠発覚! 産休までどう働く?―女医のつれづれ手帖(9)

Yu(ゆう) 女性にとって一大イベントといえる、妊娠・出産。科や医療機関によって妊娠後の働き方はそれぞれだと思いますが、わたしはフリーランスという立場上、ある程度働き方をコントロールすることができました。妊娠がわかってか・・・

お二人様の資産計画―女医のつれづれ手帖(8)

Yu(ゆう) 自由気ままだった独身生活。何があっても、自分のことは自分で解決するしかありませんでした。ところが、結婚して家族が増えるとそうもいきません。健康からお金、資産管理まで、パートナーと一緒に考えて、いざというとき・・・

1 / 3123
サブコンテンツ