「医師転職ノウハウ」の記事一覧

医師の転職活動期間、目安としてどのくらいかかる?

医師の転職活動はどのようなスケジュールで進み、どのくらい時間を要するのでしょうか。今回は、内定を得るまでのステップ、現職との退職交渉までの流れについて解説します。 【目次】 所要期間は、半年程度 希望の職場へとスムーズに・・・

退職理由の伝え方3つのポイント~医師の転職、最大の難所の乗り越え方

医師の転職において最も難しい局面とされているのが、現勤務先との退職交渉です。今回は、後腐れなく退職を進めるためのポイントを解説します。 【目次】 引き留めに合う覚悟を 退職理由を伝えるときの3つのポイント お世話になった・・・

転職で医師としての強みを伝えきるための「職務経歴書の書き方」

履歴書と併せて提出を求められることがある職務経歴書。その名の通り、職務経歴について詳しく説明する文書です。すべての医療機関で求められるわけではありませんが、これまで従事してきた職務内容、習得した知識やスキル、果たしてきた・・・

医師が転職で心がけておきたい「履歴書の書き方」

求職者の基本情報を端的にまとめた公的文書である、履歴書。転職では、面接で持参したり、郵送したりして医療機関に提出します。第一印象を大きく左右する書類だけに、誤解を与えないよう最低限のルールを守ることが肝心です。今回は、履・・・

「この体、医学の発展に捧げたい」献体希望者が急増したわけ

死後、自身の遺体を医学部の解剖実習などに捧げる、献体制度。現在、献体登録者は約28万人と30年前の4倍近くに上ります。多くの医師にとって、人生で初めて人体にメスを入れる機会となる解剖実習。その裏側で、何が起こっているので・・・

「麻酔科は、外科の助手ではない」『麻酔科医ハナ』に込めた思い

2007年の連載開始以降、麻酔科志望の若手医師に読み継がれている漫画『麻酔科医ハナ』(双葉社)。監修者として、作者のなかお白亜氏と二人三脚で連載に携わったのが、現役麻酔科医の松本克平氏です。「麻酔科医のプレゼンス向上が必・・・

うつ病を経験した医師が語る、心身のセルフマネジメント―宮島賢也氏(YSこころのクリニック)

長時間労働の是正に向け、本格的に舵を切り始めた「働き方改革」。医師については5年間の適用猶予期間が設けられていますが、研修医の過労自殺や残業代訴訟が騒がれるなど、改革待ったなしの状況が続いています。体制が整うまで時間がか・・・

「僕にはこの人を救えない」―医師人生を変えた言葉たち

思い悩んだとき、周囲の人のふとした一言で考えが変わることもあるのではないでしょうか。編集部では、医師を対象に「キャリアに影響を与えた言葉」についてアンケート調査を行いました。 医師の約65%が「キャリアに影響を与えた言葉・・・

医師1427人が考える、理想の引退時期

体力とスキルさえあれば、高齢になっても働き続けられる医師という職業。しかし、老後の生活を想像してみたり、自身の気力・体力と向き合ったりする中で、「引退」の二文字が脳裏をよぎることもあるのではないでしょうか。生涯現役として・・・

医師の転職市場シーズン別の傾向とは

いくら医師が「売り手市場」とはいえども、転職市場も時期によって様相が変化します。「良い求人が出やすい時期」「ほかの求職者が増える時期」など、トレンドを押さえながら求人など情報収集を進め、希望にマッチする勤務先を効率的に選・・・

1 / 3123
サブコンテンツ