ほどよい都市環境で地域医療・プライマリケアを学ぶ | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 病院群別最新情報 > ほどよい都市環境で地域医療・プライマリケアを学ぶ

ほどよい都市環境で地域医療・プライマリケアを学ぶ

滋賀県の人口は140万人。大阪、京都へのアクセスも良く、2014年の県政調査では県民の約8割が「これからも住み続けたい」と回答。年齢分布が日本の全体平均と近く、Common Diseaseを偏りなく学べる滋賀県で、プライベートも充実させながら研修しませんか?

イベント概要

滋賀県の研修病院

公立甲賀病院 初期 後期

  • 市中病院 滋賀県甲賀市(最寄:水口), 413床

413床の甲賀保健医療圏の中核的病院として急性期医療中心の救急医療、専門医療を提供していますが、国民健康保険の病院でありその理念である地域包括医療・ケア、即ち健康づくり、健(検)診、在宅医療・ケア、訪問リハビリ等についても甲賀・湖南両市の病院、診療所と連携しながら実践しています。従って臨床研修にも適した病院と考えています。最新の医療機器を備えた多職種協働による質の高いチーム医療を提供しております。

  • 市中病院 滋賀県長浜市(最寄:長浜駅), 504床

当院は1次から3次救急まで救急搬送の要請を断ることのない救急病院です。このような病院で常に指導医の元で診療に参加できることと、研修期間中に内科・小児科・外科当直の全てを経験できることが、当院での研修の最大の特徴です。ほとんどの科が救急当直に携わっているため、当院では診療科の垣根が低く非常にアットホームな雰囲気です。 この病院で育ったことを誇りに思える仲間が一人でも増えることを楽しみにしています。

市立長浜病院 初期 後期

  • 市中病院 滋賀県長浜市(最寄:長浜駅), 616床

【研修病院ナビに取材されました!】 研修医の「やってみたい」を病院一丸となってバックアップ! チャレンジ精神を持って地域を支える市立長浜病院 https://career.m3.com/kenshunavi/know-how/pickup/biwa ★当院での初期研修到達目標は、全人的なプライマリケアの知識・技術の修得 ★地域の基幹病院として豊富で幅広い症例数があり、自主性を尊重する自由度の高いプログラムで、急性/回復期から慢性期まで総合的な医療経験が可能 ★平成27年度には医局機能を新設する診療支援棟に移し、勤務環境の改善を図ります ★風光明媚な琵琶湖畔・長浜で充実の研修をしませんか!まずは見学から!見学旅費支給制度もあります。お気軽にご連絡を

滋賀県立総合病院 初期 後期

  • 市中病院 滋賀県守山市(最寄:守山), 535床

●当院はがん・血管病(心疾患・脳血管障害)・認知症などを中心に、超高齢化社会の医療ニーズに応えるため、最新の高度医療を行っています。 ●Common Diseaseの症例も豊富で、プライマリ・ケアから専門医療まで幅広く経験することができます。 ●日々の研修は症例数をこなすのではなく、多彩な症例を1例1例丁寧かつ学術的に学んでいただけます。

大津赤十字病院 初期 後期

  • 市中病院 滋賀県大津市(最寄:上栄町駅), 796床

当院は高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、がん診療連携拠点病院、地域医療支援病院、基幹災害拠点病院、肝疾患診療連携拠点病院としての指定を受けています。さらに、各種学会認定医制度指定研修施設として教育制度が充実し、common diseaseからrare diseaseまで幅広い疾患を多数経験できます。

  • 市中病院 滋賀県東近江市(最寄:八日市), 320床

当院の特徴は内科系全ての専門医が毎朝集まるカンファレンスです。各診療科のカンファと異なり、全ての医師が知っておくべき重要な疾患や薬物副作用の情報を共有したり、またcommon disease診療の均てん化にも役立っています。総合診療医を目指す医師はもちろんのこと、専門医のすそ野を広げる研修ができることが最大の特徴です。 また、国内最大級の病院ネットワークを活かしたセミナーにも参加可能です。

高島市民病院 初期 後期

  • 市中病院 滋賀県高島市(最寄:近江高島駅), 210床

【手厚いサポート体制と研修環境】 病床数210床であるがゆえにできること・・・。それは、診療科の垣根を越えて各指導医・専門医が研修医をサポートできることです。スケジュールに沿って研修を進めながら、興味深い症例や貴重な症例があると、あらゆる場面で、あらゆる診療科から、直ちに声が掛かります。人的にも動的にも密度が高く、小回りの利く環境だからこそのメリットです。

  • 市中病院 滋賀県大津市(最寄:大津), 445床

臨床研修センターを中心に病院を挙げて、若手医師をはじめとする医療人育成強化を推進しています。 毎年9月には研修医と指導医、院長を含む研修管理者が宿泊研修し、よりよい研修環境を求めたコミュニケーションに努めています。 研修医の意欲を最大限に受け止め、希望する研修をプログラム改善に反映させるなど、病院を挙げた熱血研修プログラムを実施しています。

  • 市中病院 滋賀県近江八幡市(最寄:近江八幡), 407床

◆医療圏内の半数以上の救急患者が当センターを受診するため、症例数はもとより、症例報告に値する多くのrare caseを経験できます。 ◆当センターにないもの 1.診療科間の垣根(他科へのコンサルトが容易です) 2.研修医室(研修医も総合医局に自机があり、各科医師への相談が容易) 3.宿舎(官舎がないことでON/OFFが明確になります) 4.コメディカルにNoがありません(本当に仕事がしやすいです)

  • 市中病院 滋賀県栗東市(最寄:手原), 393床

◆三次救命救急を担い、救急車は「 全て受け入れ、断らない 」の方針を貫き、年間約6000台もの救急車受入実績があります。 ◆平成23年からドクターカーを運用!また、平成27年4月からはドクターヘリも運航。 ◆総合内科など細分化された8つの内科と、外科系の豊富な手術症例による質の高い研修を実施しています。 ◆離島研修や過疎地域での地域医療研修も併せて選択可能!地域中核病院として地域の安心に貢献できます。

  • 大学病院 滋賀県大津市(最寄:瀬田駅), 612床

滋賀医科大学医学部附属病院は、高度な医療の提供、地域医療機関との密接な連携や機能分担の推進、高度の医療技術の開発、また地域の病院や診療所と連携して診療を行っています。教育病院として良き医療人の育成に力を注ぎ、数多くの連携病院での研修も可能です。 また、専門医研修では、県下唯一の医育機関であり、19基本領域中、臨床検査と形成外科領域を除く17領域で基幹施設としての研修プログラムを用意しています。

  • 市中病院 滋賀県草津市(最寄:南草津), 719床

当院の特徴は、救急患者が多いため、いわゆるCommon Diseaseを広く経験できるとともに、最新の機器を駆使して診療に従事できるため、研修医から評価を得ている。 医師数は研修医を含めると112名となり、初期研修医に対する教育環境は人的にも設備的にも優れていると自負している。自由度の高いプログラムを組み、将来の専門領域を目指した密度の高い研修を積むことができる。

彦根市立病院 初期 後期

  • 市中病院 滋賀県彦根市(最寄:南彦根), 438床

◆本院は滋賀県湖東地域において、急性期医療の中核病院および災害拠点病院としての役割を担っています。 ◆救急患者数は年々増加しています。研修医の先生方には、救急対応を学ぶべく、救急センターの業務を経験していただいています。救急患者数は約22,000人、救急車受入数は年間約4,100台です。 ◆常勤医師数は現在70名程度ですが、診療科間のコミュニケーションが取りやすく、気楽に他科の医師に相談できます。