和歌山研修ネットワークについて | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 和歌山研修ネットワークについて

和歌山県医師臨床連絡協議会

和歌山研修ネットワークとは

大学も市中も○ごと学ぶなら、和歌山研修ネットワーク

高野山、熊野古道といった世界遺産や、関西を代表する観光地の白浜など、山・海に恵まれた和歌山県。そんな和歌山県には、日本初の研修システム「和歌山研修ネットワーク」があります。

医療をとりまく環境が劇的に変化していく中で、変化に対応し長く必要とされる医師は、「総合診療力」・「専門力」・「人間力」の3つを兼ね備えている必要があるという想いから生まれた仕組みが、「和歌山研修ネットワーク」。

しかし、その3つをどうやって身につけるのか。

  • 最新医療・専門症例を学ぶなら大学病院が最適
  • 総合診療力を学ぶなら市中病院が最適
  • 人間力を身につけるなら、様々な環境を経験するしかない

それであれば、全て回れるようにしてしまおうというのが最大の特徴です。

更に、自身の変化や成長に合わせて3か月単位で柔軟に研修プログラムの設計が可能。
研修先、期間、診療科の決定権が研修医にあり、中には、10病院以上回る猛者も!?

和歌山研修ネットワークを始めて生まれたものは「安心」でした。
大学も市中も経験できる「安心」、自身の状況に合わせ変えられる「安心」、人とつながっている「安心」。

そんな和歌山県で、思う存分研修をしてみませんか。

イメージ

4つの特徴

Point 1
県内全ての基幹型臨床研修病院で研修可能

  • 必修部分を除く期間の研修病院、診療科を自由に選択できます。
  • ※厚生労働省のルールとして、研修期間2年間のうち通算8ヶ月以上は、原則、採用病院で研修する必要があります。
  • 病院によっては必修部分の選択もできます。
  • 採用病院にない診療科の研修ができます。
  • これまで通り、採用病院で2年間研修することもできます。
  • 採用病院にしかない独自の協力型研修病院、研修協力施設もあります。
 県内全ての基幹型臨床研修病院で研修可能

Point 2
地域医療から専門・高度医療まで研修可能

  • 大学病院、市中病院の中から研修先を自由に選択できます。
 地域医療から専門・高度医療まで研修可能

Point 3
3ヶ月毎に1ヶ月単位で研修科の選択が可能

  • 採用から4ヶ月目以降であれば、3ヶ月毎にローテート科を1ヶ月単位で選択できるため、興味のある診療科が変わっても柔軟に対応できます。
  • 採用病院を除き、同じ病院での研修は連続して3ヶ月までとなります。決定方法についてはこちらをご覧ください。
3ヶ月毎に1ヶ月単位で研修科の選択が可能

Point 4
充実の研修医支援体制

  • 採用病院のプログラム責任者が、到達目標を達成できるよう責任を持って、助言、指導、サポートを行います。
  • 採用病院以外の研修医とも一緒に研修できます。
  • 採用病院以外での研修中も所属は採用病院のままなので、研修先変更に伴う手続きは最小限で済みます。給与は2年間を通じ、採用病院から支払われます。
  • 採用病院以外での研修中の宿舎についても、研修先病院が相談に乗ります。
 豊富な学びの場で

動画「5分でわかる和歌山研修ネットワーク」

ローテート例

<採用病院で多く研修する場合>
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 診療科 内科 外科 救急科
病院名 採用病院
2年次 診療科 精神科 小児科 消化器内科 心臓血管外科 地域医療 循環器内科 高度救命救急センター
病院名 A病院 B病院 採用病院 協力施設 採用病院 A病院

<和歌山研修ネットワーク参加病院で多く研修する場合>
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 診療科 内科 外科 小児科 麻酔科
病院名 採用病院 B病院 A病院
2年次 診療科 精神科 循環器内科 高度救命救急センター 地域医療 脳神経外科 心臓血管外科
病院名 協力型
病院
B病院 A病院 協力施設 C病院 A病院
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 診療科 内科 麻酔科 救急科 内科
病院名 採用病院 C病院 採用病院 C病院
2年次 診療科 呼吸器外科 外科 循環器内科 整形外科 地域医療 内科
病院名 D病院 E病院 F病院 C病院 協力施設 G病院

研修診療科の決定方法

採用病院以外(独自の協力型病院・協力施設は除く)で研修を受ける場合は、研修を開始する約2ヶ月前から、3ヶ月毎に決定手続きを開始します。
7月から9月の研修先を4月下旬から決定し始めるイメージです。

Step 1受入可能な診療科リストが採用病院から提示されます。

Step 2「和歌山研修ネットワーク」参加病院内で研修を受けたい場合のみ、希望診療科を採用病院に提出。

Step 3採用病院から結果が伝えられます。

※希望する診療科が他の研修医と重複した場合は採用病院と話し合い上、まだ空いている診療科、または採用病院の中から決定します。

和歌山ってこんなところ

太平洋に面した温暖な気候

特徴1

県北部と南部では温度差があるものの、 黒潮の影響を受け、平均気温は16度ほどと温暖です。

大阪・関西空港へ好アクセス

特徴2

大阪に隣接する和歌山県は、JRで和歌山駅~新大阪駅間が約1時間。関西空港にも程近く、バスで40分ほどでアクセスできます。※

海と山に恵まれレジャーも身近

特徴3

世界遺産の熊野古道をはじめ、関西を代表する白良浜のビーチ、伊勢エビやクエなどの豊富な海の幸や温泉など、1年を通じて楽しめます。※

参加病院

和歌山県の研修病院
  • 市中病院 和歌山県御坊市(最寄:紀伊御坊駅), 400床

【病院見学随時募集中】 郡部の中・小規模病院の良さである「各部・科の敷居が低い」事は当院も同様です。様々なスタッフとの距離が近く、誰にも遠慮することなくのびのびと研修出来る環境を是非一度見に来て下さい。 【最寄り駅から徒歩3分の好立地】 ”日本一短い単線鉄道「紀州鉄道」”紀伊御坊駅から徒歩3分 ​​▽大学も市中もマルごと学ぶ『和歌山研修ネットワーク』はこちら▽ http://goo.gl/Fr3Y2o

和歌山生協病院

初期 後期
  • 市中病院 和歌山県和歌山市(最寄:紀伊中ノ島), 149床

中小病院での研修に不安を感じる方もいると思います。当院の実績では、厚労省の定める経験すべき症例、手技とも充分に到達しています。研修の到達をあげるためには、数ではなく、プロセスが最も大事です。先輩医師から標準的な医療を学ぶこと。指導医との対話の中で、研修医が学習を深めることが重要です。中小病院だからこそ、研修医の到達に応じた指導が行えます。また、指導医の熱意は、どこにも負けないと自負しています。 ▽大学も市中もマルごと学ぶ『和歌山研修ネットワーク』はこちら▽ http://goo.gl/Fr3Y2o

  • 市中病院 和歌山県和歌山市(最寄:和歌山駅), 873床

24時間体制の救命救急センターを併設し、がん診療連携拠点病院であるため、高度先進医療に豊富な実績を持ち、地域の基幹病院としての役割を担っています。いずれの診療科とも、症例が豊富であり、プライマリ・ケアについて幅広く知識、技術を伸ばすことが可能です。 ▼「m3.com研修病院ナビ」に取材されました https://career.m3.com/kenshunavi/know-how/pickup/nisseki-w ▼初期研修、後期研修についてはこちら https://career.m3.com/kenshunavi/official/nisseki-w/top ▼「和歌山研修ネットワーク」についてはこちら▼ https://career.m3.com/kenshunavi/official/wakayama/about

橋本市民病院

初期 後期
  • 市中病院 和歌山県橋本市(最寄:林間田園都市駅), 300床

 悪性腫瘍をはじめ脳血管障害、循環器疾患対策にも積極的に取り組み、地域がん診療連携拠点病院の役割を果たすのみならず、心蔵血管外科を加えた循環器センターを設立し高度医療の推進を図っています。救急医療では近隣病院と病院群輪番制を敷き、県からは災害拠点病院に指定されています。総合内科では積極的に若手医師、研修医向けの研修も計画・実施されています。 ▽「和歌山研修ネットワーク」についてはこちら▽ https://career.m3.com/kenshunavi/official/wakayama/about

  • 市中病院 和歌山県田辺市(最寄:紀伊田辺駅), 316床

地域で医療を可能な限り完結するために超急性期医療から最新がん治療、終末期医療までを高い質を持って行うことが必要です。また、当センターの規模だからこそ、それが一目で見渡せる絶好の環境であるといえます。研修する上では、均質な症例を数多くこなすことも一つの方法ですが、どんな患者でも、初診から退院までかかわり続けられる当センターのような施設での研修も1つの理想ともいえます。自分の経験している症例をしっかり検討するために、診療科を超えた医師と気軽にディスカッションできるのも、魅力の一つであるといえます。目の前の患者さんに正面から全力で向き合える貴方と、一緒に働けるのを心待ちにしております。 ▼「和歌山研修ネットワーク」についてはこちら▼ https://career.m3.com/kenshunavi/official/wakayama/about

  • 大学病院 和歌山県和歌山市(最寄:紀三井寺駅), 800床

【「研修病院ナビ」に取材されました!】 http://bit.ly/1NUNPMP ◆ “これからの時代に求められる医師像”という視点から始まった“和歌山研修ネットワーク”とは!? ◆ “たすきがけ”ではわからない複数病院での研修のメリットとは!? ◆ 全国7位の高度救命救急センターの魅力とは!? 【見学費用補助制度有!】 大学も市中も海外有名病院も経験できる和歌山研修ネットワーク 来れば“たすきがけ”との違いがわかります ​​▽お問い合わせはこちら▽ http://bit.ly/1qbp7dp ▼「和歌山研修ネットワーク」についてはこちら▼ https://career.m3.com/kenshunavi/official/wakayama/about

  • 市中病院 和歌山県和歌山市(最寄:八幡前駅), 303床

300床規模の病院ながら医師の数は約70人いて、標榜する科が揃っており、また科同士の垣根も低いので、相談や他科紹介等がやりやすく、フィードバックも得やすいという点は大きなメリットだと感じます。また、管理型研修医の募集人数は少ないですが、和歌山県立医大や神戸労災病院からの研修医も数か月単位で研修に来られるので、互いに知識、進路等の相談・雑談が出来るので、よい研修生活が送れると思います。 ▽大学も市中もマルごと学ぶ『和歌山研修ネットワーク』はこちら▽ http://goo.gl/Fr3Y2o

紀南病院

初期 後期
  • 市中病院 和歌山県田辺市(最寄:紀伊田辺駅), 356床

・初期研修期間で主治医として患者と積極的に携わりたい! ・簡単な検査から、内視鏡や心臓カテーテルといった高度な検査手技まで幅広く経験したい! ・手術では、様々な手術に助手として参加したい。初歩的な手術なら執刀医も経験したい! ・学会報告も積極的にしたい! ・指導医、研修医垣根なく交流したい! こんな研修をしたい方は是非お越し下さい!! ▽大学も市中もマルごと学ぶ『和歌山研修ネットワーク』はこちら▽ http://goo.gl/Fr3Y2o

  • 市中病院 和歌山県新宮市(最寄:紀伊佐野駅), 304床

高齢者人口、特に後期高齢者人口が急激に増加する2025年を目途に、医療制度の改変が始まっています。対高齢者医療は慢性疾患、基礎疾患を多く抱える患者さんが対象ですから、その急性期病態に対してはより高度でバランスを考えた治療が必要であり、急性期を脱した後の対処にも、常に地域医療連携を念頭に置く必要があります。すでに高い高齢化率を示す新宮医療圏の中核病院として、本院はこの問題に取り組んでいます。 【大学も市中も◯ごと学ぶなら、和歌山研修ネットワーク】 http://bit.ly/1du1mgQ

このページに関するお問い合わせ

和歌山県 福祉保健部 健康局 医務課
〒640-8585 和歌山市小松原通1-1
 Tel. 073-441-2610  Fax. 073-424-0425
 e0501001@pref.wakayama.lg.jp