ゴリラクリニックキービジュアル

男性美容医療のパイオニアとして、
市場を創造し、広げていく。

今までなかった男性美容の市場を創り上げ、シェアを拡大する──
そのパイオニアとなるのがゴリラクリニック。

社内に広報戦略のプロ集団を有し、イメージキャラクターを使っての
広告企画や芸能人を起用したマーケティング戦略で、
男性美容の潜在ニーズを発掘。
設立からわずか4年で9つのクリニックを展開し、急成長を遂げています。

ゴリラクリニックの成長は止まりません。
スピーディーなクリニック展開で日本全国へと拡大し、
男性美容のパイオニアとして確固たる地位の確立を目指します。
そのビジョン実現のコアとなるのは、やはり医師の存在。
私たちとともに、新しい歴史をつくっていきませんか?

FEATURES 特徴 私たちに“遠慮”はいらない

私たちと共に働く上で遠慮はいりません。
あなたが理想の姿にいち早く近づくための環境作りを心がけています。

  • 未経験でも年収2,000万円

    未経験でも年収2,000万円

  • 院長就任のチャンスも豊富

    院長就任のチャンスも豊富

  • 多様な働き方を選択可能

    多様な働き方を選択可能

BUSINESS
事業

ゴリラクリニックが成長する理由は
“ブランディング戦略”にあり

ゴリラクリニックを一言で表すならば、
まさに「急成長」という言葉がふさわしいでしょう。
現在は関東エリアや関西エリア、九州エリアの一部に展開していますが、
今後は千葉県柏院や広島院といった既存エリアでの拡大と共に、
仙台院や札幌院といった東北エリアへの進出もすでに決まっています。

そんなゴリラクリニックの急成長を支えているのは
当法人が誇る圧倒的な「ブランディング戦略」。
この緻密な戦略があるからこそ、
ゴリラクリニックは急成長を続けていくことが出来るのです。

  • ブランドイメージは“VIPが通うクリニック”

    ブランドイメージは
    “VIPが通うクリニック”

    患者様に非日常的なVIP感覚を味わっていただくために、展開するクリニックの受付や待合室の内装をシックな雰囲気で統一しています。
    提供する医療サービスはハイレベルであり、料金は業界内でも高水準。
    「選ばれた人だけが通える美容クリニック」としてブランドイメージを確立しています。

  • インパクトのあるイメージキャラクターを起用

    インパクトのある
    イメージキャラクターを起用

    クリニックのホームページやバナー広告には、オリジナルキャラクターである“Dr.ゴリラ”を起用。印象に残るようなインパクトのあるデザインに仕上げているだけでなく、SNSでの拡散を狙い、各クリニックの壁画にはその地のシンボルとDr.ゴリラを描いています。
    治療内容の高さだけに頼らず、クリニックの認知度を広げる仕掛けをあらゆる方面に散りばめることで、効率の良い集患の仕組みを築いています。

  • 体験動画を堂々と掲載

    体験動画を堂々と掲載

    ゴリラクリニックでは、男性美容の市場を創り上げることに加え、男性が恥ずかしく感じることなく美容クリニックに通える文化創出を目指しています。
    ホームページ上で、芸能人や起業家、アスリートがゴリラ脱毛を体験する動画を多数公開。通院の敷居が高くなりがちな美容クリニックのイメージ払拭に力を入れています。

MESSAGE メッセージ 総院長からあなたへ

ゴリラクリニック 総院長 稲見 文彦

ゴリラクリニック 総院長
稲見 文彦

ゴリラクリニックを立ち上げたきっかけは、総合美容クリニック時代に待合室で一緒になった男性と女性が気まずい思いをしていることに気づいたことです。そこで、男性も恥ずかしい思いをすることなく通えるようにしたい、という思いから男性部門を独立させました。

男性専門のクリニックになりますので、患者さまはすべて男性。その約8割はヒゲを中心とした脱毛、残りがAGA、スキンケアなどであり、高度な技術が求められるわけではありません。美容外科・美容皮膚科の経験は問いません。

ゴリラクリニックで必要なのは、コミュニケーション能力とホスピタリティです。患者様が何に悩み、どのようになりたくてゴリラクリニックを訪ねてきたのか、本質を探り満足度の高い治療を施すためには丁寧な対話が欠かせません。患者さまの気持ちを理解し、共に最善の策を探るために全力を尽くせる先生にぜひお越しいただきたいと考えています。

    出張面談・ビデオ通話での面談も
    ご相談可能です


    採用に関するお問合せ先

    03-5291-5270

    (月~金曜 10:00~19:00)

  • 募集情報
  • クリニック見学

ENTRY