初期研修医について【聖マリア病院】 | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 初期研修医について【聖マリア病院】

初期研修医について
初期研修医について

聖マリアの初期研修

圧倒的な症例が集まる環境で、先進医療から離島医療まで、新生児から高齢患者までの救急・専門診療が可能。オーダーメイドのプログラムであなたに合った臨床研修が受けられます。

初期研修の特徴

圧倒的症例数

自由度の高いプログラム
新専門医制度にも有利な豊富な症例数。初期から3次救急まで幅広い疾患を対象に、専門性・緊急性の高い疾患だけでなく、common diseaseに至るまで経験できます。

マンツーマンの指導体制

マンツーマンの指導体制
初期研修中は、経験豊かな熱意有る指導医がマンツーマンで指導。将来の専門性も考慮し、それぞれの分野を目指すことが出来るようしっかりとサポートします。

ON/OFFはっきりした研修

主体性を重んじる風土
働き方改革を考慮し、研修医のワークライフバランスを考えた効率の良いプログラムを考えています。ON/OFFはっきりした研修の中で、多くの症例を積むことができるよう日々努めています。

研修スケジュール(一例)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急部門 小児科 選択科目
2年次 地域
医療
産婦人
精神科 麻酔科 救急
部門
内科 選択科目
プログラム詳細はこちら

聖マリア病院白書(初期研修医)

▼ 出身大学(初期研修医:平成30年度研修者)
九州大学、久留米大学、福岡大学、佐賀大学、長崎大学、鹿児島大学、琉球大学、山口大学、広島大学、川崎医科大学、熊本大学、大分大学、徳島大学、島根大学、自治医科大学

▼ 初期研修修了後の進路
聖マリア病院、久留米大学病院・九州大学病院等の大学病院、全国の国公私立病院
  • 1年次男女比
  • 2年次男女比
  • 研修医と飲みに行く回数月平均
  • 平均睡眠時間
▼ 職員旅行の行先
(平成28年度)
山口、伊王島、湯布院、指宿、TDR、沖縄、宮古島、石垣島、苗場(スキー)、高野山・伊勢、金沢・能登、岩手・青森、北海道、香港、上海、シンガポール
(平成27年度)
プーケット、アンコールワット、バンコク、セブ島、ハワイ、フィジー、ボルネオ島、パース、モンゴル、沖縄、天草・別府、ハウステンボス、山口、京都、信州、東京ディズニーランド、北海道

※国内がメインの年と海外がメインの年があります。上記行先の中から研修医が行きたい場所を自ら選択します。

初期研修医の声

藤 紘彰先生
藤 紘彰先生
初期研修医2年次(取材当時)

聖マリア病院は救急の強い巨大市中病院です。大きな病院で研修するとcommonはもちろん、rareな疾患や併存疾患の多い症例も経験できます。研修医のときの経験は一生モノです。僕は2年間研修をして、急性期脳梗塞を発症したおばあちゃんを、救急車対応から治療、入院管理、転院調整まで指導医のサポートも受けながら自分が主体となって行いました。医師としてのやりがいを痛感した忘れられない体験です。

出身大学に偏りがなく、同期も多いので、働くストレスは比較的少ないと思います。
またオンオフがはっきりしているのも特徴で、呼び出しのない完全な休日を月8日確保できます。福利厚生面での不満も聞いたことがありません。

渡邉 優征先生
田中 航先生
当院での研修を選んだのは、大学病院クラスの診療科数を有する急性期の総合病院で多くの疾患をファーストタッチから学びたかったからです。

特に1年間通して行う、内科外来とER当直では自分達で鑑別を挙げて検査オーダーと患者説明も行います。自分でやる事で、言い方1つにしてもわからない事が明確になり、そこで上級医の患者説明を聞くと更に勉強になります。また、困ったときは一緒に入っている二年目の先輩や上級医の先生が必ずサポートしてくれます。

そんな現場力が求められる職場で、先輩方の背中を見ながら次は自分達の番だと胸を高鳴らせ、明るい同期と一緒に研修出来るのも当院の魅力だと感じています。
阿南 亨弥先生
長嶋 薫先生
当院は本当に症例数が多く、特に夜勤帯には毎回必ず沢山の学びを得られます。研修医も初期対応をさせていただける分、責任を持って判断する能力が要求されますが、この2年間でここまでさせていただけることはとても貴重な経験だと思います。これから女性医師として働くにあたり様々な局面に遭遇すると思いますが、先輩方の姿をみていても研修医のうちに厳しい環境で多くの経験を積むことで、将来的には少しでも余裕をもって仕事ができるのではないかと感じています。

指導医からの声

古賀 仁士先生
古賀 仁士先生
初期臨床研修プログラム責任者
当院はとにかく症例数が多い研修病院です。初期研修ではゼネラリストとしての力を付けていただくことを重視しており、医師として最初の2年間で数多くの経験を積んでもらえれば、その後の後期研修、専門医としてのキャリアでも必ず役に立ちます。

研修医の働く姿を見学してみませんか?

病院見学を申し込む

初期研修医:採用情報と待遇

研修医宿舎
▲ 研修医宿舎
研修医室
▲ 研修医室
チューター制度
▲ チューター制度
職員旅行
▲ 職員旅行

募集要項

応募資格
医師免許取得見込者でマッチング参加者
募集人数
17名(平成31年度募集人数)
採用予定日
平成31年4月1日
研修期間
2年間
選考方法
面接、小論文、適性検査
出願書類
履歴書(本院指定 応募用紙はこちら) 、卒業見込証明書、成績証明書
出願締切
募集人員が充足しだい
選考日・出願締切日
  選考日 出願締切日
7月30日(月) 7月19日(木)
8月 6日(月) 7月26日(木)
8月20日(月) 8月 9日(木)
8月28日(火) 8月17日(金)
・出願締切は当日消印有効です。
・採用選考時にかかる交通費を支給いたします。(当院規定による)
・書類提出の際、受験希望日(第三希望まで)を履歴書に記入して下さい。
・選考日は調整の上、ご連絡いたします。
※上記選考は終了しました。
出願書類の送付・お問い合わせ先
社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院 臨床・教育・研究本部
〒830-8543 福岡県久留米市津福本町422
Tel. 0942-35-3322(内線2745・2746)
Fax. 0942-34-3065
mail pgr@st-mary-med.or.jp

処遇

身分
研修医(常勤)
研修手当
1年次:約307,300円(月額税込)
2年次:約320,200円(月額税込)
※いずれも時間外手当、夜勤手当等の諸手当別途支給
賞与
勤務時間
08:30~17:00
休日
4週8休制
休暇
有給休暇、特別休暇
社会保険
組合健康保険、雇用保険、厚生年金保険、労災保険
健康管理
健康診断(年2回)
研修医室
宿舎
研修医用宿舎有(2012年3月新築)
家賃:月額28,000円(家電完備、駐車場・ネット回線については別途契約)
その他
  • 学会・研究会(国内・海外を問わず)で発表する際、参加費・旅費などの経費を支給(当院規定による)
  • 救急関連資格取得制度
    BLS:取得必須、ACLS:希望者は取得可能 ※受講料は病院負担
  • 共済会制度
    年に1回の職員旅行(国内・海外旅行)等
  • 医師部会(全体医局会)
    年に2回程度の懇親会
    その他、スポーツ大会の経費補助(野球、テニス、ゴルフ)