次の夏は、ふくしまー県外医学生ガイダンス開催ー | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 病院群別最新情報 > 次の夏は、ふくしまー県外医学生ガイダンス開催ー

福島県LP_KV

東日本大震災から数々の復興を進めている福島県。医師にとっても、キャリア形成を図るのに十分なフィールドです。福島県立医科大学では、今後も県内への医師定着を促進する目的で、「福島県に住む女性が安心して子どもを産み、育み、そして健康な一生を過ごせるための医療支援を行う」をコンセプトに、『ふくしま子ども・女性医療支援センター』を設立。

産婦人科医、小児科医を目指す方、福島でキャリアをスタートしてみませんか?

県外医学生限定!ガイダンス開催

ふくしま子ども・女性医療支援センターでは、県外の医学生を対象に、下記のとおり2日間にわたりガイダンスを実施します。

1日目は、福島県立医科大学附属病院の小児科、産婦人科の医局の説明や病院内を案内。夜の懇親会では現場の若手医師が皆さんの疑問、質問に答えます。

2日目は、場所を相双地域に移し、原発事故による一部帰還困難区域を持つ浪江町を視察。震災からの復興を目指しながら小児科・産婦人科の診療を行っている相双地域の医療現場や病棟を見学。

参加費も宿泊費も無料。交通費は、最大3万円まで支給。
医師として、いつか直面するかもしれない災害復興の現場。この機会に足を運んでみませんか。

イベントの様子

イベント概要
日時 2018年7月23日(月)~7月24日(火) ※1泊2日
集合時間 2018年7月23日(月) 13:00集合
集合場所 リッチモンドホテル福島駅前
福島県福島市三河南町1-15 アクセスはこちら>>
参加対象 福島県外の医学部に在籍されている方
交通費補助 JR福島駅までの往復交通費を3万円を上限に支給
定員/締切 10名 ※2018年7月6日(金)締切
スケジュール

▼1日目:7月23日(月)

13:00 リッチモンドホテル福島駅前 集合
13:00~13:30 福島県立医科大学へ移動
13:35~13:45 ふくしま子ども・女性医療支援センター 説明
13:45~16:45 小児科学講座、産科婦人科学講座 説明
16:45~17:30 福島県立医科大学附属病院 施設見学
17:30~18:00 リッチモンドホテル福島駅前へ移動
19:00~21:00 懇親会
    リッチモンドホテル福島駅前 宿泊

▼2日目:7月24日(火)

8:00 リッチモンドホテル福島駅前 出発
8:30~10:00 浪江町へ移動  ※国道114号線(帰還困難区域通行予定)
10:00~12:00 被災地視察、説明
12:00~13:30 昼食、移動
13:30~14:30 南相馬市立総合病院 見学(病院実情の説明、産婦人科医師による談話他)
14:30~15:00 移動
15:00~16:00 公立相馬総合病院 見学(病院実情の説明、小児科医師による談話他)
16:00~18:00 福島駅へ移動
18:00 解散
お問合わせはこちら
ガイダンスのお申し込みはこちら

ふくしま子ども・女性医療支援センターについて

安心して子どもを産み、育てられる福島県を目指し、女性の一生を通じた健康支援を行う「ふくしま子ども・女性医療支援センター」では、各専門分野のトップレベルの医師による実践教育により、妊娠の前段階から妊娠、出産、子どもの成長、女性の生涯にわたる健康を一貫して支え、子どもと女性の医療に携わる医師の養成を支援しています。充実の設備と環境で最先端の産婦人科学、小児科学を学ぶことができます。



point01

ホルモン補充療法(HRT)外来を附属病院内に立ち上げた水沼センター長。漢方療法との優劣を検証しながら同分野を確立していっています。

point02

発達障害や行動異常がある子どもの早期発見・介入のシステム作りを行う横山教授。学生教育はもちろん、地域の基幹病院でも指導。

point03

生殖医療センターで不妊外来、産婦人科で新患外来を担当する髙橋教授。福島県で生殖内分泌領域の臨床・研究を一緒にやってくれる仲間を募集中!

point04

腹腔鏡手術が得意の鈴木特任講師。産科救急のシミュレーションコースでインス トラクターとして活動。産婦人科の救急疾患についての学生講義も行っています。

point05

産婦人科臨床実習講義において、出生前診断を含めた「臨床遺伝学」の講義を行う福島特任教授。産婦人科遺伝外来において新型出生前診断(NIPT)に関わる遺伝カウンセリングも担当。

point06

H29年4月に県内初設置。救命救急センター・特定集中治療室・学内診療各科と協力しつつ、充実した設備で診療。県内・近隣県の重篤小児緊急ヘリ搬送・PICU医師派遣等も検討中。


センターのご案内はこちら
ガイダンスのお申し込みはこちら
お問合わせはこちら

みらい棟 エントランスホール
福島県立医科大学附属病院では、従来にも増して、
子ども・女性医療に力を入れていきます。

平成28年12月に「ふくしまいのちと未来のメディカルセンター棟(みらい棟)」が完成し、小児科、産婦人科関連診療科が集約され、こども医療センター、総合周産期母子医療センターを中心とした医療体制が整備されました。また、この建物では国内最大規模のRI内用療法施設を備え、がんの早期発見、早期治療を行うほか、救急医療や災害・被ばく医療にも注力し、高度医療サービスの充実を図っていきます。

公立大学法人 福島県立医科大学 ふくしま子ども・女性医療支援センター

〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地
Tel. 024-547-1385 / Fax. 024-547-1386 / e-mail fmccw@fmu.ac.jp