【鹿児島県】病医院直接応募 常勤医師の求人や転職・募集情報ならm3.com CAREER

m3.com CAREERトップ(医師求人・転職) > 常勤医師求人・転職一覧(病医院直接応募) > 鹿児島県

【鹿児島県】病医院直接応募 常勤医師求人情報

該当する求人は現在掲載がありません。検索条件を変更し再度検索してください。

鹿児島県の医師転職事情

鹿児島県の転職についてよくある質問

Q.これまでは都市部で働いていましたが、地元に帰ることを考えています。Uターン転職の需要はありますか。
A.都市部から離れた地域の病院は、医師が確保できず困っていることも珍しくありません。特に地元にゆかりのある先生は、医療機関から「長く働いていただきたい」と歓迎されやすい傾向があります。現在は求人が出ていなくても、実はニーズがあるという場合もございます。情報収集の段階でも、ぜひコンサルタントにご相談ください。
Q.転職支援サービスの利用は有料ですか。
A.いいえ。医師は無料でご利用いただけます。一切料金は発生しませんので、ご安心ください。医師のキャリアに精通するコンサルタントが、ご希望条件に合った求人をご紹介いたします。求人への応募、面接の日程調整などもコンサルタントが代行いたします。
Q.転職により、業務負担を軽減しながら、年収を維持・アップすることはできますか。
A.ご勤務条件やエリアなどによっては、実現できる場合もあります。ご希望に一致する求人が見つからない場合は、最初は条件を広めに設定して、優先順位を整理しながらご検討されることをお勧めいたします。特にエリアは、お住いの地域だけでなく、近隣の県などもご検討いただくと、ご希望に近い求人が見つけやすくなるかと存じます。

鹿児島県の転職環境

鹿児島県は、種子島や奄美大島など複数の離島があり、離島が県内総面積の28%を占めています。また、老年人口の割合が29.4%で、全国より約5年、高齢化が進んでいます。このため、離島やへき地の医療体制の整備や高齢者への医療サービスの拡充を目指しています。
医療機関全体の数としては241病院(一般204病院、精神科37病院)、1,397クリニック(うち有床は319クリニック)あります。人口10万人あたりの施設数をみると、病院は全国2位(14.9施設)で、九州地方の中で最も多い県です。クリニックは全国16位(86.6施設)です。
2016年の医師数は4,416人で、このうち女性医師の割合は16.5%です。人口10万人当たりの医師数は272.5人で、全国平均(251.7人)を上回っています。
二次保健医療圏は、鹿児島、南薩、川薩、出水、姶良・伊佐、曽於、肝属、熊毛、奄美の9つのエリアに設定されています。2025年の推計必要病床数は1万9,944床、病床機能別割合は高度急性期1,540床、急性期5,534床、回復期7,048床、慢性期5,822床です。
医育機関は鹿児島大学医学部があります。
(2018年医療施設(動態)調査、鹿児島県保健医療計画、鹿児島県医師確保計画)

鹿児島県の医師転職関連データ

年収相場

鹿児島県の医師の年収相場は、約1800万円です。

※エムスリーキャリアの転職支援サービスを利用して入職した常勤医師の平均年収

鹿児島県の医療機関が医師を募集する理由
医療機関が医師を募集する理由

鹿児島県の医療機関が医師を募集する理由で最も多いのは、患者数が多いことによる現員医師の負担軽減で、25.7%です。次に日直・宿直が多いことによる現員医師の負担軽減が16.3%、退職医師の補充が15.9%と続きます。全国平均よりも割合が高い項目は、10.6%の正規雇用が望ましい、6.2%の近々医師の退職予定があるためが挙げられます。
(厚生労働省:2010年 病院等における必要医師数実態調査)

医師転職についてもっと知る

人気の転職関連コラム

医療機関に直接応募するメリット

直接応募のメリットは、幅広い求人の中からご自身で選んでいただけることです。 応募後は施設と直接やりとりをするため、コンサルタントを介する人材紹介会社の求人に応募するよりも、面接日の調整などがスピーディーに進みます。 また、施設にとっては、直接応募から採用する場合は人材紹介会社へ支払う紹介料が発生しないため、 同じような条件の候補者が複数いた場合、直接応募の求職者に有利になる場合があります。

医師の求人・転職・募集 なら、m3.com CAREERにおまかせ下さい。