40代医師がキャリアプラン実現のために知っておきたいこと

豊富な臨床経験・スキルを持ち、マネジメントや教育といった役割も担うことも多い40代。
今回は働き盛りの40代医師のキャリアの特徴や、キャリアプラン実現のポイントをエムスリーキャリアのコンサルタントに聞きました。

【目次】

  • 医師として花盛りの40代…キャリアの選択肢も豊富に

    知識・経験ともに豊富で高い専門性を身につけた40代は、臨床医として自身がやりたいことを一番追求できるフェーズとも言えます。たとえばチームを率いて診療を行う、手術を主導する、診療科の運営にあたる、指導医として後進の育成に携わるなど、科や病院の中核を担う存在に。一人前の医師になることを目指して自己研鑽に励む30代に比べ、臨床に軸足を置きつつマネジメントを担う場面も増えるでしょう。

    一方で、キャリアチェンジを図る医師が増えるのもこの年代の特徴です。大学医局に在籍している医師にとっては、40代を迎えるとその後の医局の体制がある程度予測できるように。医局人事による異動も、この年代には減っていきます。自身の残りのキャリアを見通したときに、昇進の可能性や業務の負担感、待遇などを鑑み、市中病院やクリニックへの転職を決意する医師は少なくありません。対照的に、一度は退局したものの、「研究に携わりたい」「高度医療を極めたい」といった理由で、再度医局に戻ることを選ぶ医師もいます。

    収入増や裁量の大きさを求め開業する医師が多いのもこの年代です。ただし、当然ながら年収は自身の経営スキルに直結します。また、年齢が上がるほど金融機関からの融資のハードルは高くなっていくため、継承ではなく新規開業を検討している場合は注意が必要です。

    その他ワークライフバランスを取りやすい、新たな切り口で医療に貢献できるやりがいなどを理由に、産業医や査定医など、臨床以外のキャリアを選ぶ医師も40-50代にかけて増えています。

    40代医師の転職事情

    40代には家の購入や子どもの進学など大きな出費を伴うライフイベントも発生するため、より好条件の勤務先を探す医師が少なくありません。また、中には将来的な親の介護を見越して、この時期にUターン転職を検討する医師も。なぜなら、本格的に介護が始まってからの転職となると、当直や残業ができなかったり出勤時間を遅らせたりする必要があり、求人の選択肢がかなり限られてしまうからです。早めのUターン転職により、勤務条件をあまり変えずに働くことができる、いざ介護が必要になったときに休みや時間の調整がしやすいといったメリットがあるのです

    臨床医として最も脂の乗っているこの年代は、転職市場において高く評価されやすい傾向にあります。特に研修医を確保したい医療機関にとって、指導医資格を持つ医師のニーズは非常に高いでしょう。条件面などの希望も叶いやすいので、市場価値の高さを活かし転職するというのも選択肢の一つです。まずは年収や働き方など、自身が優先したいこと、“キャリアの軸”を明確にした上で検討することが大切です。

    転職、開業見据え「人脈築くべきだった」40代医師の後悔

    最後に、キャリアを振り返ったとき後悔していることについて、実際に40代医師の声をエムスリーのアンケート(※1)から一部抜粋してご紹介します。

    • 「大学院が修了し、留学の機会があったが家庭もあり、金銭的余裕もなく断念。今考えると、借金してでも留学に行き、いろんな経験をしておけば良かったと思う」(49歳男性、呼吸器科)
    • 「働いた直後からNISAなどの仕組みを熟知して資産形成をするべきであった。医学博士をとるための大学院の時間は今考えると必要なかった。大学院の最初から中小企業共済制度などを使ってお金の事をもっとしっかり考えるべきであった。また、とる専門医も厳選して、その後の維持費などについてしっかりと検討しておくべきであった。親の時代と違って、預金に数%の金利がつかないために、投資信託や、キャピタルゲイン、インカムゲインのある株式など資産形成について教えてもらうチャンスがあれば、もっと資産が作れただろう」(41歳、一般内科)
    • 「内科学会の専門医、産業医の資格を取得しておくべきだった。今後が心配される。また、医局に全く属さず、すぐに一般病院で勤務したため、知り合いのドクターが少なく、情報や知識の共有が出来ない。また、転職する際の施設の情報収集も出来ない。これは、とても困っている」(49歳男性、内科)
    • 「人脈に関しては、医局の先輩方ともう少しお近づきになれればよかったなと。若い自分にとっては、開業する先輩たちは医師として落伍者に見えたので、開業された時点でこちらから没交渉という感じになった。今現在、自分が開業適齢期になっていろいろ聞きたい部分もあるのだが、今となっては親身にアドバイスをくれることはないだろう。資産形成に関しては、やはり現役でガンガン稼いでいるときに株式投資などは初めておいて正解だったと思うが、もう少し早めに始めればよかったと思う。当初は、ありとあらゆる、相場でやってはいけないこと、を経験し、手痛い思いもしたが、これが相場の勉強につながり、今となっては安定して少しは稼げるようになってきた。また、リーマンショック後の不動産市場が値下がりしているときに、不動産投資を開始していればよかったなと思う」(48歳男性、形成外科)
    • 「後悔先に立たずだが、もっと医療以外の勉強をして見識を深め、幅広い分野の一流人と交流を持っていればよかったとしみじみ感じます」(40歳男性、一般内科)

    内容は様々ながら、「もっと視野を広げるべきだった」という声が多かったのが40代医師の特徴です。業務や自己研鑽、ライフイベントなど多忙な生活がひと段落してきたタイミングだからこそ、かもしれません。こうした声も参考に、今後のご自身のキャリアや働き方について、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

    ※1 「キャリアプラン実現のためにしておくべきこと」をテーマに、エムスリーが2019年6月に実施。


    経験・スキルを存分に生かしたい先生へ

    IMG_7423 - コピー

    エムスリーキャリアでは高い専門性や豊富なご経験をお持ちの先生方のために、特別な条件の求人をご紹介しています。先生がこれまで築かれてきた、以下のような実績をお聞かせください。

    ●治療実績
    ●対応疾患
    ●所属学会・資格
    ●役職経験

    エムスリーキャリアは全国10,000以上の医療機関と提携して、多数の求人をお預かりしているほか、コンサルタントの条件交渉によって求人を作り出すことが可能です。

    btn

サブコンテンツ