専攻医について【聖マリア病院】 | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 専攻医について【聖マリア病院】

聖マリアの専攻医
聖マリアの専攻医

聖マリアの専攻医

圧倒的な症例が集まる環境で、先進医療から離島医療まで、新生児から高齢患者までの救急・専門診療が可能。オーダーメイドのプログラムであなたに合った専門医研修が受けられます。

専攻医指導部長からのメッセージ

靍 知光先生

靍 知光先生
臨床・教育・研究本部長
専攻医指導部長

当院で専門医研修を受けるメリットは三つあります。一つ目は希少疾患にも対応できるようになれる「症例の豊富さ」。二つ目は中小病院、診療所はもちろん、基幹病院も含む「連携先の幅広さ」。三つ目は大学病院とは異なる、「オペするチャンスや手技修得の豊富さ」、です。これからの時代は、ジェネラリスト、外科医ならジェネラルサージャントとしての力が全ての医師に求められます。高齢化社会といわれる現代日本において、複数の疾患を抱える患者さんも珍しくありません。そんな時代だからこそ、幅広い経験と知識を持った専門医になるなら、当院はうってつけです。一方では、スムーズにサブスペシャルティに進む事が容易な専門診療科の豊富さも逆説的な魅力とも言えましょう。多様性のある、そしてワークライフバランスに優れた環境を用意してやる気満々の先生方をお待ちしています。

内科

専攻医の声

深水 友梨恵先生

深水 友梨恵先生
専攻医3年次

期待以上の環境がここにはありました。責任を持たされてきついと思うこともありますが、科目を問わず相談しやすくて、困ったことがあれば何でも聞くことができました。それに、医師だけでなく、看護師や技師の方々も頼もしい方々が多く、本当の意味でチーム医療を学べていると思います。また、ハードな反面、安心して働ける職場だなとつくづく感じます。専攻医になると、女性は結婚や出産・育児と重なることもありますが、周りの先生方は負担を考えながら業務量を調整してくださいます。実際に今妊娠中の先輩がいて、診療部長自ら業務量を考えて仕事を割り振っています。キャリアに悩んだときには相談もしやすくて、これ以上ない職場ですね。

深水先生の1日のスケジュール

  • 午前
  • 午後

指導医の声

田代 英樹先生
田代 英樹先生
循環器内科診療部長
院内だけで数多くの症例を経験でき、ゼネラリスト志向の方も、サブスペシャリティ重視の方も、しっかり学べる場だと自負しています。それだけでなく、プログラム連携先の施設も多様に揃えており、地方中核部から島しょ地域まで幅広く経験できます。10人いれば10人のキャリアがありますから、一人ひとりに合わせて研修ができたらと考えています。最近では女性医師も増えてきており、妊娠・育児中の方には当直・オンコールを外したり、カテーテル室勤務を外したりと配慮するようにしています。せっかく出会った仲間ですから、長い目で協力しあえる関係を築きたいですね。

外科

専攻医の声

三浦 峻先生

三浦 峻先生
専攻医1年次

豊富な症例から経験を得つつ、様々な先輩方から医師としてのあり方、知識などを学べるのが当科の特徴です。また、幅広い診療科の先生と当直ができるため、鑑別を専門科に聞けて視野も広がりますから、すごく楽しいですね。こういう環境はなかなか得がたいと思います。市中病院というと臨床に強いイメージですが、当院では近年アカデミックな分野にも力を入れています。論文を書いている人もおり、学びへの新たなモチベーションにつながっています。

外科専攻医の1日のスケジュール

  • 午前
  • 午後

指導医の声

緒方 俊郎先生
緒方 俊郎先生
外科 診療部長
当院では、年間約900例の豊富な手術症例があり、消化器外科、肝胆膵・移植外科、乳腺外科、呼吸器外科、小児外科、心血管外科、及び救急外科などの幅広い分野で研修ができます。毎年、意欲ある研修医が集まりますが、研修医同士は切磋琢磨し、上級医・専攻医は研修医を指導し、横のつながり、縦のつながりが充実した環境の中で研修できます。女性の方々も存分に活躍できるよう働く環境を整えています。
岩永 彩子先生
岩永 彩子先生
内視鏡外科医長
初期研修時から聖マリアを見てきて、今まさに理想の形態になっていると感じます。ハードでありながら雰囲気は良く、初期研修医は専攻医を見て育ち、専攻医は様々なバックグラウンドを持つ先輩医師から学んでいます。私自身は後輩に、上手い時はすぐ褒め、ダメなときはすぐ注意して、伝わる指導を心掛けています。個人的には、私が女性では珍しい日本内視鏡外科技術認定医を取得しているため、次の女性認定医を育てたいですね。
谷口 雅彦先生
谷口 雅彦先生
移植外科 診療部長
私は当院に来て間もないのですが、チームワークが優れていると感じます。だからこそ、日本で数少ない1000床規模の病院でありながら回転がスムーズですし、社会背景の複雑な患者さんにも専門科と連携して対応しやすいです。臨床医が学ぶ場として、素晴らしい環境だと思います。

救急科

専攻医の声

小出 俊一先生

小出 俊一先生
専攻医3年次

救急患者が多い分、実力は間違いなく付きます。そしてありがたいことに、他科との垣根が低いですから、コンサルトしやすく、各科の考え方も身に付きやすいです。他科との関係が良好なのは、聖マリア病院全体が「救急をみんなで支えよう」と思っていることもありますし、指導医の古賀先生が普段から関係構築に尽力してくださっているおかげです。これは症例数に表れない当科の魅力だと思います。
また、当院は自主性を大事にしたい人には、特におすすめしたいです。初期研修医たちも含めた勉強会を毎週開催したり、国内留学をしたり、といったことを古賀先生に相談して実現できました。当科であれば、臨床スキルだけでなく、救急医としての本当の力が身に付くはずです。

小出先生の1日のスケジュール

  • 午前
  • 午後

指導医の声

大草 貴史先生
古賀 仁士先生
救急科 診療部長
救急は当院が力を入れている分野の一つです。だからこそ当科の専攻医には、その“看板”を背負えるだけの医師になってほしいと考えています。当院であれば数多くの症例に対応して臨床スキルを得てもらうだけでなく、診療科運営のスキルも身につきます。救急科は単独で完結するとは限りません。救急医に必須のスキルと言える、他科・他部門との調整力も身に付けてもらいたいと思います。

小児科

専攻医の声

松下 美由紀先生

松下 美由紀先生
小児科医

医師にとって、伸びしろのある最初の5年間が大事だと感じています。当院の場合、小児科は大学病院ほど指導体制が整っているわけではありませんが、その分、研修医のチャレンジ精神を応援してもらえ、分からないこともどんどん聞けます。トライ&エラーをしてでも新しいことを吸収したい方に嬉しい環境ですね。また、女性医師へのサポートが充実しているのはお伝えしておきたいです。生後3か月から365日預かってくれる院内保育所もあり、周りの先生方も理解がある方々ばかり。私は育児をしながら当院だけで専門医を取得できました。

松下先生の1日のスケジュール

  • 午前
  • 午後

指導医の声

大部 敬三先生
大部 敬三先生
診療統括部門2 副院長
臨床力の基盤となるのは、経験です。重症だけでなく、軽症あるいは健康な子どもを見ることによって形成された正常な子どもの姿が、その後の異常を発見していく基準となります。当院は従来、全科で初期診療~三次医療が行われており、様々な分野において軽症から重症まで、十分なバックアップ体制、充実したコメディカルスタッフの中で経験することができる専門研修に適した病院です。様々な疾患に遭遇すること、よい指導者に巡りあうこと、自分自身が現場に立ち会い、考え、行動すること、そのような環境を提供できるプログラムであることを知って頂きたいです。

2019年度 
専門研修プログラム

※下記の専門研修プログラムPDFは日本専門医機構による二次審査にて承認されたものです。

基幹プログラム
募集要項及び各科の概要
応募申請書
連携プログラム
皮膚 皮膚科専門研修プログラム[久留米大学病院]
精神 精神科専門研修プログラム[久留米大学病院]
産婦 久留米大学病院産婦人科専門研修プログラム[久留米大学病院]
眼科 眼科専門研修プログラム[福岡大学病院]
耳咽 久留米大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科専門研修プログラム[久留米大学病院]
泌尿 久留米・筑後泌尿器科専門研修プログラム[久留米大学病院]
脳外 脳神経外科専門研修プログラム[久留米大学病院]
放射 放射線科専門研修プログラム[九州大学病院]
麻酔 九州大学病院麻酔科専門研修プログラム[九州大学病院]
病理 福岡県久留米大学病院病理専門研修プログラム[久留米大学病院]
臨検 臨床検査専門研修プログラム[九州大学病院]
臨検 臨床検査専門研修プログラム[久留米大学病院]
形外 千葉大学形成外科専門研修プログラム[千葉大学医学部付属病院]
形外 昭和大学形成外科専門研修プログラム[昭和大学病院]
リハ リハビリテーション科専門研修プログラム[久留米大学病院]
リハ リハビリテーション科専門研修プログラム[産業医科大学病院]
総診 総合診療専門研修プログラム[筑後市立病院]
総診 総合診療専門研修プログラム[久留米大学医療センター]
整形 整形外科専門研修プログラム[久留米大学病院]

専攻医:採用情報と待遇

外観
▲ 病院外観
マリア像
▲ マリア像
受付
▲ 病院外来
教会
▲ 院内の教会

採用情報

応募資格
2019年3月初期臨床研修修了見込みの者(既に初期臨床研修を修了された方もご相談に応じます)
募集人員
17名(全てのコースの合計数)
出願書類
専門研修プログラム応募申請書(当院指定の応募用紙はこちら (内科外科救急科小児科))、医師免許証(写)、臨床研修修了登録証(写)もしくは研修修了見込み証明書
選考方法
書類選考および面接
出願締切
※定員になり次第、締め切りますので、お早めにご応募ください。
選考日
日・祝日を除く平日随時
※ご希望の期日を第1希望から第3希望までお伺いし、日程調整の上ご連絡致します。
※採用選考時にかかる交通費は当院規程により支給します。
合否通知
1週間~2週間後に郵送とメールにて通知致します
出願書類の送付・お問い合わせ先
社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア病院 臨床・教育・研究本部 専攻医担当係
〒830-8543 福岡県久留米市津福本町422
Tel. 0942-35-3322(内線2745・2746)
Fax. 0942-34-3065
mail pgr@st-mary-med.or.jp

処遇情報

身分
専攻医(常勤医)
基本給与
約333,100円
(2017年度実績:専攻医1年次の基準内給与月額税込、基本給の他、下記諸手当が支給されます)
手当
家族手当:有
通勤手当:有(公共交通機関使用:最高限度55,000円迄、自家用車:31,600円迄)※自宅から病院までの通勤距離が2km以上に限る
夜勤手当:有
時間外手当:有
住宅手当:有(職員宿舎利用者以外の方)
賞与
年3回 [2017年度実績(年間支給率:基準内給与×4.4ヶ月)]
勤務時間
08:30~17:00
休日
4週8休(日曜、祝日含む)※当院は土曜日も平日勤務体制です。
休暇
有給休暇(初年度10日 最高20日)※勤務年数による、残日数は翌年度のみ繰り越し、特別休暇
社会保険
組合健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生
健康診断(年2回)、職員宿舎、制服貸与、共済会制度、職員旅行(国内、海外)、企業内保育所、永年勤続表彰
退職金制度
支給条件勤続3年以上
その他
学会・研究会等の補助有り(参加費、旅費支給)、英文抄録・論文校正料支給