半世紀を超えて、地域の小児医療を守ってきました。 半世紀を超えて、地域の小児医療を守ってきました。

小児科

診療科の特徴

当院では現在、7名(6名は小児科専門医)の常勤医と25名の非常勤医で外来・病棟管理・救急対応にあたっています。 1日の外来の患者数は300名程度で、7~9診制で対応。病棟管理では交代主治医制を採用しています。 入院中の患者様は感染症が中心で、現状では手術に対応していません。 手術などの対応できない患者様については、埼玉県立医療センターや埼玉医科大学総合医療センターと連携してあたっています。

◎一般小児外来のほか、サブスペシャリティを活かした専門外来をお願いします。

◇◆診療体制◆◇
当院では看護師をはじめ多くの医療スタッフが、チームワークを活かして活躍しています。 常勤の看護師37名の他に、診療放射線技師3名、臨床検査技師6名、薬剤師6名、医療事務4名、医療クラーク10名、 と小児医療の経験が豊富なスタッフがサポートしていますので、医師に負担が集中することはありません。 勤務体制も労働基準を順守しつつ、地域の医療機関と連携し、埼玉県利根地区の小児二次医療を支えています。

◇◆救急体制◆◇
小児二次救急は済生会栗橋病院、羽生総合病院と協力し、すべての曜日で実施。 救急医療は小児二次救急のみ対応しています。 三次医療に該当する症例の場合は、埼玉県立医療センターなど高次医療機関へ転送。 救急外来は、トリアージのうえ適切な受診を促しています。

【休日・夜間救急連携医療施設】
◆ 井上小児科皮膚科
◆ 佐賀小児科医院
◆ 平山医院
◆ 鳥山こどもクリニック
◆ 藤井クリニック
◆ まつだこどもクリニック

【提携大学・医療施設】
◆ 獨協医科大学
◆ 獨協医科大学越谷病院
◆ 日本大学
◆ 順天堂大学医学部附属順天堂医院
◆ 順天堂大学医学部附属練馬病院
◆ 東京女子医科大学
◆ 東京女子医科大学母子総合医療センター
◆ 自治医科大学附属さいたま医療センター

理事長メッセージ

『これまでの知見を活かして専門外来を開きたい』『将来開業を考えている』といった小児科医はもちろん、現在当院は、 大学医局の後期研修医を受け入れて指導もしているので、後進にこれまでのご経験を教えたいという先生にも、ぜひ来てほしいです。 小児医療を通じ、これからの日本を一緒に支えてくれる仲間を、心から求めています。

《理事長・土屋喬義先生》

勤務概要

  • ◆ 実際の働き方

    外来診療・病棟管理・救急対応(二次)・予防注射をお願いします。
    ※季節により近隣の学校の健診有(別途手当有)。

  • ◆ 診療体制

    常勤 :7名
    常勤出身大学 :千葉大学/獨協医科大学/日本大学/名古屋大学/北里大学
    常勤年齢構成 :30代~60代
    非常勤 :25名
    非常勤年齢構成 :30代~50代
    スタッフ構成 :看護師 37名/看護助手 14名/診療放射線技師 3名/薬剤師 6名/臨床検査技師 6名 /管理栄養士 2名/事務員 14名/医療クラーク 10名/保育士 3名(内1名病児保育)
  • ◆ 主な疾患

    ・気管支炎 ・喘息 ・肺炎 ・風邪 ・水痘 ・おたふく ・インフルエンザ ・胃腸炎など

勤務要項

外来診療 6コマ/週
受診者数 15~20名程度/コマ
病棟管理 交代主治医
想定年収 【週4日日勤勤務の場合】1300万円~ ※ご経験等によりご相談の上決定致します
【週5日日勤勤務の場合(経験 15年程度)】目安1500万円~
勤務日数 3〜5日/週
勤務時間 【全日】 8:30~17:30 【半日】 8:30~ ※早番勤務・残番勤務は随時相談
研究日 2日/週
休日 日曜日、祝日
休暇 有給休暇は法定通り付与、年末年始休暇 4日、誕生日休暇1日
オンコール なし
当直 1回/週 程度(14万円/回・別途支給)

福利厚生

研究/学術活動支援
  • ◆ 学会出席に関しては応相談 ※学会旅費・学会費年会費補助規定有
各種保険
  • ◇ 公的医療保険:健康保険組合
  • ◇ 公的年金保険: 厚生年金
  • ◇ 労働者災害補償保険法の適用:有
  • ◇ 雇用保険:有
  • ◇ 医師賠償責任保険:有
その他・待遇
  • ◆ 賞与年2回
  • ◆ 昇給年1回
  • ◆ 退職金制度
  • ◆ 当直手当
  • ◆ 休日出勤手当
  • ◆ 健診出張手当
  • ◆ 通勤手当
  • ◆ 車通勤可(無料の駐車場あり)

診療所データ

所在地 〒346-0003 埼玉県久喜市久喜中央3-1-10
アクセス JR東北本線 久喜駅 徒歩5分
ウェブサイト http://www.tsuchiya.or.jp/~hospital/
区分/病床数 一般病床数 40床
標榜診療科 ◆ 内科 小児科 アレルギー科 皮膚科 児童精神科 神経内科(小児のみ)
◆ 一般病棟入院基本料 7:1
◆ 小児入院医療管理料 3
経営体 医療法人
救急告示 二次救急
医療機能 急性期
在籍医師数 32名(常勤7名、非常勤25名)
主な設備
  • ◆ 64列スライスCTシステム
  • ◆ 0.3TMRI
  • ◆ DR 
  • ◆ デジタル透視装置
  • ◆ 生化学自動分析装置
  • ◆ 免疫検査システム(コバスe411)
  • ◆ 全自動アレルギー検査装置(ユニキャップ100)
  • ◆ 超音波診断装置 3台
  • ◆ 生体モニタ
  • ◆ 陰圧の感染病室
  • ◆ 無菌室