和泉市立総合医療センターの病院情報・研修プログラム情報 | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 大阪 臨床研修病院 > 和泉市立総合医療センター > 病院情報・研修プログラム情報

初期後期
和泉市立総合医療センター

クチコミ評価:???

病院からのメッセージ:
平成30年4月に当院は現病院からわずか500mのところに新築移転しました。
当院は50数年の歴史がある病院で教育に熱心な専門医師が充実。救急搬送数も拡大中ですので、地域の第1線の病院で初期研修医が研修することが望ましい多数の疾患に溢れており、研修医の皆さんの向学心に燃えた気持ちにしっかり応えられると自負しております。
真新しい病院で、自分で考え行動できる医師を目指して共に頑張りましょう。

▼徳洲会グループの研修情報が満載▼
http://bit.ly/1OUhBTM

和泉市立総合医療センター

病院データ

所在地 〒594-0073 大阪府和泉市和気町4-5-1(JR阪和線和泉府中駅より徒歩20分)
地図で表示
電話番号 0725-41-1331 (FAX:0725-43-3350)
ウェブサイト https://izumi.tokushukai.or.jp/
指定・認定 臨床研修指定病院基幹型
日本医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院
病院名 和泉市立総合医療センター (イズミシリツソウゴウイリョウセンター)
経営体 医療法人 徳洲会
病院長 松下 晴彦 (出身:大阪市立大学)
保育施設 敷地内に保育施設あり
24時間、未就学児まで対応
病床数 307床
(一般病床 307床)
診療科毎の病床数を確認

在籍医師数

  • 医師数
    95名(うち、指導医40名)
  • 研修医数
    4名(うち、1年次2名、2年次2名)

研修医の主な出身大学:
大阪市立大学、山梨大学

各診療科情報

病床数 医師数(うち、指導医師数)
循環器内科 4名(3名)
呼吸器内科 8名(3名)
消化器内科 4名(1名)
肝胆膵内科 3名(2名)
腫瘍内科 8名(4名)
脳神経内科 2名(1名)
血液内科 4名(2名)
内分泌・糖尿病 4名(2名)
リウマチ・膠原病内科 3名(1名)
耳鼻咽喉科 1名(1名)
乳腺外科 1名(0名)
呼吸器外科 3名(1名)
脳神経外科 3名(1名)
形成外科 1名(1名)
整形外科 6名(1名)
婦人科 4名(1名)
小児科 6名(3名)
外科 6名(4名)
放射線科 5名(2名)
皮膚科 3名(1名)
心臓血管外科 1名(0名)
麻酔科 4名(2名)
泌尿器科 4名(1名)

詳細情報

病院の特徴 当院は、50年にわたって泉州北部の中核病院の役割を果たしており、2014年4月には公立病院から、医療法人徳洲会を指定管理者とした公設民営体制へと移行しました。そして、2018年4月には新病院へ新築移転と同時に診療科の拡大によって、標榜診療科は33科となり各科の専門医が揃い、診療の幅も大幅に広がりました。また、大阪府の泉州二次医療圏をカバーするなど、現在では急性期医療とがん治療を中心とした専門医療を二本柱に、約90万人の人口を支える中核病院となっています。
そのため、救急診療から専門診療まで、疾患の初期段階から病期が進展した段階、そして緩和ケアまでと守備範囲の広い分野での研修が可能となります。症例数、手術数も豊富ですので充分な研修生活を送っていただける環境が整っております。
周辺環境 大阪府の南部に位置する和泉市。最寄り駅の和泉府中駅からは直通で大阪駅まで約40分。天王寺駅へは約20分と都市部へのアクセスも良好。関西国際空港へも直通で25分で到着します。
和泉市は微増ながら人口が増加しており、最近ではららぽーと和泉やコストコホールセール等の大規模商業施設もオープンしました。都市部のベットタウンとして成長著しい都市です。
主な設備 内視鏡、320列マルチスライスCT、3.0テスラMRI、透析、内視鏡下手術、血管撮影装置バイプレイン、SPECT、RI、トモセラピー、マンモグラフィー、心エコー4D、腹部エコー、カラードップラー、ハイブリット手術室、緩和ケア病棟

待遇

支給額 給与額 賞与額 備考
1年次 340,000円/月 年2回
2年次 380,000円/月 年2回
その他条件 当直 回数 4回/月
当直料 1年次:25,000円/回
各種保険 健康保険:あり
厚生年金:あり
労災保険:あり
雇用保険:あり
医師賠償責任保険:病院自体の加入あり、個人加入は自由
身分 常勤職員
研修医のための宿舎 なし
上限5万円で家賃の半額を補助

プログラム内容

特徴 1年次は、救急部門(12週)、内科(24週)、外科(12週)、産婦人科(4週)、精神科(4週)を必修としています。救急については、12週間の必修の内容として、4週救急部門、残りの8週を他科研修中の当直日を救急研修にあてています。
2年次においては、8週間の地域医療(僻地離島研修など)、小児科(4週)、麻酔科(4週)の必修科目後は、選択科として各科(肝胆膵内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、血液内科、リウマチ・膠原病内科、脳神経内科、内分泌・糖尿病内科、皮膚科、形成外科、消化器外科、脳神経外科、泌尿器科、麻酔科、小児科、整形外科、放射線科、腫瘍・緩和ケア、救急科、心臓血管外科)の8ヶ月のローテート研修も選択できる。また、選択科目で救急科、心臓血管外科を選択した場合は協力型病院である岸和田徳洲会病院で研修を行う。
目標 全人的・全身的に患者様を診る能力を身につけるとともに、医師として社会人として地域に貢献できる人格形成を目指す。
年間スケジュール
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 精 神 科 内科 外科 救 急 科 外科 産婦人科 内科
2年次 地域医療 麻 酔 科 小 児 科 選択
その他 後期研修 ■内科専門研修プログラム
1年目、2年目は基幹型施設である和泉市立総合医療センターで専門研修を行い、3年目の1年間は連携施設または特別連携施設で研修を行う。
研修達成度によっては、サブスペシャリティー研修も可能です。
マッチング あり
研修病院タイプ 基幹型
関連施設 岸和田徳洲会病院、水間病院、和泉中央病院、共愛会病院、庄内余目病院、山北徳洲会病院、瀬戸内徳洲会病院、石垣島徳洲会病院、宮古島徳洲会病院
研修修了後の進路 希望者は引き続き3年次以降の和泉市立総合医療センター内科専門研修プログラムに参加でき、専門の診療科に所属し、各学会認定、専門医の資格を習得するための研修をすることができる。

応募・選考情報

採用人数 2名
応募 応募資格 2020年 医師国家試験受験予定者及び医師国家試験合格者
必要書類 履歴書、卒業見込み証明書、成績証明書、小論文(400文字)
応募期間 2019年4月 ~ 2019年8月末
応募先 電話番号 0725-41-1331
(FAX:0725-43-3350)
メール izumi-jinji@tokushukai.jp
担当者名 総務課:古川・平岡
選考 選考方法 面接、小論文
選考開始時期 2019年6月~2019年8月末
試験日程について 指定日

応募者へのメッセージ

副院長/プログラム責任者
坂口 浩樹

当院の大きな特徴としてアットホームなところが挙げられます。どの科でも分け隔てなく接することができて、和気あいあいとしています。そのため、気軽に質問することもできます。
また、研修医が少人数ですので、その分手厚く接することを心掛けています。若い先生方にはできるだけ色々なことを体験して欲しいと思っています。当院はそこまで救急で忙しいわけではない分、地域に密着し、かかりつけの患者様を大切にしています。

研修プログラム

プログラム一覧

確認したいプログラムをお選びください。

内科
概要・特徴 ■ 概要・特徴
基幹施設である当院は、大阪府泉州医療圏の中心的な急性期病院であるとともに、地域の病診・病病連携の中核であります。
一方で、地域に根ざす第一線の病院でもあり、コモンディジーズの経験はもちろん、超高齢社会を反映し複数の病態を持った患者の診療経験もでき、高次病院や地域病院との病病連携や診療所(在宅訪問診療施設などを含む)との病診連携も経験できます。

■ 研修期間
3年間(基幹施設2年間+連携・特別連携施設1年間)
【研修スケジュール例】
<1年目>
和泉市立総合医療センター
(消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、神経内科)

<2年目>
和泉市立医療センター
(血液内科、内分泌・糖尿病内科、リウマチ・膠原病内科、総合内科)

<3年目>
連携・特別連携施設
(必要に応じた科目)

プログラム詳細はこちら >> https://bit.ly/2ECnatX
募集予定人数 募集あり3名
医師数 93名
(うち、指導医30名)
研修医数 初期研修医2名
研修医の主な出身大学 大阪市立大学
関連大学医局 大阪市立大学、近畿大学
備考 ■ 連携施設
府中病院、岸和田徳洲会病院

■ 特別連携施設
帯広徳洲会病院、新庄徳洲会病院、宇和島徳洲会病院、山北徳洲会病院、宮古島徳洲会病院
病床数 307床
病院見学日 随時受け付けております!
URL https://izumi.tokushukai.or.jp/
応募者へのメッセージ

プログラム責任者 大野 恭裕
和泉市立総合医療センターは、2018年に新築移転を行い、内科系の診療科も充実致しました。地域の基幹病院として、地域の皆様の期待に沿えるよう、その責務を果たす為、全力で取り組んでおります。

待遇

支給額 給与額 賞与額 備考
3年次 420,000円/月 560,000円/年 時間外手当あり 休日手当あり
住宅手当(家賃の半額、但し50,000円を限度)、家族手当
4年次 440,000円/月 880,000円/年 時間外手当あり 休日手当あり
住宅手当(家賃の半額、但し50,000円を限度)、家族手当
5年次 470,000円/月 940,000円/年 時間外手当あり 休日手当あり
住宅手当(家賃の半額、但し50,000円を限度)、家族手当
その他条件 当直 回数 4~5回/月
当直料 全科
各種保険 健康保険:あり
厚生年金:あり
労災保険:あり
雇用保険:あり
医師賠償責任保険:病院自体の加入あり、個人加入は自由
身分 常勤職員
研修医のための宿舎 なし
住宅手当あり:世帯主限定。上限5万円で家賃の半額を補助

応募・選考情報

応募 応募資格 2019年3月末時点で2年間の初期臨床研修修了または修了見込みの方
必要書類 履歴書、受験申込書
応募期間 10月22日~
応募先 電話番号 0725-41-1331 (FAX:0725-43-3350)
メール izumi-jinji@tokushukai.jp
担当者名 総務課:古川・平岡
選考 選考方法 書類審査および小論文、面接
選考開始時期 随時
試験日程について 随時

m3.com 研修病院ナビに会員登録すると、さらに…

※医師会員(初期研修医)または医学生として会員登録が必要です。(所定の手続きが必要です。)

  • 新着お知らせ登録

    Ico regist notice
    見学会のお知らせや病院からのお誘いなどをメールで受け取ります。
  • 見学の問い合わせ

    Ico regist mail
    病院見学の調整をフォームから行えます。

会員登録 / ログインする

和泉市立総合医療センター

病院検索

  • 初期 / 後期
  • 地域
    最初に戻す閉じる
  • 専門科
    最初に戻す閉じる
  • 出展会場

注目の病院

ノウハウ

医学生/初期研修医の方へ