「コラム・事例」の記事一覧

コロナ禍だから振り返りたい「扶氏医戒之略」──わたしの女医ライフ

ドクターと医学生の交流を目的とし、将来の選択肢を増やすためのイベント「Doctors’ Style」の代表を務める正木稔子先生が、「女性医師だからできない」ことではなく、「女性医師だからできる」ことについて語・・・

新型コロナ、医師転職への影響は?転職活動の進め方をコンサルタントが解説(前編)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、医師の転職市場はどのような影響を受けているのでしょうか。この時期、転職活動を開始するか悩んでいる医師へ、医師専門のコンサルタントが転職活動の進め方をアドバイスしま・・・

経営専門医という新たなキャリアパス─谷幸治氏(ホロニクスグループ代表)・後編

健康経営度調査で上位10%にランクインという、大規模医療法人としては初の快挙を達成した医誠会。谷幸治理事長は、「40年かけ、新たな病院組織のあり方を模索してきた」と語ります。医誠会を軸に展開するホロニクスグループは、関西・・・

医療崩壊、そのとき医師に必要な学びとは─谷幸治氏(ホロニクスグループ代表)・前編

医師が診療科の専門性ではなく、経営の専門性を磨く──。そんな「経営専門医」育成プロジェクトを2020年度から開始するのが、ホロニクスグループの医療法人 医誠会です。日本ではまだ珍しい取り組みを促進する背景には、2025年・・・

円満に退局したい…タイミングや切り出し方は?――医師の転職カルテvol.19

大学医局からの転職を考える医師にとって、円満退局できるかが転職の成否を分けます。実際、医局との退局交渉がうまくいかず、内定が出ていた医療機関への転職がとりやめになるケースもあります。医師転職支援会社のコンサルタントに、転・・・

全盛期が短い脳外科医、その後のニーズは?──診療科目別のキャリアプランvol.1

専門医を取得した後、医師はさまざまな経験を積み、多くの選択を重ねて自分自身のキャリアを築いていきます。しかし、フェーズによってはキャリアの悩みや課題が出てくることも。医師のキャリアに精通した医師人材紹介会社のコンサルタン・・・

高収入、勤務地…難しい条件交渉が叶った転職事例――医師の転職カルテvol.18(後編)

高収入を得たい、当直は免除してほしい、時短でなければ働けない……それぞれの事情により、難しい条件で転職活動に臨む医師がいます。通常以上に医療機関側との交渉が必要になりますが、実際に希望を叶えた医師はいます。なぜ、それがで・・・

転職時の条件交渉、希望を叶えるポイントは?――医師の転職カルテvol.18(前編)

転職サイトを眺めていても、自分の条件に合う求人票が見つからない……。医師人材紹介会社には、時折このような相談が寄せられます。しかし、実際には難しい条件でも転職を実現できたケースは少なくありません。医師人材紹介会社のコンサ・・・

「数年後に転職したい」動くべきタイミングは?――医師の転職カルテvol.17

転職はしたいが、事情があって入職時期は2~3年先になってしまう――。このように長期的なスパンで転職を考える医師は少なくありません。どのタイミングで転職活動を開始すべきか悩ましいところですが、医師人材紹介会社のコンサルタン・・・

町医者に憧れ、被災地で学び、家庭医として地元へ還元する――遠藤貴士氏(モミの木クリニック)

現在、モミの木クリニック(福島県郡山市)で家庭医として勤務している遠藤貴士(えんどう・たかし)氏。初期研修時、「良い意味で“ごちゃまぜ”」な家庭医に魅力を感じ、家庭医療の道を志します。その後、被災した石巻市での活動を経て・・・

1 / 1212345...10...最後 »
サブコンテンツ