病院クチコミナビ

ログイン 会員登録

  1. m3.com 病院クチコミナビトップ
  2. 上尾中央総合病院採用サイト 救急×総合診療
  • 全国で活躍する総合診療科医を、ここから

救急総合診療科

2011年の救急科の設立以来、
当院は救急体制の充実と、対応件数の伸長を図ってきました。

救急総合診療科では米国型ERシステムを導入し、
年間9,000件以上の救急搬送と、
1万4,000件以上の救急外来に対応しています。

救急総合診療科の働き方

救急総合診療科の体制

救急総合診療科の体制

当院の救急総合診療科では、救急部門と総合診療部門の分業・協力体制が確立されています。救急部門は救急車対応を中心としたERに特化し、総合診療は救急外来と救急患者の病棟管理に特化する。一つの診療科でありながら、救急対応から退院までシームレスに連携することで、より多くの患者さんを効率良く治療しています。

働き方改革を推進

働き方改革を推進

基幹病院としての医療機能・医師体制が充実していく中で、体制を維持していく取り組みも必要になってきます。そこで、当院では医師が長く働けるように、働き方改革を進めています。救急では日勤と夜勤での二交代制の勤務体制を導入。交代のローテーションや当直の頻度は医師の希望をもとに決めています。また、平日(1日)と土曜日の午後、日曜日はお休みであり、夏季・年末年始休暇の取得もスムーズに行えるように、非常勤医によるカバー体制も確立しています。

総合診療部門 部門科長から

総合診療部門 部門科長から

当科であれば、集中治療からターミナルまで、幅広く手掛けることができます。特に総合診療科は救急に近い総合診療科となりますので、外傷や重度の敗血症の集中治療管理を担当することもあり、また時には誤嚥性肺炎を繰り返す患者さんやがんのターミナルの患者さんを診ることもあります。専門科に捉われず診ていくため、間違いなくジェネラリストとしての力が身に付けられますよ。 総合診療部門部門科長 鶴将司 先生

様々な医師にチャンスがある

当院の救急総合診療科では、どのような医師であっても、
キャリアパスの実現をあきらめる必要はありません。
転科を希望する医師も、指導医としての活躍のフィールドを探している医師も、子育てとの両立を実現したい医師も、
救急総合診療科では叶えることができます。

救急総合診療科の
1日のスケジュール

  • 8:00 - 10:00

    新患/入院患者のカルテチェック及び指導、病棟回診

    専攻医・初期臨床研修医より患者の診療や処置について相談が入り、随時対応しています。 専攻医が初期臨床研修医の指導も行い、総合診療科全体でフォローできる体制を構築しています。

    新患/入院患者のカルテチェック及び指導、病棟回診
  • 10:00 - 12:00

    総合診療科カンファレンス ※毎週水曜日:多職種カンファレンス

    専攻医・初期臨床研修医による患者の診療方針・状態を確認し、随時指導を行っています。 また、当院見学者(初期臨床研修医や医学生など)の受入れ対応も行います。

    総合診療科カンファレンス ※毎週水曜日:多職種カンファレンス
  • 12:00

    昼食

    院内の食堂やタリーズを利用しています。

    昼食
    13:00 - 17:00

    病棟回診、専攻医・初期臨床研修医指導

    その他 総合診療科データ及び書類作成(マネジメント業務) ※外来は、週2コマ程度

    病棟回診、専攻医・初期臨床研修医指導

病院見学も随時歓迎!

連絡・お問合せ先
〒362-8588 埼玉県上尾市柏座1-10-10
医療法人社団 愛友会 上尾中央総合病院
採用担当:事務管理室 事務部長代理 加藤 守史
TEL. 048-773-1111 FAX. 048-773-2952
ENTRYはコチラ

指導医としてこれまでの経験を活かしたい医師