診療科選びに悩んでいる方必見! 新専門医制度前夜、北里大学総合診療医学教室に指導医が集結している理由 | m3.com 研修病院ナビ

研修病院ナビTOP > 各専門領域の今を追う > 診療科選びに悩んでいる方必見! 新専門医制度前夜、北里大学総合診療医学教室に指導医が集結している理由

診療科選びに悩んでいる方必見!
新専門医制度前夜、北里大学総合診療医学教室に指導医が集結している理由

 2018年度から本格始動する新専門医制度の目玉とも言われる「総合診療専門医」。これからの地域医療を支える存在として注目されていますが、指導医の確保が困難なことなどもあり、研修体制構築に当たっては各地の医療機関とも手探り状態が続いています。

 そんな中、先進的な総合診療医育成プログラムを打ち出しているのが、北里大学総合診療医学教室。2006年の立ち上げ以来、年間3500人もの外来患者に応じ、大学病院ながら在宅医療に注力するなど、地域密着型の医療も実践してきた同教室では、指導医層を充実させ、大学・市中病院はもちろん、公的診療所などさまざまな場で多彩な経験を積める体制を構築したそうです。新専門医制度の本格始動に備える現場の熱意を取材しました。

総合診療医の魅力は、目の前の患者のために最善の一手を追求できること

 診療科目を横断する知識とバランス感覚を持ち、多角的な視点から患者に最適の医療を提供する総合診療科。その魅力について、木村琢磨准教授は次のように話します。

「総合診療医のあるべき姿についてはさまざまな考え方がありますが、わたしが思う総合診療医とは、いつでも目の前の患者さんに応じようとする”普通のお医者さん”です。自身の知識と経験に基づいて、どんな環境にあっても、普通のことが普通にできる医師。ガイドラインには載っていないような”目の前の患者さんにとっての最適な医療”を突き詰めて考え、行動できる医師――これは易しそうに聞こえますが、初期研修を修了した医師であれば、これがいかに難しいか想像できるはずです。しかしこの難しさこそ、総合診療医の醍醐味だと思っています。

 総合診療医として力をつけるには、大学・市中病院での外来診療・病棟管理に加え、訪問診療、地域診療所、医師不足地域での診療など、横断的な経験が必要です。当科では地域特性から、これらすべてを経験できます。目の前の患者さんに最適な医療を届けたい、身一つでどこでも対応できる医師になりたい人には、ぜひ検討してほしいです」

堀井翔平先生
木村琢磨准教授

「総合診療医育成に最適」 指導医たちをひきつけた相模原の特性とは

 北里大学の位置する相模原市は、約72万人の人口の政令指定都市。都市型の住宅地だけではなく、郊外にはのどかな田園地帯も広がっています。木村准教授によると「こうした地域特性は『総合診療医を育成するのに最適』」。実際に「この環境で後進を指導したい」と、新専門医制度の本格開始を前に多くの指導医が入職しているそうです。石川純也先生も、その一人。

「車で50分圏内に高度急性期医療を手掛ける北里大学病院、在宅診療やリハビリなどを担う東病院、3つの公立診療所とさまざまな医療機関が密集しており、エリア内で外来から病棟管理、救急、小児、在宅診療まで、あらゆる経験を積める。おそらく全国的にもまれな環境を整えています。

 一総合診療医として、この環境で全人的な視点で患者さんと向き合えるのは魅力的でしたし、指導医不足が叫ばれる総合診療科において、各院で指導医からフィードバックも受けられる環境は、研修する医師にも貴重なはず。コンパクトなエリアで効率よく必要な経験を積みたい人はもちろん、総合診療医学教室は相模原市寄付講座も運営し、毎年研修生を受けいれているので、将来教育に携わりたい人にもおすすめです」(石川先生)

 石川先生が語るように、「総合診療医育成の一大拠点」としての相模原市の体制を支えているのが、地元自治体との協力体制。「市内の医療機関を循環しながら総合診療医としての必要なスキルを磨く」ことをコンセプトに、自治体の全面協力のもとで研修体制は構築されてきたそうです。その象徴とも言えるのが、市内に点在する個性豊かな診療所での研修。公的医療機関など公益性の高い現場で求められるプライマリ・ケアを、指導医のもとで経験できます。山梨県との県境に近くに位置する千木良診療所で指導に当たる菅野哲也先生は、次のように語ります。

「病院だけでは分からない“患者さんの日常”への想像力を養えるのが、診療所研修の魅力。これから総合診療医を志す医師にとって、プライマリ・ケアの最前線で数ヶ月~1年かけて患者さんと向き合う経験は、かけがえのないものになるはずです。北里大学の場合、診療所研修中も本院に行き来し、小児や高齢者医療など興味のある分野を勉強できますし、わからない点は病院の医師にも聞ける。このフォロー体制は学ぶには最も良い環境だと思います」

石川純也先生
石川純也先生
菅野哲也先生
菅野哲也先生
相模原市寄付講座「地域総合医療学」の仕組み
相模原市寄付講座「地域総合医療学」の仕組み
=クリックで拡大=

「どの科目に進むべきか…」診療科選びに違和感を覚えている人へ

 診療科としての歴史は浅く、先輩医師もまだまだ少ない総合診療科。実際にどんな志向性の若手医師が志望するのでしょうか。山本理子先生(後期1年目)は、診療科選びに悩んだ末に北里大学総合診療医学教室の取り組みを知り「これだ」と決めたそうです。現在は、北里大学病院と北里大学東病院を行き来し、充実した毎日を過ごしているといいます。

「患者さんの幅広い悩みに応えられる医師になり、手を動かして治療を行いたいと思っていたので、当初は、内科や耳鼻咽喉科で迷っていました。ただ、何かしっくりこないところがあって――そんな中で外来診療から病棟管理や、在宅医療や診療所まで幅広く取り組める北里大学総合診療医学教室の研修体制を見たとき、『これだ!』と思いました。思えば当時のわたしは、『自分に何ができるか』ではなく『患者さんにとって一番良い医療とは何か』から行動を起こせる医師になりたかった。わたしと同じく既存の診療科がしっくりこない人に、ぜひ北里での総合診療の研修をおすすめしたいですね。

 今は、北里大学東病院で病棟と訪問診療に携わりつつ、北里大学病院の外来診療も担当しています。北里大学東病院と北里大学病院はシャトルバスで5分ほど。午前中は北里大学病院で外来、午後は北里大学東病院で訪問診療というように柔軟に働けるので、1人の患者さんの入退院、在宅療養まで一貫して診られるのが魅力です。駆け出しの総合診療医として日々、『患者さんにとって一番良い医療とは何か』に向き合っていますが、明確な答えにはなかなかたどり付けません。ただ、指導医をはじめ上級医が一緒に考えてくれる環境は、本当に恵まれていると思います」(山本先生)

山本理子先生
山本理子先生
スケジュール

総合診療医となることは、地域医療を第一線で担うこと

 目前まで迫った、新専門医制度の本格開始。しかし、指導医の確保が難しかったり、院内で総合診療科の位置づけが明確でなかったりして、総合診療医の育成体制については暗中模索の医療機関も多いのが実情です。そうした中で北里大学総合診療医学教室は地域との絆をベースに、“北里ならでは”の研修体制を整えました。その実績が目に見えるかたちで上がってくるのはこれから。同院の医師たちとともに、第一線で地域医療を支える総合診療医になりたい方は、ぜひ見学してみてはいかがでしょうか。

この病院のホームページを見る

 取材当日に行われた同教室のランチョンカンファレンスでは、どんなコミュニケーションを取れば患者に処方薬を確実に飲んでもらえるかを議論。木村准教授は海外で提唱されたモデルなども紹介しながら、患者への介入方法を解説しました。

 同部では定期的にカンファレンスを開催しており、外部からの参加も自由。ご興味があればぜひご参加ください。

新病棟

総合診療医育成プログラムに興味のある方には、カンファレンスへの参加をお勧めします。

参加のご希望は前日までにご連絡をおねがいします。

その他、お問い合わせ・見学のお申し込みは下記までご連絡ください。

Hp contact

〒252-0374 神奈川県相模原市南区北里1-15-1

Tel.042-778-8111(代表)

医局長・石川