病院クチコミナビ

ログイン 会員登録

  1. m3.com 病院クチコミナビトップ
  2. 検索結果
  3. 病院情報

堺市立総合医療センター

【 平成27年7月に『堺市立総合医療センター』として生まれ変わりました 】
昨年7月に救命救急センターを備えた堺市立総合医療センターとして新たなスタートを切り、市で初めての三次救急を担う救命救急センターを備えるとともに、地域医療支援病院、災害拠点病院、感染症指定医療機関、地域がん診療連携拠点病院としての役割を担います。
また、年間入院数は約1500-1800例と症例数も多いため、専門性の高い症例を積みたい先生にはオススメの環境です。

【 女性医師にもおすすめ 】
小学校入学までの子育て中の医師、看護師については、勤務時間を短縮するなどして、概ね30時間程度勤務すれば職員として雇用しています。
医師、看護師、保育士、HPSや検査技師等とのチーム医療を実践し、こどものtotal careを重視。
地域の保険医療機関と協力し、子育ての悩み相談にも応じるなど、成長発育を支援しています。

【 募集科目 】
◆ 小児科
◆ 麻酔科

興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

この病院に直接問い合わせする

求人・募集情報

募集科目について

≪診療科の特徴≫

「世界標準」の麻酔・集中治療を目指しています。侵襲度の高い気管挿管や中心静脈カテーテル留置などの処置は最新の医療機器を駆使して視覚化をはかり、可能な限り安全確実に行っております。また、術中は最新の麻酔器およびモニターを使用して患者さんの全身状態を常に監視しています。

週1日ハイリスク麻酔術前外来を開いて関連各科や呼吸リハビリチーム、周術期管理チームと連携しながら手術前から合併症の管理や禁煙指導を行い、高齢の患者さんや循環器・呼吸器合併症を持つ患者さんでもスムースに手術を受けていただけるように努力しています。

上記のようなハイリスク症例や大手術の術後は集中治療部にて主科と協力して管理を行います。平日朝8時30分から申し送りと回診を行い、スタッフ全員でディスカッションしながらエビデンスに基づいた高度な周術期管理を提供しています。

≪麻酔件数・対応疾患≫

◆ 全身麻酔: 2,133件

◆ 腰椎麻酔: 688件

◆ 局所麻酔: 1,323件

手術室で行われる外科系各科手術の麻酔管理を行っています。腰椎麻酔・伝達麻酔症例は原則として各科で管理していますが、ハイリスク症例はコンサルトし、麻酔科で管理しています。また、開腹・開胸手術では全身麻酔と併用する硬膜外麻酔により術中から積極的に鎮痛をはかり、術後はできる限り早期に離床・リハビリを開始できるように心がけています。

≪医師体制≫

◆ 常勤医師:5名

◆ 非常勤医師:1名

学閥無く、風通しの良い環境でご勤務いただけます

≪麻酔科HP≫
この病院に直接問い合わせする

福利厚生

研究/学術活動支援
[学会参加支援制度]
◆ 回数:年1回まで 
◆ 1泊11,000円
※発表者の場合は3回まで(出張扱い)

[認定指導施設一覧]
日本小児科学会小児科専門医研修施設、日本麻酔科学会麻酔指導病院、日本病理学会認定病院B、日本血液学会認定医研修施設、日本内科学会認定医制度教育病院、日本消化器病学会認定医制度認定施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設、日本呼吸器学会認定施設、日本腎臓学会研修施設、日本リウマチ学会認定教育施設、日本糖尿病学会教育研修認定施設、日本透析医学会専門医制度教育関連施設、日本脳神経外科学会専門医訓練施設、他
各種保険
◆ 扶養手当  : 有
◆ 退職金制度 : 有
◆ 時間外手当 : 有
◆ 交通費支給 : 有
◆ その他 : 賞与年2回(6月、12月) 
福利厚生
[宿舎]
◆ 住宅補助:有(賃貸の場合27,000円)
◆ 職員宿舎(単身用):有(家賃25,000円)

病院データ

所在地 〒593-8304 大阪府堺市西区家原寺町1-1-1 地図で表示
交通機関 JR阪和線 津久野駅 徒歩約5分
ウェブサイト http://www.sakai-city-hospital.jp/
区分/病床数 一般病床数 480床 感染病床数 7床
標榜診療科
内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/腎臓・代謝内科/血液内科/神経内科/外科/心臓血管外科/消化器外科/乳腺・内分泌外科/呼吸器外科/脳神経外科/整形外科/形成外科/産婦人科/小児科/眼科/耳鼻咽喉科/頭頸部外科/皮膚科/泌尿器科/歯科口腔外科/放射線治療科/放射線診断科/麻酔科/臨床検査科/病理診断科/リハビリテーション科/救急科
経営体 地方独立行政法人 堺市立病院機構
指定・認定 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院 災害拠点指定病院
救急告示 二次救急
医療機能 急性期
主な設備
内視鏡、腹腔鏡、胸腔鏡、血管連続撮影、3D-CT、SPECT、MRI、骨塩定量、マンモ、エコー、X線テレビ、カラードップラー、デジタルラジオグラフィー、自動血液ガス分析、自動血球計数、自動生化学分析、トレッドミル、ホルター心電計、心電図モニター、呼吸機能検査、眼底カメラ、人工呼吸器、除細動器、ESWL、リニアック、IABP、PTCA、透析、マイクロサージャリー
この病院に直接問い合わせする