病院クチコミナビ

ログイン 会員登録

  1. m3.com 病院クチコミナビトップ
  2. 松波総合病院 医師採用サイト 初期研修について
お問い合わせはこちら

松波総合病院の初期研修

理念

臨床研修は、医師が、医師としての人格を涵養し、常に患者を思いやる気持ちを持ち、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応出来るよう、基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身につけることのできるものでなければならない。

基本方針

  1. 岐阜県の地域中核病院としての急性期を中心とした医療を担当する。
  2. 科学的根拠に基づく医療の提供と医療安全に務める。必要な医療情報を広く公開し、医療の信頼性を確保する。地域の医療機関や福祉施設との連携を重視する。
  3. 迅速かつ確実な医療と共に、公立的な病院運営に努める。医学的知識、医療技術の研鑽に努め、医学や医療の進歩に寄与する。
  4. 労働者としての位置づけではなく、研修を主とする。
    研修と判断される4条件(命令の有無:命令されたものではない、諾否の自由:嫌だと言っても良い、拘束性:時間や場所が決められていない、報酬の労働性:労働に対する報酬がない)を判断した上で研修および指導する。
Point1
豊富な学びの場 豊富な学びの場で
研修医の声で開催が増えた週5回の「軽食付き朝カンファランス」や、「臨床病理カンファランス」、「松波GIMセミナー」、「英会話教室」、「レジデントメディカルラリー」、「MaPS(プレゼン大会)」、「栗本総合プロブレムカンファランス」など盛り沢山の学びの場。入職数ヶ月後には、初期研修医もカンファランス発表を担当し、ハイスピードで成長します。

抄読会プレゼンテーション資料はこちら >>

Point2
安心して研修に集中できる指導スタイル 安心して研修に集中できる指導スタイル
研修医のチャレンジ精神を徹底的に応援するのが松波スタイル。全員で学び、全員で成長する文化があるから、多少の負担がかかっても指導を惜しみません。指導方法も頭ごなしな批評ではなく、ディスカッションを重視するスタイルを推進し、安心して学べる環境を作っています。
Point3
総合プロブレム方式 総合プロブレム方式
これからの医師には、全身をバランスよく診察するための能力が必須です。
当院では、患者さんがこれまで罹患したすべての疾患を時系列にリストアップする「総合プロブレム方式」と呼ばれるカルテ記載方法で徹底トレーニング。それぞれの疾患の過去、現在を管理しながら、未来を予測する能力を身につけます。

初期研修医の1日

病院見学時に感じた通り、病院全体の雰囲気が良いので、ストレスなく研修ができています。1年上の先生から30年以上の経験ある先生方ともフラットな関係が築けているので、毎日自分らしく過ごせて、ほっとしています。

特にありがたいのが、上の先生方に相談しても全く嫌な顔をされないことです。このおかげで心理的な負担がだいぶ和らいでいます。しかも診察後にフィードバックしてくれる先生がほとんどですから、勉強になりますし、自信もつきます。

6:30 起床
6:30 起床

毎朝実施しているカンファランスに出るために、7時過ぎには出勤します。

7:30 朝カンファ
7:30 朝カンファ

総勢50名もの先輩医師を前にプレゼンすることもあります。様々な分野について毎朝勉強です。

8:30 回診/外来
8:30 回診

担当患者さんの回診を行います。先輩から今後の方針や対応についてアドバイスして貰えます。

12:00 昼休憩
12:00 昼休憩

お弁当をワンフロア医局内で同期と一緒に食べます。

13:00 回診/手術
13:00 回診/手術

初期研修医も指導医の先生にサポートしてもらいながら手術を経験します。

18:00 帰宅
18:00 帰宅

1日の業務も終わりです。気の合う同期とそのまま飲みに行くことも多いです。

病院見学のお申込み・お問い合わせ

松波の朝カンファランス

松波総合病院の朝カンファランスは週5回、午前7:30から始まります。参加者にはドトールのサンドイッチとコーヒーが用意され、毎回、研修医だけでなく、病院長、部長含むほぼ全科の医師50名程度が参加します。

水曜日 臨床推論

▲荒川総合内科医による臨床推論
総合内科の指導医が症例について、Clinical Problem Solving方式で解説。鑑別診断や検査方法などを研修医がロールプレイング形式で回答していき、医学生・研修医らが考える力を養います。
ある日の様子を覗いてみると…
医学生や研修医から「服用薬は?」「既往歴は?」など質問が飛んでいます。司会の総合内科・荒川美緒先生(後期3年目)から示された患者の基本情報を元に、患者に聞きたいことを挙げているようです。荒川先生から答えを得ると、今度は鑑別疾患を列挙。ディスカッションしながら、一つの疾患に絞っていきます。

月曜日 がん治療勉強会

月曜日 がん治療勉強会
がんを部位別に、基本から治療法やガイドラインまでレクチャー。部長クラスの先生が講師を担当し、参加者は医師や看護師、薬剤師などと幅広くいます。

火曜日 救急症例検討

火曜日 臨床推論
救急部ローテーターによるプレゼンで、研修医が経験した救急搬送症例の内容を提示。指導医らからフィードバックを受け、救急時の対応方法を学びます。

金曜日 論文抄続会

金曜日 論文抄続会
研修医が持ち回りで、興味のある英語論文を翻訳・要約してプレゼン。研修医や指導医らからフィードバックを受け、海外論文を読むポイントが身に付きます。

抄読会プレゼンテーション資料はこちら >>

木曜日 救急レクチャー (各診療科)

各診療科の上級医が週替りで、救急外来での初期対応を指導するレクチャー。救急外来で遭遇するあらゆる場面を、1年間かけて学びます。

松波の勉強会

朝カンファランス以外にも、研修医が主体となる勉強会が多く開催されます。

MaPS

MaPS
プレゼンテーション能力の向上を目的に内容ではなく、いかに観衆の心に残るプレゼンテーションができるか。研修医、看護師、薬剤師1年目の参加者がTED形式のプレゼンテーションで競い合います。

GIMセミナー(研修医セミナー)

GIMセミナー(研修医セミナー)
毎年、年4回程度、研修医、若手医師に向けたセミナーを開催しています。写真は、長良川近隣のホテルで開催した回です。土曜日の午後にセミナーをホテル内で開催し、夜は鵜飼を見ながら夕食。深夜までOBによるセミナーと翌朝もセミナーと充実した2日間でした。

レジデントメディカルラリー

レジデントメディカルラリー
初期研修医と専修医1年目を対象にしたメディカルラリーです。院内急変、交通事故、多数傷病者など、緊張感あふれるシナリオに基づき模擬患者を相手に診療します。制限時間内にどれだけ的確な治療ができるかを全国の研修医達と競います。

村山正憲先生(副院長・臨床研修責任者)のコメント

レジデントメディカルラリー
研修医の皆さんには、「患者さん本位な診療のできる医師」になってほしいと思って指導しています。曖昧な主観ではなく、病歴と身体所見という事実を基にしてロジカルに考えること。これが、正確な診断を促し、患者さん本位の的確な診療につながっていきます。
facebook_tl
医学部5年生・6年生の見学受付中!
松波総合病院のFacebookページでは、研修医の実際の研修風景や病院の取り組みを日々アップしています! 是非ご覧ください。
松波総合病院
Facebookページへ
facebook_tl
医学部5年生・6年生の見学受付中!
松波総合病院のFacebookページでは、研修医の実際の研修風景や病院の取り組みを日々アップしています! 是非ご覧ください。
松波総合病院
Facebookページへ

令和2年度初期臨床研修医面接スケジュールについて

令和2年度入職を希望される医学生へ
下記スケジュールにて、初期研修医の採用試験を行います。
選考を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

試験日時
令和元年7月24日(水) ~ 9月4日(水)までの毎週水曜日(16時 ~ 18時)
選考方法
面接試験・小論文(作成のうえ事前に提出)
試験会場
松波総合病院 北館7
応募書類
履歴書・卒業見込証明書
募集人数
9名
受験資格
令和2年2月に行われる医師国家試験により免許を取得することが見込まれる者
申し込みの流れ
①選考日を申し込み
②指定された日までに、履歴書・卒業見込証明書・小論文(400字程度)を提出
③選考
お問い合わせフォームからご連絡いただくか、下記の担当者までメール、またはお電話にてご連絡ください
お問い合わせ先
松波総合病院 臨床研修医室
林 幸太郎
080-4291-0886
kotarohayashi1115@gmail.com

処遇

雇用形態
常勤(正規)
想定年収
1年次 年収:約7,430,000円(手当込み)
2年次 年収:約8,220,000円(手当込み)
給与
1年次 給与:551,666円/月 賞与:810,000円/年
2年次 給与:595,000円/月 賞与:1,080,000円/年
当直回数
4回/月
当直手当
別途支給
住宅情報
単身用11戸
間取:1DK(トイレ、バス セパレートタイプ)
通勤距離:松波総合病院まで450m(徒歩約5分)
駐車場:完備
家賃(駐車場代含む):月25,000円
※別途借用の場合は、月上限25,000円を補助
研修医寮

研修医寮