「放射線科」タグの記事一覧

がん闘病の医師、死を覚悟し抱いた「後悔」―病とキャリアvol.1(後編)

2006年に34歳で肺がんの手術を受けた川崎幸病院放射線治療センター長の加藤大基先生。闘病を通じて、「仕事だけで死んでしまうのはもったいない」と考えるようになったそうです。がんになってから10年以上経過した現在の仕事観や・・・

「まさか自分が」肺がんになった医師の胸中―病とキャリアvol.1(前編)

川崎幸病院放射線治療センター(神奈川県川崎市)のセンター長を務める加藤大基先生は2006年、34歳で肺がん患者となりました。放射線治療医として多くのがん患者に寄り添ってきた加藤先生に、がんが見つかる前後のお話、病を経験し・・・

医師で声優 異例のキャリアで医療に貢献―医師と2足のわらじvol.1

アニメ好きが高じ、診療のかたわら声優活動にも取り組む村本耀一先生。「夢はアニメのメインキャラクターのアフレコをすること」と語る村本先生ですが、医師と声優、全くの畑違いとも思われる職業での”2足のわらじ”を履いているからこ・・・

サブコンテンツ