浴風会病院医師採用サイト 浴風会病院医師採用サイト

私達は今、
変わろうとしています。

私たち浴風会病院は、関東大震災が発生した1923年以来、
老年医学発祥の地として約100年間にわたる高齢者医療の歴史を築いてきました。
全国最多の高齢者人口を抱える昨今の東京都において、
「患者様のためになる医療」という変わらぬ価値を提供し続けるために—
2014年には地域包括ケア病棟と回復期リハビリテーション病棟を備えた新病院を新たに構え、
長い歴史にとらわれることなく、時代のニーズに合わせて変化していける病院を目指します。

浴風会のはじまり

  • 浴風会のはじまり

    1923(大正12)年の関東大震災で被災した高齢者等の援護を行うため、皇室の御下賜金を含む義捐金を財源に財団法人として設立された浴風会病院。老年医学という概念が知られていなかった頃から一貫して高齢者医療に取り組んでいます。約100年にわたる歴史の中で、日本における老年医学のパイオニアとして老年医学に精通した医師を多数輩出するなど、日本の高齢者医療の礎を築いてきました。そして現在の事業は、①老人福祉 ②介護保険 ③病院・老健 ④認知症介護研究・研修 ⑤地域サービス ⑥国際交流の6分野。21 世紀の高齢者医療・介護・福祉のセンター・オブ・センターズ(the center of centers)となるべく、さらなる進化を遂げようとしています。

    浴風会のはじまり

浴風会病院の特徴

国内屈指の規模を誇る社会福祉法人
1. 国内屈指の規模を誇る社会福祉法人

東京都杉並区の閑静な住宅街に佇む当法人は、およそ2万坪の敷地を有しており、1日平均利用者は入居者、外来診療を合わせて約2,350名。スタッフが約850 名(常勤換算)、年間事業費は約80 億円と、国内屈指の社会福祉法人として安定的な基盤を持っています。在宅医療・訪問介護・訪問リハビリなどを推進させ、事業の地域展開の拡充を図るなど、地域住民の医療・福祉ニーズに積極的に応える姿勢を貫いています。

100年積み上げてきた老年医学のノウハウ
2. 100年積み上げてきた老年医学のノウハウ

法人設立以来、約100年の歴史の中で、老年医学・老人医療・老年心理学などに関する調査研究では数多くの成果を上げており、老年医学の専門家も当法人から多数輩出しています。また、日本老年精神医学会・日本老年医学会をはじめ、様々な学会から研修施設・教育施設の認定を受けているほか、その数々の功績が認められ平成24年4月には、東京都より認知症疾患医療センター(地域拠点型)に指定され、その役割を担っています。

“高齢者医療の拠点”を目指し進化を続ける
3. “高齢者医療の拠点”を目指し進化を続ける

当院には脳血管障害、認知症、パーキンソン病などの精神神経疾患、また高血圧などの循環器疾患、リハビリテーションに至るまで、それぞれの専門家が揃っています。平成26年10月1日に開設した新病院では、医療体制を更に強化。在宅診療として訪問医療、訪問看護・訪問リハビリなどにも積極的に取り組み、高齢者医療の拠点として地域に貢献していきたいと考えています。

医療法人三思会浴風会病院

〒168-8535
東京都杉並区高井戸西1-12-1

エントリーはこちら