阿伎留病院組合 公立阿伎留医療センターの常勤医師求人・転職情報

m3.com CAREERトップ > 東京都 > あきる野市 > 公立阿伎留医療センター 常勤医師求人

公立阿伎留医療センター 常勤医師求人

専門医取得・認定施設 職場環境がいい

阿伎留病院組合 公立阿伎留医療センター
転職報告でm3ポイント10,000p進呈! 転職お祝い制度について

更新日: 06月12日

所在地 〒197-0834 東京都あきる野市引田78-1 区分 一般
交通機関 JR五日市線「武蔵引田駅」下車徒歩7分 電話番号 042-558-0321(代表)
URL 公立阿伎留医療センターのホームページ

一般、緩和ケア、回復期リハ、消化器病センター、人間ドックを併設し22診療科、310床を擁する急性亜急性期病院です。是非一緒に地域医療の向上に汗を流してみませんか

当院は、都心から西に約50kmの比較的穏やかな秋川丘陵と羽村丘陵に囲まれた平坦部と、奥多摩の山々に連なる山間部から形成される台地に位置とており、近くには秋川や平井川などが流れる、豊かな水と自然に恵まれた環境の中、地域の中核病院(大正14年設立)として住民10万人余りの健康と生命を守ることに努めています。

これからリハ認定医や専門医を取得されたい、けれどもどの病院が良いかお困りの先生方には最適の病院です。

もともとリハビリテーション科があった所に、平成21年4月〜回復期リハビリテーション病棟45床を設置し、あきる野・青梅・奥多摩地域の患者さんのリハビリテーション診療にあたっております。都内養護学校3校、重症心身障害児施設、障害者更生施設との連携も密に図っており、脳卒中・脊髄損傷、骨股関節疾患・小児切断など、幅広いリハ症例を経験して、日本リハ医学会専門医を取得できます。

当科内、また、院内全体に学閥などは無く、分からないことは何でも聞ける風通しの良い環境です。

西多摩地域では当院だけが学会指定研修施設です。
ホンダ製運転シュミレータ、アイタッチ、ウォークエイドを導入し、訓練治療や研究に使用しています。
現在リハ専門医(指導責任者1人を含む)1人が常勤しております。
ぜひご一緒に働きませんか?ご応募お待ちしております。

医師の求人・募集情報

募集科目(人数) 一般内科(2)、脳神経外科(1)、リハビリテーション科(1)、産婦人科(1)、放射線科(1)、人間ドック・検診(1)
年齢 ~35歳(応相談) 休日・休暇 土曜・日曜・祭日・年末年始
年収 1,000万円~(応相談)(手当は別途支給、実績・経験に応じ支給) 研究日(研修) 有り (院長の許可の下、必要に応じ研究日を1日付与することができる。)
経験 12年以上 学会出席(補助) 可能 (補助 有り:当院規定による)
勤務時間 午前8時30分〜午後5時15分 その他待遇に
関するコメント
宿日直手当、時間外勤務手当、緊急登院手当は別途支給致します。
夜間当直 無し
求人詳細や、最新の情報を確認できます。 この求人へのお問い合わせ

病医院詳細情報

診療科目 内科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科、リウマチ科、消化器内科、救急科、血液浄化療法室、小児科、外科、形成外科、緩和ケア、整形外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科(ペインクリニック)、リハビリテーション科、臨床検査科(病理)、歯科口腔外科、放射線治療、消化器病センター
総病床数 310床 設立日 1925年4月
勤務医師数 常勤:51人、非常勤:60人 院長名 荒川 泰行 (アラカワ ヤスユキ)
総従業員数
(看護基準)
519人
院長出身大学 日本大学
外来数 651人/日 学会認定
指導施設
日本リハビリテーション医学会研修施設、日本整形外科学会認定医研修施設、日本リウマチ学会認定教育施設、日本外科学会外科専門医制度関連施設、日本脳神経外科学会専門医訓練施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本臨床細胞学会認定施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設、日本麻酔科学会認定麻酔科認定病院、他
手術件数 5件/日 臨床研修
病院の指定
有り (臨床研修指定病院(管理型))
医療設備 MRI(1.5テスラ)、高速らせん型CT、多目的血管撮影装置、電子内視鏡システム等
関連施設 日本大学医学部、杏林大学医学部

お問い合わせ先

※電話(FAX)でお問い合わせの場合、転職お祝い制度(最大m3ポイント10,000p進呈)の対象になりません。ご了承ください。

部署・役職名 事務部総務課長 兼 経営企画室副室長 連絡コメント お気軽にお問い合わせください。
担当者名 滝沢 和彦 (タキザワ カズヒコ)
電話番号 042-558-0321
FAX番号 042-559-5734