チームの力で、質の高い医療・医師の働きやすさを実現 チームの力で、質の高い医療・医師の働きやすさを実現

診療科の特徴

いばらき診療所とうかいでは、東海村エリアでの訪問診療を行っています。
現在、2名の常勤医と3名の非常勤医で診療にあたっています。

【訪問診療の体制】
◆ 訪問件数:個人宅であれば1日10名程、施設の場合は1日20名程になります。
◆ 患者層:主にご高齢の患者様になります。
◆ 同行者:1名のメディカルソーシャルワーカーが同行します。

スケジュール管理や患者ご家族やケアマネージャーとの調整など、 医療行為以外の対応は医療調整部が行いますので、医師は治療に集中できる体制となっています。

◆ オンコール対応:主に非常勤の医師にご対応いただき、常勤の医師の負担を減らしています。
オンコールの頻度は1回/週(夜間)、1回/月(土曜日または日曜日) 程度になります。

また、ファーストコールは看護師またはメディカルソーシャルワーカーが対応しますので、 先生はご自宅または宿泊先で待機していただきます。

理事長メッセージ

今後は暖簾分けみたいな形でもよいので、いばらき会の培ったノウハウが色々な地域に広げていきたいと考えていますので、 開業支援についても必要があれば実施しています。もうすでに、いばらき会で働いていた医師が東京や埼玉で在宅医療のクリニックを立ち上げた実績もありますので、 当院で勉強して開業したいと考えている先生も相談して欲しいですね。

また、いばらき会では厚労省のスタッフもビックリするくらいの患者を抱えていますし、 自治医大の後期研修の施設にもなっていますので、診療面で研鑽を積みたい方には良い環境だと思います。非常勤でのお試し勤務でもよいです。 興味のある方には是非いばらき会に来ていただきたいですね。

《理事長・照沼秀也先生》

勤務概要

  • ◆ 実際の働き方

     
    AM 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 休み 休み
    PM 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 休み 休み
    夜間 休み 自宅待機 休み 休み 休み 休み 休み

    メディカルソーシャルワーカー(在宅専門の事務スタッフ)と共に訪問診療をお願いします。
    看護師の対応が必要な場合は、同法人の訪問診療ステーションのスタッフが対応いたします。
    ※看護師は各地区当番を決め、訪問体制を整えております。

  • ◆ 診療体制

    ・ 常勤: 2名
    ・ 常勤出身大学: 自治医科大学/日本大学
    ・ 常勤年齢構成: 30代~50代
    ・ 非常勤: 3名
    ・ 非常勤 年齢構成: 30代~50代
    ・ スタッフ構成:メディカルソーシャルワーカー 4名/訪問看護師 8名/看護師 3名/作業療法士 2名 ケアマネージャー 4名/管理栄養士 1名

  • ◆ 主な疾患

    ・悪性腫瘍や末期悪性腫瘍
    ・脳血管障害後遺症
    ・筋委縮性側索硬化症
    ・認知症
    ・高血圧、高脂血症、糖尿病などの内科系疾患
    ・褥瘡
    ・その他の疾病、難病等

勤務要項

訪問診療 10コマ/週
受診者数 10名程度/日(個人宅の場合)、20名程度/日(施設の場合)
想定年収 1,800万円~(週5日勤務の場合) ※ご経験等によりご相談の上決定いたします
勤務日数 5日/週 ※週3.5日勤務からご相談可能
勤務時間 全日8:30~17:30
休日 土曜日、日曜日、祝日
休暇 有給休暇は就任半年後に10日付与、季節休暇 3日(夏期休暇、8/13~8/15)年末年始休暇 6日(12/29~1/3)
オンコール 1回/週(夜間)、1回/月(土曜日または日曜日)
当直 あり
エントリーはコチラから エントリーはコチラから

診療科の特徴

いばらき診療所みとでは、水戸市エリアでの訪問診療を行っています。
現在、3名の常勤医と3名の非常勤医で診療にあたっています。

【訪問診療の体制】
◆ 訪問件数:個人宅であれば1日10名程、施設の場合は1日20名程になります。
◆ 患者層:主にご高齢の患者様になります。
◆ 同行者:1名のメディカルソーシャルワーカーが同行します。

スケジュール管理や患者ご家族やケアマネージャーとの調整など、 医療行為以外の対応は医療調整部が行いますので、医師は治療に集中できる体制となっています。

◆ オンコール対応:主に非常勤の医師にご対応いただき、常勤の医師の負担を減らしています。
オンコールの頻度は1回/週(夜間)、1回/月(土曜日または日曜日) 程度になります。

また、ファーストコールは看護師またはメディカルソーシャルワーカーが対応しますので、 先生はご自宅または宿泊先で待機していただきます。

理事長メッセージ

今後は暖簾分けみたいな形でもよいので、いばらき会の培ったノウハウが色々な地域に広げていきたいと考えていますので、 開業支援についても必要があれば実施しています。もうすでに、いばらき会で働いていた医師が東京や埼玉で在宅医療のクリニックを立ち上げた実績もありますので、 当院で勉強して開業したいと考えている先生も相談して欲しいですね。

また、いばらき会では厚労省のスタッフもビックリするくらいの患者を抱えていますし、 自治医大の後期研修の施設にもなっていますので、診療面で研鑽を積みたい方には良い環境だと思います。非常勤でのお試し勤務でもよいです。 興味のある方には是非いばらき会に来ていただきたいですね。

《理事長・照沼秀也先生》

勤務概要

  • ◆ 実際の働き方

     
    AM 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 休み 休み
    PM 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 休み 休み
    夜間 休み 自宅待機 休み 休み 休み 休み 休み

    メディカルソーシャルワーカー(在宅専門の事務スタッフ)と共に訪問診療をお願いします。
    看護師の対応が必要な場合は、同法人の訪問診療ステーションのスタッフが対応いたします。
    ※看護師は各地区当番を決め、訪問体制を整えております。

  • ◆ 診療体制

    ・ 常勤: 3名
    ・ 常勤出身大学: 慶應義塾大学/東海大学
    ・ 常勤年齢構成: 40代~60代
    ・ 非常勤: 3名
    ・ 非常勤 年齢構成: 30代~50代
    ・ スタッフ構成:メディカルソーシャルワーカー 8名/訪問看護師 8名/

  • ◆ 主な疾患

    ・悪性腫瘍や末期悪性腫瘍
    ・脳血管障害後遺症
    ・筋委縮性側索硬化症
    ・認知症
    ・高血圧、高脂血症、糖尿病などの内科系疾患
    ・褥瘡
    ・その他の疾病、難病等

勤務要項

訪問診療 10コマ/週
受診者数 10名程度/日(個人宅の場合)、20名程度/日(施設の場合)
想定年収 1,800万円~(週5日勤務の場合) ※ご経験等によりご相談の上決定いたします
勤務日数 5日/週 ※週3.5日勤務からご相談可能
勤務時間 全日8:30~17:30
休日 土曜日、日曜日、祝日
休暇 有給休暇は就任半年後に10日付与、季節休暇 3日(夏期休暇、8/13~8/15)年末年始休暇 6日(12/29~1/3)
オンコール 1回/週(夜間)、1回/月(土曜日または日曜日)
当直 あり
エントリーはコチラから エントリーはコチラから

福利厚生

研究/学術活動支援
  • ◆ 学会への出席費用は法人負担(国内)
各種保険
  • ◇ 公的医療保険:健康保険組合 
  • ◇ 公的年金保険: 厚生年金 
  • ◇ 労働者災害補償保険法の適用:有 
  • ◇ 国家・地方公務員災害補償法の適用:無 
  • ◇ 雇用保険:有 
  • ◇ 医師賠償責任保険:有
その他・待遇
  • ◆ 住宅手当(10万円まで)
  • ◆ 交通費全額実費支給 
  • ◆ マイカー通勤可(無料駐車場有)

診療所データ

所在地 【いばらき診療所とうかい】〒319-1102 茨城県東海村石神内宿1724-1
【いばらき診療所みと】〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1丁目3-34 第一会計ビル2F
アクセス 【いばらき診療所とうかい】JR常磐線 「東海駅」より車で7分
【いばらき診療所みと】JR常磐線「水戸駅」より車で7分
ウェブサイト http://www.ibc.or.jp/
標榜診療科 内科 外科 リハビリテーション科
経営体 医療法人社団 いばらき会
在籍医師数 29名(常勤14名、非常勤15名)
主な設備
  • ポータブルX線撮影装置
  • ポータブル超音波診断装置
所在地 〒319-1102 茨城県東海村石神内宿1724-1
アクセス JR常磐線 「東海駅」より車で7分
ウェブサイト http://www.ibc.or.jp/tokai/index.html
標榜診療科 内科 外科 リハビリテーション科
経営体 医療法人社団 いばらき会
在籍医師数 5名(常勤2名、非常勤3名)
主な設備
  • ポータブルX線撮影装置
  • ポータブル超音波診断装置
所在地 〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1丁目3-34 第一会計ビル2F
アクセス JR常磐線「水戸駅」より車で7分
ウェブサイト http://www.ibc.or.jp/mito/index.html
標榜診療科 内科 外科 リハビリテーション科
経営体 医療法人社団 いばらき会
在籍医師数 6名(常勤3名、非常勤3名)
主な設備
  • ポータブルX線撮影装置
  • ポータブル超音波診断装置
エントリーはコチラから エントリーはコチラから