40年後も「医療が好き」と言える整形外科医に 研修医の「学びたい」を「得意」に変える滋賀医科大学 整形外科 | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 各専門領域の今を追う > 40年後も「医療が好き」と言える整形外科医に 研修医の「学びたい」を「得意」に変える滋賀医科大学 整形外科

40年後も「医療が好き」と言える整形外科医に
研修医の「学びたい」を「得意」に変える滋賀医科大学 整形外科

 健康志向の高まりや高齢化の影響を受け、活躍の機会が増えている整形外科医。救急外傷やスポーツ障害、寝たきりにつながりかねない高齢者の転倒骨折など、さまざまな場面で求められるだけでなく、大別して4領域、細かく分ければ10領域以上サブスペシャリティがあり、多彩なキャリアパスが用意されているのが魅力です。そのような整形外科領域において、滋賀医科大学 整形外科では、研修医が将来にわたって楽しみながら医療に携われるよう、フェアな進路決定ができる体制づくりを長年続けてきました。

研修医の「好き」を応援し「得意」に変えるカルチャーと、それを叶える4領域バランス型の医局体制

今井晋二教授
今井晋二教授

 生死にかかわる疾患だけでなく、QOLにかかわる疾患も扱うことの多い整形外科は、患者の要求水準も高くなりがち。そのような中、同科では過去20年で特に関節鏡手術、人工関節手術を中心に総手術件数を2倍近くにまで増加させたほか、腱板がなくても肩拳上が可能になるリバース人工関節置換術を国内で初めて実施するなど、診療体制を強化し、新しい技術にも意欲的に取り組むなど、患者の要求に応えようとしています。

 その同科にて長年、研修に携わってきたのが今井晋二教授。診療だけでなく、研修医20人以上の博士号取得もサポートする中で大切にしてきたのは、研修医それぞれに好きな分野を自由に学んでもらうことだといいます。

「わたし自身、教授になった今も、専門である肩関節の最新手術を執刀しているときが楽しいんです。たとえばリバース人工関節置換術は、肩の機能をあきらめてしまっていた多くの患者さんから喜んでもらえ、日々やりがいを感じています。研修医にも、『好きだ』『楽しい』と思えることを軸に、進路に選んでほしいですね。

 一般的に大学病院は症例の種類が偏りやすい面もあり、好きな領域を自由に選ぶというわけにもいきません。そこで当科では、関節・脊椎・手外科腫瘍・肩スポーツの4つの主要サブ領域に、バランスよく指導層を配置しています」

 今井教授は10年以上前からこうしたバランス型の医局体制を目指し、同時に、医局メンバーの「好き」を「得意」に促すための取り組みを大切にしてきたそうです。

「各自が抱える問題を共有できるカルチャーを、10年以上かけてつくりあげてきました。弱みをさらけ出すのは勇気のいることですが、たとえばカンファレンスで一言『困っています』と教えてくれれば、みんなで一緒にその問題を背負って解決にあたれます。研修医には、周囲の協力を得ながらどんどん成長してほしいですね。

 わたしは普段、指導医たちを尊重していますが、唯一強く叱る場面があります。それは、弱みをさらけ出して問題を共有している人に対し、ネガティブなコメントを投げ掛けたときです」

ほどよい規模の医局は、チャンスの宝庫

 同科のもう一つの特徴は、大き過ぎず小さ過ぎずない“ほどよい”規模感。これにより、研修医には多くのチャンスが巡ってくるといいます。

 特任助教を務める竹村宜記先生は、自身の専門である手・足の外科領域について次のように話します。

「全国には、わたしと同じ専門領域の医師が100人近く在籍している医局もありますが、当科は5人ほどです。だからといって、決して症例が少ないわけではありません。事実、後期研修1年目から執刀を経験できますし、スピーディに実力をつけたい方にはうってつけの環境といえます」

 加えて研修責任者の三村朋大先生は、将来を見据えてのメリットもあると強調します。

「当科はベテラン世代と若手・中堅世代のバランスが良い。これは、若手・中堅にも活躍のチャンスが多いということだけでなく、10年後にサブスペシャリティ領域を選ぶときにも重要です。たとえば『上級医が多すぎて高度症例がまわってこない』といったことなく、自由に症例を選べるでしょう」

チーフ陣
医局を支えている15年目前後のチーフ陣
(左から奥村法昭先生、西澤和也先生、竹村宜記先生)

今だからこそ学べることを学ぶ

 三村先生には、日頃から力を入れて指導していることがあるといいます。それは、医師キャリアの一つの区切りといえる40年後にも通用するための心構えを身に付けてもらうこと。

「手術のスキルは、経験を重ねれば身に付きます。しかし医師としての心構えは、歳を重ねるほど直しがたいものです。主治医としての自覚を持つよう、責任を持って患者さんと接する態度を身に付けてもらえるよう、レジデントでも執刀してもらえるように工夫しています」

三村朋大先生
研修責任者の三村朋大先生

教授を筆頭とした熱心な指導医陣

 芝田浩平先生(後期研修1年目)は、同科で初期研修を受け、その指導熱心な雰囲気に惹かれたといいます。

「当初はほかの関節に比べて複雑な肩の手術などに戸惑う面もあったのですが、教授みずから丁寧に指導してくれました。入局後も、初めて土曜の日当直に入るときには何人もの先輩方が『何かあったら遠慮なく連絡しなさい』と声を掛けてくれました。後期研修は、生涯向き合う科目での本格的なスタートを切る大切な期間。気にかけてもらえる環境、学びやすさは大事だと思います」

 今回の取材で印象的だったのが、「わたしが准教授になった2004年から、大学スタッフは誰ひとり辞めていないんですよ」と話す、今井教授の誇らしげな表情でした。2004年といえば新臨床研修制度が始まり、大学医局にとって厳しい時代が始まった年。逆境の中でも医局を発展させられたのは、「問題を共有できるカルチャー」が着実に育ってきた証左ともいえそうです。

夜のカンファレンスには教授から研修医まで勢ぞろい
後期研修1年目の芝田浩平先生
1日の流れ(手術日の例)
7:30 カンファレンス
8:30 手術/手術見学/病棟業務
12:00 手術/病棟業務
19:00 カンファレンス
20:00 業務終了

手術日以外(月・水・金)は、上記のうち8時30分~18時が1日の平均的な流れとなります。

お問い合わせ先

滋賀医科大学整形外科では、後期研修医・医局員を募集しています。
ハンズオンセミナー(毎年6月・11月頃)や医局説明会(毎年5月頃)へのご参加、見学を希望の際は、下記担当者までお気軽にご連絡ください。

滋賀医科大学 整形外科学講座
〒520-2192
滋賀県大津市瀬田月輪町
助教 三村 朋大(卒後臨床研修委員)

Tel. 077-548-2252
mail:(三村)tmimura@belle.shiga-med.ac.jp、(医局)hqortho@belle.shiga-med.ac.jp
URL http://www.sumsortho.com/index.html