「福岡県」タグの記事一覧

「緩和ケアはコンビニであるべき」 常勤医7名体制の緩和ケア科の挑戦 -柏木秀行氏(飯塚病院)

医師5年目に、総合診療科から緩和ケア科に転籍した柏木秀行氏。現在は緩和ケア科部長として若手を中心とした6名の医師を束ね、緩和ケアの新たな価値を提供しようとしています。若手医師が集まる理由、そして緩和ケアの新たな価値とは―・・・

医師の転職、福岡県の年収相場や動向は?

九州地方の玄関口と言える福岡県。全国水準と比べると病院数・医師数ともに充実している一方、特に都市部では存続をかけて、病棟転換や診療科の立ち上げなど機能分化、病棟再編に取り組む医療機関も多い。今回はそんな福岡県で転職を検討・・・

医療資源は豊富でも在宅は未整備…12年目の医師が挑む「コミュニティクリニック構想」-今立俊輔氏(医療法人みらい 今立内科クリニック)

父の背中を見て何でも診られる医師を目指した今立俊輔氏。離島医療を経験したのち、医師12年目で選んだ道は、父の運営する今立内科クリニック(福岡県久留米市)での在宅医療部門の立ち上げでした。医師のキャリアとしては比較的早期に・・・

地域に応える、家庭医を育成していきたい ―吉田 伸氏(医療法人博愛会 頴田病院)

現在、国内に約30万人いる医師のうち、子どもからお年寄りまで診られる家庭医療専門医は約500人。今後の超高齢化社会に対応するために、そのニーズは高まっていくことが予想されています。今回取材したのは、福岡県飯塚市の頴田病院・・・

サブコンテンツ