レジデント これだけ知っとけキャリアと臨床推論 | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > レジデント これだけ知っとけキャリアと臨床推論

レジデント これだけ知っとけキャリアと臨床推論

大阪どまんなか

【開催レポート】総動員数1300人超。医師のたまごが学び、つながる 「大阪どまんなかFINAL」

 2014年から始まった、総合診療を志す医師・医学生のための勉強会「大阪どまんなか」。文部科学省事業の一環として大阪大学が主催して、年3回のペースで開催してきたこのイベントの最終回が、2018年1月20・21日の2日間に渡り開催されました。

 今回も総合診療のベテラン医師らが講師を務め、全国から約130人の医学生・研修医が集まった「大阪どまんなかFINAL」。最終セッションでは参加者全員が「これからの医療」について徹底議論。勉強会の様子は一般市民にも公開されるなど、患者の“こころ”まで診る想像力を掻き立てる工夫が凝らされていました。

index

救急科

ドクターヘリ第一人者は元・消化器外科医 
-キャリア選択で大事なこと-

ドクターヘリの第一人者、近年ではドラマ「コード・ブルー」の医療監修を手掛けたことで知られる松本尚先生(日本医科大学 救急医学 教授、千葉北総病院 救命救急センター長)。自身の「面白い」と思う気持ちに向き合い、消化器外科から外傷外科に転向し、国内で最初期にドクターヘリを導入、発展させてきた松本先生に、これまでのキャリアについて伺いました。

松本先生

レジデント これだけ知っとけキャリアと臨床推論 講師は林寛之先生!

 すべての研修医の悩みである「専門科選択」。身の回りの情報だけで、こんな重要なことを決めていいものか―。

 そんな研修医の皆さんの声を受け、研修医、医学生の有志が運営する「研修医・医学生ネット」が展開するキャリアについて真剣に考えるイベント「レジデント これだけ知っとけキャリアと臨床推論」。講師は林寛之先生!当日は、「バージョンアップ版・救急必殺技」も伝授いただきます。(本セミナーは終了いたしました)

医師のグローバルキャリア

世界を変える日本人医師・窪田良先生とキャリアについて真剣に考える4時間

 活躍フィールドを「日本の臨床現場」だけで考えていませんか?

 日本の次世代に最も影響力を持つ1人として「次代を創る100人」 (日経ビジネス)にも選出された窪田先生に、「医師のキャリアの可能性」、「世界で通用する人材の条件」などを伺います。

(本セミナーは終了いたしました)

放射線科

「放射線科トップドクターが教える画像診断と自己実現の極意」 講師は高原太郎先生!

 MRI撮像法「DWIBS法」の発明者であり、世界で初めて末梢神経の全身画像化に成功した高原太郎先生から

  • 放射線科医ならではの画像診断のコツ
  • 放射線科・研究の魅力
  • 自己実現のための時間管理法

 など、盛りだくさんの内容を語っていただきます!(本セミナーは終了いたしました)

総合内科

総合内科のキャリアと魅力とは? 徳田安春先生が講演

 研修医の間でも「将来開業しやすそう」、「これから必要とされそう」といわれ、注目を集める総合内科。そんな総合内科医のキャリアについて学ぼうと、6月8日に東京都内で開かれたセミナー「レジデント これだけ知っとけ キャリアと臨床推論 ~総合内科編~」(主催=研修医・医学生ネット)に研修医、医学生らが集まりました。ゲストは、徳田安春先生(地域医療機能推進機構本部 研修センター長)と2名の若手医師。

学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー

500名の医師・医療系学生が集結! 家庭医療を学び、仲間をつくる夏セミが開催 

 医療系学生・医師あわせて500名近くが8月、琵琶湖の湖畔に集結して、家庭医療を学びながら交流を深めました。3日間にわたって開催されたのは、「学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー」、通称・夏セミ(かせみ)。29回目を迎える今年は「みちしるべ」をテーマに開かれ、参加者は各種企画を通じて、家庭医療の“未知”の部分や、今後の“道”となるキャリアについて学びました。

家庭医療学夏期セミナー INDEX

医療系学生つながりキャンプ

答えは長野に聞け!"医療系学生つながりキャンプ"開催

 実習などで忙しい毎日を送っている医療系学生。たまには日常を抜け出して、いつもとは違う世界に出会いたい―そんな思いに応えようと、「医療系学生つながりキャンプ~答えは長野に聞け!~」が2015年5月に開催されました。

全国の臨床研修指定病院のクチコミを見る

北海道/東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州