医師求人、3つの探し方のメリット・デメリット

医師の転職が一般的になるにつれて、転職活動のスタイルも多様化してきました。一口に求人情報を探すといっても、いくつかの方法があります。今回は、医局人事を除いた医師の3大転職方法について、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

【目次】

転職スタイルにも一長一短

医師の転職には大きく、3つの方法があります。それぞれのメリット・デメリットは、以下の表のようにまとめられます。次の段落では、これらの理由について解説していきます。

「知人紹介」はミスマッチが少ないが、契約条件に注意

医師の世界で一般的なのが、知人からの紹介による入職。m3.comが過去に行ったアンケートでは、およそ4割の医師が、大学時代の同級生や元同僚といった知人を通じて転職したと回答しています*。

    【メリット】

  • 紹介してくれた医師から、診療内容や症例数、病院の雰囲気などを詳しく聞くことができるため、入職後のミスマッチが少ない
  • 自院医師の紹介で医療機関側の信頼が高いため、入職までの手続きをスピーディに進めてくれる可能性がある
    【デメリット】

  • 個人的なつながりによる入職のため、雇用契約があいまいになるケースがある
  • 紹介してくれた医師への気兼ねから、ミスマッチが起こっても辞めにくい
  • 紹介してくれた知人とは同僚になるので、転職を通じて人間関係が多少変化する

しかし、個人的なつながりによる入職のため、雇用契約があいまいになるケースもあります。紹介してくれた医師への気兼ねから、ミスマッチが起こっても辞めにくいなどのデメリットもあります。年収や勤務日数だけでなく、福利厚生などの契約条件は、入職前にしっかり確認しておきましょう。

人材紹介会社は転職活動の手間が省けるが、企業の“質”に注意

知人の紹介に次いで多い転職方法が、医師人材紹介会社(以下、紹介会社)の利用です。転職経験のある医師のおよそ3割が利用していると言われます*。

    【メリット】

  • コンサルタントが例年の傾向や全国的なトレンドを踏まえ、転職の相談に乗ってくれる
  • 求人探し、医療機関側との調整をコンサルタントが代行してくれる
  • 通常は市場に出回っていない、非公開求人を紹介してもらえる
  • 一般的には、これらのサービスを無料で受けられる
    【デメリット】

  • どの紹介会社を利用すべきか判断しづらい
  • 紹介会社によって、保有求人数が少ないケースもある
  • コンサルタントが医師のキャリアや勤務環境について熟知していないケース

厚生労働省職業安定局のサイトで調べたところ、全国に医師を対象としている紹介会社は600社以上(2017年11月現在)。実績や対応力は玉石混交です。自分自身との相性を見極めるためも、まずは気になる会社に複数社に登録して「転職を無理強いしてこないか」「自分の専門科目についての知識は十分か」などといった点を確認してみても良いでしょう

自己応募や自治体のドクターバンクで可能性を広げる

ほかにも、医療機関のホームページなどを見て直接コンタクトをとる自己応募や、自治体などのドクターバンクを利用する方法もあります。

    【メリット】

  • 求人サイトや紹介会社を利用していない医療機関に応募することができる
  • ドクターバンクを利用する場合、自治体職員が対応してくれる
    【デメリット】

  • 情報収集や条件交渉なども自分で行うため、負担が重く、時間がかかりがち
  • 実名を明かして応募することが多いので、秘密裏に転職活動を進めにくい

いざ自分で問い合わせるとなると、緊張してしまうかもしれませんが、医療機関や自治体側も医師からの問い合わせには好意的に対応してくれ、条件の確認や病院見学のセッティングも前向きに検討してくれる傾向があります。気になる医療機関、希望勤務エリアがあれば積極的に問い合わせましょう。


求人保有数が多く、知識豊富なコンサルタントがそろうエムスリーキャリア

IMG_7423 - コピー
エムスリーキャリアでは、常勤求人が約1万7000件、非常勤求人は約7000件と、圧倒的な求人数を保有しています(2015年9月16日現在)。医療業界内でのブランド力や、医師会員20万人を超える医療従事者専用サイト「m3.com」の知名度によって、多くの求人情報を収集できるためです。

また、コンサルタント全員に「医療経営士」の資格を義務づけており、医療現場の状況や医師のキャリアについて豊富な知識を有しています。仮に、登録医師の希望に沿う、求人がない場合も、医療機関と直接交渉し、新たな求人ポストをつくり出すこともあります。


転職をご検討中でしたら、下記のフォームからお問い合わせください。

 btn

サブコンテンツ