【京都府】病医院直接応募 常勤医師の求人や転職・募集情報ならm3.com CAREER

m3.com CAREERトップ(医師求人・転職) > 常勤医師求人・転職一覧(病医院直接応募) > 京都府

【京都府】病医院直接応募 常勤医師求人情報

検索結果 1件 中 - 1
エムスリーからm3ポイント提供  マーク付き求人情報…転職報告で お祝いm3ポイント10,000p を進呈いたします  転職お祝い制度について
転職報告でm3ポイント10,000p進呈!

総合的な外来機能と在宅機能・健診センターを持つ大型診療所

内科専門外来や外科・整形外科なども含む総合的な外来診療、訪問診療や訪問リハビリで約300人の方の管理を担う在宅医療、簡易ドックや産業医活動を行う健診センターの3つの柱で地域の健康づくりを支えます。

更新日:7月7日

この求人を見る
(新しいウィンドウが開きます)

勤務地 京都府京都市中京区 病床数 0 床
年収 1,000万円~(応相談) 経験加算あり 経験 5年以上
募集
科目
一般内科(1)
内科(総合内科及び専門内科)、訪問診療、精神科に関わる常勤医師を募集しています。内科は総合内科の他、神経内科・循環器内科・糖尿病内科・腎臓内科などの専門外来を開設しており、専門を活かした外来を開設することも可能です。訪問診療は順次拡大中で、基本的に看護師及び運転手が同行します。精神神経科は予約外来及び精神科訪問看護を行っています。
エムスリーからm3ポイント提供  マーク付き求人情報…転職報告で お祝いm3ポイント10,000p を進呈いたします  転職お祝い制度について
検索結果 1件 中 - 1

京都府の医師転職事情

京都府の転職についてよくある質問

Q.専門医資格を取得できる医療機関への転職を考えています。大学医局の関連病院以外で、紹介できる求人はありますか。
A.専門医資格を取得できる医療機関の中には、大学医局人事だけでは十分な人員確保が難しいため、大学外部からも採用している医療機関・診療科がございます。お住いの地域だけでなく、近隣府県までエリアを広げていただくと、ご希望条件に近い求人が見つけやすくなるかと存じます。キャリアプランやご希望条件なども含めて、ぜひコンサルタントにご相談ください。
Q.転職により、業務負担を軽減しながら、年収を維持・アップすることはできますか。
A.ご勤務条件やエリアなどによっては、実現できる場合もあります。ご希望に一致する求人が見つからない場合は、最初は条件を広めに設定して、優先順位を整理されながらご検討されることをお勧めいたします。特にエリアは、お住いの地域だけでなく、隣接する府県などもご検討いただくとご希望に近い求人が見つけやすくなるかと存じます。
Q.転職支援サービスの利用は有料ですか。
A.いいえ。医師は無料でご利用いただけます。一切料金は発生しませんので、ご安心ください。医師のキャリアに精通するコンサルタントが、ご希望条件に合った求人をご紹介いたします。求人への応募、面接の日程調整などもコンサルタントが代行いたします。

京都府の転職環境

京都府の病院数は167施設(一般病院157施設、精神科病院10施設)で全国15位、クリニック数は2461施設(うち有床は81施設)で全国12位です。
国の医師偏在指標は314.4で、東京都に次ぐ全国2位。しかし、受療率や地理的要因等を考慮した「京都式医師偏在指標」を独自に推計しており、府全体で286.5としています。京都式を用いて、6つの二次医療圏ごとに医師確保の重み付けをしており、丹後(94.1)は「医師を重点的に確保する地域」。中丹(164.9)、南丹(141.1)、山城北(186.8)、山城南(159.5)は「医師を確保する地域」、京都・乙訓(363.6)は「医師を派遣」(必要に応じ、医師の派遣等により他の地域を支援する)としています。
なお、2025年の必要病床数は2万9,957床。病床機能別には、高度急性期11%、急性期32%、回復期28%、慢性期29%と推計されています。それに対し、2018年度の病床機能報告による各医療機関の病床機能は高度急性期14%、急性期41%、回復期13%、慢性期29%、休棟・無回答等2%で、推計値より急性期が大幅に上回り、回復期が不足している状況です。
(2018年医療施設(動態)調査、京都府保健医療計画、京都府医師確保計画、京都府地域包括ケア構想、病床機能報告)

京都府の医師転職関連データ

年収相場

京都府の医師の年収相場は、約1500万円です。

※エムスリーキャリアの転職支援サービスを利用して入職した常勤医師の平均年収

京都府の医療機関が医師を募集する理由
医療機関が医師を募集する理由

京都府の医療機関が医師を募集する理由で最も多いのは、患者数が多いことによる現員医師の負担軽減で、31.1%を占めます。次いで、退職医師の補充が24.6%。いずれも全国平均よりも高い割合となっています。3番目には、日直・宿直が多いことによる現員医師の負担軽減(15.9%)が続きます。
(厚生労働省:2010年 病院等における必要医師数実態調査)

医師転職についてもっと知る

人気の転職関連コラム

医療機関に直接応募するメリット

直接応募のメリットは、幅広い求人の中からご自身で選んでいただけることです。 応募後は施設と直接やりとりをするため、コンサルタントを介する人材紹介会社の求人に応募するよりも、面接日の調整などがスピーディーに進みます。 また、施設にとっては、直接応募から採用する場合は人材紹介会社へ支払う紹介料が発生しないため、 同じような条件の候補者が複数いた場合、直接応募の求職者に有利になる場合があります。

医師の求人・転職・募集 なら、m3.com CAREERにおまかせ下さい。