公益財団法人 横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院の常勤医師求人・転職情報

m3.com CAREERトップ > 神奈川県 > 横浜市 > 汐田総合病院 常勤医師求人

汐田総合病院 常勤医師求人

60歳以上OK

公益財団法人 横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院
転職報告でm3ポイント10,000p進呈! 転職お祝い制度について

更新日: 07月12日

所在地 〒230-0001 神奈川県横浜市鶴見区矢向1-6-20 区分 ケアミックス
交通機関 JR南武線 尻手駅より徒歩10分 電話番号 045-574-1011(代表)
URL 汐田総合病院のホームページ

地域医療を担う専門性と総合性を兼ねそなえた医師を求めます。(将来、診療所・開業を目指す医師も応援します)

汐田総合病院は、地域の一般病院として一定の専門性をもつケアミックス型の総合病院です。予防からリハビリテーションまで、地域需要の高い高齢者医療、在宅患者の支援、地域医療機関や介護福祉施設の支援に力を入れています。地域の急性期医療を守りながら、障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、療養病棟、併設の介護老人保健施設をもち、総合的な医療と急性期の専門医療を並行して行っています。

急遽健診事業を担当する医師を求めます。

当院での健診業務、具体的には健診時の診察、各種健診の総合判定の業務です。年齢60歳以上でもかまいません。勤務は週4日〜5日です。ご気軽にご連絡下さい。

医師の求人・募集情報

募集科目(人数) 一般内科(1)、循環器内科(1)、呼吸器内科(1)、内分泌内科(1)、脳神経外科(1)、整形外科(1)、リハビリテーション科(1)
年齢 28歳~55歳(応相談) 休日・休暇 日曜:終日・祝日:終日(4週8休)、夏期休暇(4.5日)、年末年始(6日)、産休:有、育休:有、有給休暇(労基法通り/初年度10日、年ごと2日増、最高20日まで)、その他休暇(リフレッシュ休暇)
年収 1,200万円~1,700万円(医師の経験年数に応じて評価 昇給年1回有) 研究日(研修) (応相談)
経験 5年目以上(但し後期研修医3年目以上可) 学会出席(補助) 可能 (補助 有り:年3回保障(業務保障、参加費、交通費、宿泊費、食事代等) ※一学会の年会費は病院補助)
勤務時間 月曜日〜金曜日 9:00〜17:00 土曜日 9:00〜17:00 その他待遇に
関するコメント
院内保育所有、子育て、介護などへの支援考慮有
夜間当直 有り (必須ではないが原則有(週1回程度)。スキル、体力、年齢、個別事情考慮します。)
求人詳細や、最新の情報を確認できます。 この求人へのお問い合わせ

病医院詳細情報

診療科目 内科(総合、呼吸器、循環器、糖尿病)神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、小児科、精神科、婦人科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科、リハビリテーション科、歯科
総病床数 261床(一般104床 障害者49床 回復期リハ51床 医療型療養病床45床) 設立日 1953年12月
勤務医師数 常勤:32人、非常勤:54人 院長名 小澤 仁 (オザワ ヒトシ)
総従業員数
(看護基準)
400人
(7:1)
院長出身大学 横浜市立大学
外来数 480人/日 学会認定
指導施設
日本脳神経外科学専門医研修プログラム研修施設、日本脳卒中学会研修教育病院認定施設、日本神経学会専門医制度教育施設」、日本内科学会認定制度教育関連病院、日本外科学会専門医制度関連施設、日本整形外科学会専門医制度研修施設、日本眼科学会専門医制度研修施設、日本消化器内視鏡学会指導施設
手術件数 560件/年 臨床研修
病院の指定
有り (基幹型臨床研修病院)
医療設備 ファイバースコープ(上部消化管(内視鏡)・大腸(内視鏡)・気管支・腹腔(鏡))・診断用X線装置(直接・間接・TV、透視等)・透視診断装置・断層撮影装置・消化管用間接撮影装置・全身用CT・脳血管連続撮影装置・MRI・超音波診断装置(腹・心)他
関連施設 横浜市立大学 昭和大学 東邦大学 北里大学 川崎協同病院 済生会横浜市東部病院

お問い合わせ先

※電話(FAX)でお問い合わせの場合、転職お祝い制度(最大m3ポイント10,000p進呈)の対象になりません。ご了承ください。

部署・役職名 事務次長 連絡コメント 病院見学、面接は随時おこなっています。メール、電話にで御連絡ください。
担当者名 菊池 輝 (キクチ アキラ)
電話番号 045-574-1011
FAX番号 045-574-1097