各専門領域の今を追う | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 各専門領域の今を追う

各専門領域の今を追う

総合診療科・総合内科

 2018年度から本格始動する新専門医制度の目玉とも言われる「総合診療専門医」。これからの地域医療を支える存在として注目されていますが、指導医の確保が困難なことなどもあり、研修体制構築に当たっては各地の医療機関とも手探り状態が続いています。そんな中、先進的な総合診療医育成プログラムを打ち出しているのが、北里大学総合診療医学教室。2006年の立ち上げ以来、年間3500人もの外来患者に応じ、大学病院ながら在宅医療に注力するなど、地域密着型の医療も実践してきた同教室では、指導医層を充実させ、大学・市中病院はもちろん、公的診療所などさまざまな場で多彩な経験を積める体制を構築したそうです。新専門医制度の本格始動に備える現場の熱意を取材しました。...続きを見る

 専門分化が進んだと言われる現代医療の中で今、新たな診療科目として総合診療科が注目されています。特定の臓器や疾患に限らずに、多角的な視点から患者を診るこの分野のトップランナーとして、医学生や研修医の教育に力を入れているのが水戸協同病院総合診療科の徳田安春教授です。 なぜ今、総合診療科なのか。沖縄県立中部病院、聖路加国際病院といった有名病院で研修に携わった徳田教授に、これからの医療に求められる医師像について聞きました。...続きを見る

救急

 瞬時に判断しながら、けがや病気で苦しむ目の前の患者を助ける―。医の原点を味わえるともされる救急科。多様性を重んじる慶應大学病院 救急科では、研修医の希望を組み入れたカスタマイズプログラムで、それぞれの能力を引き出すことを重視。一方で、専門科を決めていない研修医も歓迎し、救急科ならではの幅広い症例を経験してもらっているそうです。...続きを見る

 過酷なイメージが付きまとう地域医療。その中で、軽症から重症まで幅広い患者の救急対応を行う北米型ER救急を実践するとなると、どんなに大変だろうかと考える人も多いかもしれません。そんな北米型ER救急に「“草食系”の医師こそ向いている」と話すのは福井大学医学部附属病院総合診療部の林寛之教授です。大学病院として全国で先駆けて北米型ERを実践し、医師教育にも力を入れる同院での取り組みは多くのメディアでも取り上げられています。北米型ER救急に携わる上でのポイントや、地域医療に携わる医師に必要な素養について聞きました。...続きを見る

麻酔科

 全国的に需要も高い上、ライフイベントに応じた働き方がしやすいことでも知られる麻酔科。さらに、名古屋大学医学部には外科系の関連病院が多く、それらの病院で対応できない困難症例が大学病院に集まってくるため、最重症・困難症例の周術期管理を短期間に多数経験でき、麻酔科医として大きく成長できる環境が整っています。最先端の現場で働く麻酔科医に、その魅力を伺いました。...続きを見る

 患者が発するサインに応じて必要な手を打ち、手術を支える麻酔科医。ただ、やりがいや仕事の全体像は実際にやってみないとつかみきれず、「地道な仕事」、「他科とのやりとりが大変そう」といったイメージの先にある「麻酔科医の魅力」を知る機会がないまま、専門科の選択に至る医学生、研修医も多いようです。今回取材したのは東京女子医科大学の麻酔科。全身麻酔の症例数では全国トップの8,000例を誇る同科は集中治療、ペインクリニック、緩和ケアなどにも守備範囲を拡大。女性が働きやすい環境にも配慮し満足度を高めています。現場の麻酔科医が考える「麻酔科の魅力」とはどんなところにあるのでしょうか。...続きを見る

整形外科

 健康志向の高まりや高齢化の影響を受け、活躍の機会が増えている整形外科医。救急外傷やスポーツ障害、寝たきりにつながりかねない高齢者の転倒骨折など、さまざまな場面で求められるだけでなく、大別して4領域、細かく分ければ10領域以上サブスペシャリティがあり、多彩なキャリアパスが用意されているのが魅力です。そのような整形外科領域において、滋賀医科大学 整形外科では、研修医が将来にわたって楽しみながら医療に携われるよう、フェアな進路決定ができる体制づくりを長年続けてきました。...続きを見る

神経内科

 「疾患が複雑で分かりにくい」と言われることも多い神経内科。その分やりがいがあるだけでなく、さまざまなキャリアを実現できることは見逃されがちかもしれません。脳血管障害に迅速に対応する急性期から、認知症や難病などにじっくり取り組む慢性期までカバーし、多様な神経内科疾患を診るオールラウンドプレイヤーにも、一部疾患に的を絞ったスペシャリストにもなれます。活躍の場も大学病院から訪問診療クリニックまで広範。急変が少なく、ワークライフバランスを保ちやすいのも大きな特徴です。そのような神経内科の魅力を伺うべく、専門医育成に力を入れる大阪医科大学附属病院神経内科にお邪魔しました。...続きを見る

精神科

 高齢化に伴う認知症患者の増加、メンタルヘルスを扱う産業医への注目など、精神科医の重要性が増しています。一方、多剤大量処方などに代表される精神科医の質の低下が指摘されており、実臨床だけでなく教育・研究において精神医学をリードする大学の役割も、ますます大きくなることが予想されます。そんな中、精神科領域の課題に真正面から向き合い、質の高い精神科医の育成をめざしているのが北里大学医学部精神科。全国に約80施設しかないスーパー救急(精神科の救急)や約100床の閉鎖病棟で重症から軽症まで対応するほか、1症例あたり2時間超のケースカンファレンスを通じて「バランスのとれた精神科臨床医」を育てる取り組みについて聞きました。...続きを見る

泌尿器科

 排尿障害、男性器疾患というイメージが強い泌尿器科。しかしそれは泌尿器科が対象とするごく一部に過ぎません。東京女子医科大学病院 泌尿器科で後期研修中の渡口誠先生は、「診療領域が想像以上に広く、科目の奥深さに魅了されています」と語ります。その知られざる魅力について同科の医師に伺いました。...続きを見る

脳神経外科

 体育会系のイメージも強い脳神経外科。昨今、脳卒中に携わる医師が「燃え尽き症候群」に陥りがちという事態も、注目されています。そんな中、熟練した脳神経外科医が集い、独自のカリキュラムのもとで若手医師養成に注力していることで知られるのが、福岡大学筑紫病院・脳神経外科です。「成長スピードは西日本ナンバーワン」だと胸を張る背景には、若手医師への徹底的なサポートや、待遇面での工夫もあるようです。どこにでも通用する「強い脳神経外科医」を輩出し続けられる秘訣を探ります。...続きを見る

血液内科

 悪性腫瘍の検査から治療まで担い、いつ急変するか分からない重篤な患者の全身管理を行いつつ、日々アップデートされる治療法を研究、キャッチアップし続ける―。こうした血液内科医の働き方に、過酷なイメージを抱く人は多いようです。そんな中、「診療業務は17時まで」と掲げ、医師が“頑張りすぎない”システムを目指しながらも、最先端の治療を提供しているのが、兵庫医科大学病院血液内科です。 血液腫瘍のほか、血液止血疾患(血友病など)や感染症(HIVなど)をはじめ、幅広い患者に対応している同科。中でも、血液腫瘍治療における造血管細胞移植の件数・実績は、国内でもトップクラスで、全国から患者がやってきます。...続きを見る

放射線治療

 がんを「切らずに治す」、放射線治療。低侵襲で、高い効果を実現させるために、その最先端の現場ではどんなことが行われているのでしょうか―。「医師のキャリアパスを考える医学生の会」(以下、「医学生の会」)は、放射線医学オープンスクールを開催(共催:医用原子力技術研究振興財団)し、群馬大学重粒子線医学研究センターと、がん・感染症センター都立駒込病院を見学しました。最先端に触れた彼らに、同行しました。...続きを見る

アレルギー・膠原病科

 これまで、アレルギー疾患の治療は、症状の現れる部位によって、耳鼻科、皮膚科、呼吸器科など、さまざま診療科が分担して行ってきました。しかし昨今、アメリカと同じように日本でも臓器横断的な診療を行うアレルギー科に注目が集まっているそうです。日米でアレルギーやリウマチに関する専門医資格を取得した、聖路加国際病院アレルギー・膠原病科の岡田正人部長に、その背景や、アレルギー科医の意義や治療の面白さについて伺いました。...続きを見る

全国の臨床研修指定病院のクチコミを見る

北海道/東北
関東
中部
近畿
中国
四国
九州