医師の転職、大阪府の年収相場や動向は?

医師の転職、大阪府の年収相場や動向は?西日本における中心地と言える大阪府。全国2番目に面積が小さな都道府県でありながら東京都・神奈川に次ぐ人口となっており、都市機能・医療機能ともコンパクトに集約しているのが特徴と言える。今回は大阪府で医師が転職する際に留意しておきたいポイントを解説する。

【目次】

大阪府の病院・クリニックの特徴

全国で2番目に面積が狭い都道府県である大阪府。淀川、大和川により大きく3つのエリアに分けられるほか、西は大阪湾に面し、北は北摂山系、東は生駒山地、南は金剛山地、和泉山脈によって囲まれており、コンパクトな土地に都市機能・医療機能が集約されているのが特徴と言える。

大阪府内は8つの医療圏に分けられ、523施設の病院(全国3位)と8387施設のクリニック(全国2位)が位置している。最も医療機関が多い大阪市医療圏にはおよそ35%の医療機関が集中。続いて和泉医療圏、枚方医療圏などと続く。全国水準と比べると病院数は多く見えるが、10万人あたりに病院数を換算してみると5.9施設となり、全国平均とだいたい同水準と言える。

大阪府内には医学部を保有する大学が5つ(大阪大学、大阪市立大学、大阪医科大学、関西医科大学、近畿大学)存在し、これは東京都に次ぐ全国2位。こうした背景もあり、8つの医療圏の半数以上に大学病院が存在するなど、大阪府全域で高度医療が行われている状況となっている。

医師数は2万4260人で10万人あたりに換算すると261.8人(全国15位)。大阪府の医療計画(2013年から2017年)によると大阪府内にいわゆる「へき地」や「無医地区」はなく、全国レベルで見れば比較的医師が確保されている状態だ。ただ、医師の分布を2次医療圏ごとに見ると、豊能医療圏や大阪市医療圏では比較的医師の割合が多いのに対し、中河内医療圏や泉州医療圏では全国平均を下回っており、地域による格差が生じているとされる。

日本医師会の『病院における必要医師数調査結果』(2015年)によると、大阪府の医療機関のうち大学医局から派遣を受けている病院の割合は76.2%と、全国平均(75.5%)と比べると高い結果となっている。

大阪府の医師の待遇

エムスリーキャリアの過去転職者のデータによると、大阪府に勤務している医師の平均年収は1396万円。全国平均である1496万円と比べると低い水準となっている。

大阪府の医師にとっての暮らしやすさは?

交通網も充実しており、都市機能も高いのが大阪府の魅力。神戸市や京都市など、隣接した都道府県の繁華街へも出ていきやすいほか、大阪国際空港・関西国際空港などの空港もあり、主要都市へのアクセスは整っていると言える。また医学部進学実績を持つ高校としても、大阪星光学院高校、四天王寺高校、清風南海高校、高槻高校、大阪桐蔭高校などの私立高校も名を連ねており、総じて水準も高い。一方で刑法犯・窃盗犯認知件数では全国1位に挙がることも多く、治安に不安を抱く医師もいる。

住まいとして大阪府内で人気なのは北摂エリア。江坂駅、千里中央駅など、住みやすくアクセスの良い駅があるほか、北野高校、茨木高校など高偏差値の高校が位置しており、教育面でも北摂エリアを支持する声は根強い。

大阪府の医療機関で働く医師の口コミ

大阪府で働く医師に、「大阪府で働こうと思った理由」と「勤務地としての東京都の魅力」について聞いた結果は以下の通り。

  • 大阪出身だから大阪府で働き続けている。医療が充実していると言えるので、スキルの向上を目指すにも、QOLの向上を目指すにも、対応可能な土地だと思います。開業目的なら勤務地をよく選んだほうがよいとも思います。(50代、透析科)
  • 居住地としてはJRと阪急の快速が止まり、京都にも大阪にも15分程度ででられ便利。勤務地としては、給与的な相場は平均的だが求人を出している医療機関も多く選べる選択肢が多い(20代、放射線科)
  • 都会の病院であり、仕事をしやすい。(40代、精神科)
  • 交通便利な都会である(40代、泌尿器科)

大阪府の医師求人情報

大阪府の常勤医師求人情報を検索する

    【参考資料】

  • 2016年『医療施設(動態)調査・病院報告の概況』(厚生労働省)
  • 2014年『医師・歯科医師・薬剤師調査』(厚生労働省)
  • 2015 年『病院における必要医師数調査結果』(日本医師会総合政策研究機構)
サブコンテンツ