「北海道」タグの記事一覧

北海道岩見沢市・旭川市のまちづくりを「ささえる医療」-永森克志氏(医療法人社団ささえる医療研究所)

2007年に財政破綻し、市立病院が閉鎖した北海道夕張市で、医療を再建した立役者の一人である永森克志氏。地域医療に興味を持ったきっかけは「自然が美しい地域で医療をしたかったから」と話す永森氏は、現在、北海道岩見沢市でコミュ・・・

医師の転職、北海道の年収相場や動向は?

全国1位の圧倒的な面積を誇る北海道。人口減少・少子高齢化の急速な進行や都市部への集中など、地域医療を取り巻く環境が大きく変化している。今回は、北海道で転職する医師が知っておきたいポイントについて考察する。 【目次】 北海・・・

“キャリアの脱線”の末に出会った老健施設長のやりがいとは?―介護老人保健施設とかち・施設長 森川利則氏

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指す介護老人保健施設(老健)。医師の間では「ゆったり働けるセカンドキャリアの場」として認知されている向きもありますが、介護老人保健施設とかち(北海道河東郡音更町)の森・・・

パラレルキャリアを叶えやすい医師こそ、もっと自由に働ける―折居麻綾氏(あかしあ脳神経外科 院長)

レインボーカラーのヘアスタイルに、奇抜なメガネとファッション。見る者に強烈なインパクトを残すこの女性―折居麻綾氏の職業は、脳神経外科医兼ファッションデザイナー。2015年7月のテレビ番組出演を皮切りに、2足のわらじを履く・・・

50代で臨床医に転向 単身で北海道に降り立ったわけ―指原俊介氏(岩内協会病院)

北海道札幌市から車で西南に向かうことおよそ2時間。人口1万4000人の岩内町で地域医療を実践する岩内協会病院に、畑違いの分野から飛び込んだのが指原俊介氏です。もともと研究者・産業医として歩んできた指原氏が、臨床医として本・・・

北海道・余市病院が海外志向の医療者に魅力的なわけ―森 博威氏(北海道社会事業協会 余市病院)

北海道札幌市から車で1時間という場所にもかかわらず、深刻な医師不足に直面していた余市町。海外医療と縁もゆかりもなかったこの町で今、「海外志向を持った医療者」を受け入れるための挑戦が始まっています。主導しているのは、タイの・・・

四国に匹敵する面積を支える地域医療、その実情―和泉裕一氏(名寄市立総合病院)

四国にも匹敵する広範な地域の医療を支えているのが、北海道北部に位置する名寄市立総合病院です。近隣の医療圏に医療機関が少ない同院では、心筋梗塞や動脈瘤破裂の患者が170キロもの距離を経て救急搬送されてくる事態も。こうした環・・・

サブコンテンツ