後期研修について【日本赤十字社和歌山医療センター】 | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 後期研修について【日本赤十字社和歌山医療センター】

  • 日本赤十字社和歌山医療センター

症例の宝庫!日赤和歌山での後期研修

本センターは、高度救命救急センターを併設した和歌山県の中核病院であり、救急・災害医療への対応、高度な先進医療の提供、地域の病院及び診療所との連携という3つの大きな役割を担っています。

救急・災害医療は和歌山県民から全幅の信頼を得ており、その維持・発展に努めています。

高度な先進医療に対応すべく院内の教育、研修環境を強化し、高度医療をより安心・安全に、速やかに提供し続けています。

したがって、各診療科には先進医療を主導できる優秀な指導医や専門医が揃っており、どの診療科において後期研修を行った場合でも、最先端の高度医療のみならず、最前線の広範な経験を積むことが可能です。

いずれの診療科とも、とにかく症例が豊富であり、初期研修で学んできたプライマリ・ケアについて奥深く、幅広く伸ばすことができ、専門医取得の知識とスキルを身に付けることが可能です。

筒井 一成 副院長
筒井 一成 副院長
(研修プログラム責任者)
研修医の意見を尊重する、自由な臨床研修!

当院は、「症例を多く経験したい」と集まってくれた研修医の期待に応えられる環境だと思います。症例の数も種類も科目問わず豊富で、指導医層も厚い。プログラムごとに責任者を置いているので、細かいところまで目が届くと思います。

そういう意味で、新しい専門医制度に移行しても、必要な症例数を短期間のうちに経験できると考えています。当院は各診療科の垣根が低いため、複数科をローテートできるというような、融通が利く研修プログラムをつくることも難しくないでしょう。研修医が「やりたい」という想いを実現できる環境は整っているので、それをフル活用してくれる人たちに来てほしいですね。

研修医の1日(後期研修編)

より任される範囲が多くなる後期研修。診療の実際や、医局の雰囲気について後期研修医にインタビューしました。

ある1日のスケジュール
(後期研修1年目 泌尿器科部)

後期研修1年目 糖尿病・内分泌内科部

Q. どんなときに成長を実感しますか?

研修医

藤原裕士先生 後期研修1年目 泌尿器科部

わたしの成長度合いに応じて、部長が症例を振り分けてくれるので、任せてもらえる範囲が広がったり、手術の難易度が上がったりすると成長していると感じますね。泌尿器科はわたしを含め7人。経験則に基づく話をしてくれる先生、座学の必要性を説く先生など、いろんなタイプの先生からバランスよく学べていると思います。

当院の泌尿器科は、比較的集まりにくいと言われる小児症例も多いです。経験値を伸ばすことはもちろん、専門医取得のために必要な症例数も早い時期からカバーしやすい。そういう意味でも、恵まれた環境だと感じています。

ある1日のスケジュール
(後期研修2年目 整形外科部)

後期研修1年目 消化器内科部

Q. どんな指導体制ですか?

研修医

松永一宏先生 後期研修2年目 整形外科

整形外科は、いわゆる徒弟制度ではなく、手術の度に今日はA先生、明日はB先生というように、その時々で指導者が変わります。科目によってさまざまなスタンスがあると思いますが、わたしはこの柔軟性がある指導方法がすごく良いと感じています。

手術中は、執刀医の考え方や手技を学べる絶好の場。これからも、いろんな先生と一緒に手術をして、どんどん吸収していきたいですね。整形外科は日々の生活動作に関係のある科目。手術を受けた患者さんが、5年後や10年後も笑って過ごせるような医療を提供できればと思います。