病院クチコミナビ

ログイン 会員登録

  1. m3.com CAREERトップ(医師求人・転職)
  2. m3.com 病院クチコミナビトップ
  3. 検索結果
  4. 病院情報

がん研有明病院

《 法人概要 》
公益財団法人がん研究会は1908 年(明治41年)、日本初のがん専門機関として発足しました。
以来100年以上にわたり、日本のがん医療における主導的な役割を果たしてきました。
特にがん研究会の特長である病院部門と研究部門が一体化した組織を持つという独自性のもと、
先端の研究成果を診療に活かすことで真の意味での患者さん本位の医療を提供し、
日本のがん医療の向上に少なからず貢献してきたものと考えています。
2016年に「がんプレシジョン医療研究センター」を設立。
さらに、2019年には「先端医療開発センター(現・先端医療開発科)」や「ゲノム診療部」を設立しました。
病院と研究所のさらなる連携のもと、患者さん一人ひとりに適した医療の提供を目指していきます。

《 施設概要 》
有明病院では、優れた医療スタッフや先進の医療機器を揃えております。
がん及び関連疾患の診断や治療に優秀な成績を挙げると共に、研究所と連携した臨床研究によって、
新しい治療法の開発などに意欲的に取り組んでおります。
当院の歴史は、2005年に現在地に移転、「がん研有明病院」の通称で親しまれ、
全国から患者さんが来院されています。がんを発見した医療機関からの紹介はもちろん、
ご自分で情報を調べて選択した、家族や友人に強く勧められたなど、積極的に当院を選ばれる方も多くおられます。

《 おすすめポイント 》
◇◆チーム医療◆◇
当院では患者さんを中心に多職種が連携して、一人ひとりの患者さんに適した治療を提供しています。
当院を初診されたすべてのがん患者さんについて、外科医、内視鏡医、化学療法医、放射線診断・治療医、
病理医等の専門医が一体となり、個々の患者さんに最もふさわしい治療法を選択し、提示します。
また、看護師、薬剤師、栄養士等は医療の全ての段階に参加し、質の高い、円滑な治療を行います。

◇◆医療連携◆◇
糖尿病や循環器など、がん以外の疾患に対して専門的な処置が必要となった場合には、
包括的な協定を結んでいる総合病院と連携して対処いたします。

◇◆アクセス至便な立地◆◇
当院は最寄り「ゆりかもめ 有明駅」から徒歩2分ほどの距離です。
JRとの相互直通運転のあるりんかい線の【国際展示場駅】からは徒歩4分です。

◇◆最高峰の治療を経験◆◇
新規薬剤の臨床治験へ積極的に参加しており、最先端の治療を経験することができます。
また、臨床治験で得た知見を日常診療にいち早く活かすことができます。

この病院に直接問い合わせする

求人・募集情報

募集科目について

【募集背景】
  • 臨床、研究、治験等総合的な規模拡大に伴う体制強化
【求める人材】

◆専門領域  : 呼吸器内科
◆資格    : 内科認定医[もしくは内科専門医]相当
◆経験    : 医師免許取得後4年以上
◆期待する役割: 病棟業務、外来業務
◆入職時期  : 2023年4月/それ以外も要相談
◆その他   : 随時相談可能
【診療科の特徴】
  1. 胸部悪性腫瘍を中心に気管支鏡やCTガイド下検査、細胞診断・病理診断、画像検査などでの疾患診断から豊富な臨床経験を積む現場で最新の診療、臨床治験などの治療を行っていきます。
  2. 自身の興味のある分野をさらに臨床研究などで深める研究活動も行います。ASCO、ESMO、WCLC、日本肺癌学会などの国内外での学会発表および論文報告をサポートいたします。また、各種学会(呼吸器学会、気管支鏡学会および臨床腫瘍学会など)の認定施設であり、キャリア形成を支援します。
  3. 出身大学は様々で、地方からも来ていただき研鑽を積まれる方も多数おり、多種多様な医師が在籍しております。
  4. チームの総合力が必要となる今、各科との連携は必須で呼吸器外科、画像診断部、放射線治療部、病理部、細胞診断部、看護部、研究所との連携をより強固にして現在の呼吸器センター一丸となり診断・治療を行います。
 
肺がんの世界は劇的に変化しています。これらの医療の進歩に遅れず医療を提供し、これらの進歩をけん引する施設となることが呼吸器センターのmissionでありvisionと考えております。
【実際の働き方】
AM 外来 病棟 病棟 気管支
内視鏡検査
病棟 休日 休日
PM 病棟 呼吸器内科
カンファレンス
気管支鏡検査 呼吸器センター
Cancer Board
細胞診
カンファレンス
休日 休日
【診療体制】
  1. 院長補佐 呼吸器センター長 呼吸器内科部長 化学療法部長 / 西尾 誠人/1989年卒/和歌山県立医科大学 / 肺がん薬物療法/臨床試験/新薬開発
  2. 副部長 / 柳谷 典子 / 1998年卒 / 聖マリアンナ医科大学 / 肺がん薬物療法/臨床試験/新薬開発/細胞診
  3. 医長 / 北園 聡 / 2003年卒 / 千葉大学 / 肺がん薬物療法/臨床試験/新薬開発
  4. 医長 / 内堀 健 / 2005年卒 / 東京医科歯科大学 / 肺がん薬物療法/臨床試験/トランスレーショナルリサーチ/気管支鏡検査
  5. 副医長 / 有安 亮 / 2010年卒 / 京都大学 / 肺がん薬物療法/臨床試験/トランスレーショナルリサーチ/気管支鏡検査
  6. 副医長 / 網野 喜彬 / 2013年卒 / 金沢大学 / 肺がん薬物療法/気管支鏡検査
  7. 顧問 / 宝来 威 / 1967年卒 / 東京大学 / 肺がん薬物療法/細胞診
  8. 医員 / 次富 亮輔 / 2011年卒 / 鹿児島大学
  9. 医員 / 桐谷 亜友 / 2014年卒 / 埼玉医科大学
  10. 医員 / 秋田 貴博 / 2017年卒 / 弘前大学
  11. 医員 / 宮寺 恵希 / 2017年卒 / 日本医科大学
 
 ◆ 常勤年齢  :20代1名、30代5名、40代3名、50代1名
 ◆ 非常勤   :1名
 ◆ 非常勤年齢 :60代1名
【主な疾患】
  • 呼吸器系悪性腫瘍
  • ◆肺がん
  • ◆縦隔腫瘍
  • ◆胸膜・胸壁腫瘍
  • ◆胸腺腫/胸腺癌
  • ◆悪性胸膜中皮腫
  • など
【勤務詳細】
    ◆外来診療  : 1コマ/週(随時相談)
    ◆受診者数  : 10名程度/コマ
    ◆病棟管理数 : 15床程度
    ◆病棟区分  : 急性期
    ◆救急対応  : 診療科グループ内の当番制
    ◆検査コマ数 : 2コマ/週
    ◆気管支鏡対応: あり(約250件/年)
    ◆悪性腫瘍対応: あり
【勤務概要】
  • 勤務形態:常勤
  • ◆想定年収 : 800万円~900万円
    ※6~10年目で医員採用(週5勤務)の場合
    ◆勤務日数 : 5日/週
    ◆勤務時間 : 8:50~17:25(休憩 60 分)
    ※時間外労働あり
    ◆早番・遅番: なし
    ◆研究日  : なし
    ◆休日   : 土曜、日曜、祝日、年末年始(12/29~1/3)、創立記念日(指定特別休暇)
    ◆休暇   : 有給休暇(初年度 4月入職の場合 15日)、慶弔休暇、産前産後休暇、
    育児休職、介護休職、留学休職 など
    ◆オンコール: あり(月数回)
    ◆担当制度 : 当番制・主治医制
    ◆当直   : あり(1~2回/月)
    ※免除:否
    ◆当直内容 : 内科当直
    ◆当直業務 : 救急当直・管理当直
    ◆当直体制 : 内科系医師数十名

※掲載情報は、2022年6月9日現在の内容です
この病院に直接問い合わせする

福利厚生

育児支援制度
◆ 子の看護休暇
◆ 保育費補助(育児支援手当)
研究/学術活動支援
◆ 学会参加可能(診療科内の規則に従い費用補助)
各種保険
◆ 健康保険、介護保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
福利厚生
◆ 交通費支給
◆ 家族手当
◆ 住宅手当

病院データ

所在地 〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31 地図で表示
交通機関 ゆりかもめ 有明駅 徒歩2分
ウェブサイト https://www.jfcr.or.jp/hospital/index.html
区分/病床数 一般病床数 686床
標榜診療科
内科、呼吸器内科、消化器内科、乳腺内科、血液内科、腫瘍内科、感染症内科、漢方内科、疼痛緩和内科、外科、呼吸器器外科、
消化器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、頭頸部外科、精神科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、放射線診断科、
放射線治療科、病理診断科、救急科、歯科、麻酔科
経営体 公益財団法人 がん研究会
指定・認定 日本医療機能評価機構認定病院 特定機能指定病院 臨床研修指定病院 災害拠点指定病院 人間ドック施設
主な設備
CT、MRI、PET-CT、ロボット手術(ダビンチ)など
※記載された条件や詳細以外については、 本ページに記載されている病医院、施設等から別途明示いたします。
この病院に直接問い合わせする