医師が面接で気を付けるべきキラークエスチョン―医師面接のいろは【後編】

前編に引き続き、医師が面接時に注目されやすいポイントについて取り上げます。後編では、主に質問に焦点を当て、失敗しがちな受け答えなどを具体的にご紹介するほか、面接先との相性を探るために心掛けたいことを取り上げます。


前編はこちら

 

面接時に想定される3大質問

面接で想定される主な質問は、「経歴」「今回の転職理由」「志望動機」の3つ。いずれも素直に受け答えをすれば問題ありませんが、いくつか注意したい点もあります。

【経歴を伝える際の注意点】

  • 医局人事での異動が含まれる場合は、その旨をしっかり伝えましょう。異動なら、転職回数に含まれませんから、たとえ多くても問題ありません。

【転職理由を伝える際の注意点】

  • 「人間関係が悪くて…」や「正当な評価をしてもらえなくて…」などネガティブな言い回しを避けましょう。面接官がこうした理由を聞くと、「この先生は、当院でも同じように感じて辞めるかもしれない」といった懸念を持ってしまう可能性があります。
  • 前向きさが伝わるように「○○をもっと学びたい」や「わたしのスキルを、○○でさらに活かしたい」などの言い方が好ましいでしょう。この内容を掘り下げれば、そのまま志望動機にもつながります。たとえば、「わたしのスキルを地域医療に活かせる御院で働きたいと希望しています」などと言って、具体的な話に移れるでしょう。

受け答え次第で落ちる?キラークエスチョン

%e3%81%af%e3%81%a6%e3%81%aa03医師の転職市場は売り手市場とされ、基本的には面接も医師優位で運びやすいとはされていますが、それでも受け答え次第では医療機関側からお断りされやすい質問もあります。

(1)「開業のお考えはありますか?」

医師にとって開業は、ごく自然なキャリアの選択肢です。それは医療機関も理解していますが、答え方によっては印象を悪くしてしまいます。

たとえば、ある地方病院で面接官から「(他県の)地元に戻るご予定はありますか?」と聞かれた医師は「2、3年後には戻るかもしれません」と返答しました。その医師は具体的なプランが決まっていたわけではないのですが、漠然とした気持ちで答えた結果、内定を得られませんでした。2、3年も先には、気持ちが変わる可能性は大いにあります。この場合、「漠然と開業をしてみたいという気持ちはありますが、具体的には考えていない」程度に答えれば十分だったかもしれません。

ただし、1年後など短期のうちに開業することが決まっているなら、正直に伝えるのが後々のトラブル回避につながります。

(2)(医師から)待遇面をしつこく質問する

医師側からの質問にも注意が必要です。残業時間や休日などの待遇面を何度も質問するのは、得策とは言えません。仕事をする上で大事なことではありますが、初対面の段階でしつこく質問すると、医療機関側に「権利主張が強い先生なのかな」と感じさせてしまうかもしれません。紹介会社を利用しているなら、待遇面についてはコンサルタントに代理質問してもらうのがお勧めです。

前向きな質問と事前準備を

何よりも、前向きな質問を心掛けると、面接相手からも好印象を持たれます。たとえば、経営方針。面接先の医療機関が、地域においてどのようなポジションを担おうとしているのかといった質問は案外、入職後に直接できる機会が少ないもの。長く働けそうか判断するためには確認しておきたい内容です。

さらに欲をいえば、医師側でも各都道府県が策定している地域医療構想や医療計画、日本医師会総合政策研究機構が発行している「都道府県別・二次医療圏別データ集」などから地域事情を事前に調べておけると、話がスムーズになるでしょう。医療機関としても、医師の真剣味が伝わってきて、一緒に働きたくなるものです。

 


エムスリーキャリアは面接時に同行し、強力サポート!

医師の転職支援

エムスリーキャリアでは、コンサルタントが面接に同行し、医師の専門性や実績、めざす方向性などを積極的にアピールします。また、医師自身からは聞きにくい内容もコンサルタントが代わりに質問したり、改善を要望したりすることもあります。

面接を成功へと導くために、徹底的にサポートするのが大きな特徴です。

 

 btn

 

サブコンテンツ